2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

10日(木) クリア目前

 【10//2012】

シャルドール改のレビュー終了。
今回はレビューもシンプルに終わらせました。

次はとりあえずネモを組み立てようかなと。
ただ今週末にBB戦士のAGE2があるのでレビューはそちらを優先。



再世篇の進行具合は下へ


第55話「アナタノオト」

シェリルの歌に統合軍が有利に戦闘を進めるが
バジュラ本星から出現した巨大ランカの歌により覆される。

SRポイントは3ターン以内に敵32機以上撃墜後、巨大ランカの撃墜。
32機はナイト級やビショップ級まで含むのですが
30機は小型や大型で稼げるので難しくは無いですね。

巨大ランカに偽装していたバトルギャラクシーが出現。
そこからブレラ、VF-27、ゴーストが出撃。

バトルギャラクシー撃墜でイベント。
マクロスクォーターの特攻で機能停止し、ランカを救うべくアルトが突入。
その後グレイスと融合したバジュラ・クイーンが出現する。
更にグレイスに同調したイノベイターも出現。

バジュラ・クイーンのHPを減らすとイベント。
アルトがランカを救出し脱出。
ブレラは正気を取り戻す。
アムロの指示に刹那が最大出力でトランザムを使用。
歌うことを諦めかけたシェリルをアルトとランカが励ます。
ランカのアイモによりバジュラが撤退。
アルトはランカを下ろしにクォーターへと帰還。
YF-29デュランダルに搭乗し再出撃。

バジュラ・クイーンの撃墜でクリア。
バジュラとの戦いを終えたZEXISの元にリボンズから連絡が入る。



第56話「BEYOND」

イノベイターの本拠地、コロニー型外宇宙航行母艦ソレスタルビーイングが姿を現す。

毎EPにソレスタルビーイングからの砲撃で味方機5機のHP30%減。

SRポイントは3ターン以内に敵全滅後ルイスの撃墜。
何故かサーシェスだけは無視していいらしい。
別にサーシェスまで含めて全滅できますけどね。

ルイスのHPを削るとトレミーがソレスタルビーイング内に侵入。

ルイスの撃墜でイベント。
ヒリング、リヴァイヴとガガが大量に出現。
ルイスの精神が崩壊しかけるが、
遂に刹那が純粋種のイノベイターとして覚醒、トランザムバーストを発動する。
沙慈とルイス、ソーマとアンドレイ、スメラギとビリーがそれぞれ分かり合う。
アンドレイはルイスを連れ撤退。
そこにスザクとゼクスがイノベイター討伐の為に味方として現れる。

ヒリングorリヴァイヴの撃墜でイベント。
トレミーが離脱し、ティエリアがヴェーダの元に突入。
リボンズと対峙するが、エルガンの助けでヴェーダとリンクする。
トライアルシステムによりガガ全機が機能停止。
イオリアの計画においてはツインドライヴはイノベイターへの革新をもたらすものであり
ゼロシステムは覚醒したイノベイターの試練であった。
しかし5博士達は万が一ゼロシステムが悪用されることがあっては
コロニーにとって多いな脅威となると考えイオリア計画から離し、
イオリア計画へのカウンターとして作られたのがコロニーのガンダムだった。
だが結果としてヒイロはゼロシステムを使いこなし
イノベイターとして覚醒を始めた刹那と互いを高めあうこととなった。
全てを見届けた5博士はソレスタルビーイングの攻撃兵器を止めるために自爆する。

その後リボンズが出撃。
ここからリボンズの撃墜でクリア。

イノベイターとの戦いを終えたZEXIS。
スザクとゼクスは地球で待っていると告げ帰っていく。

ヴェーダの元でエルガンと再開するZEXIS。
エルガンの正体はジ・エーデル・ベルナルだった。
ZEUTHの世界の彼とは並行世界の同一人物。
エルガンは人類を遥かに超越した寿命を持った存在。
黒の英知とは過去から未来までの全てを記した物で
それに触れるた者は絶望の未来を知ることになる。
それは言い換えると黒歴史。
ジ・エーデルの一人が触れたのはその中でも特に特殊なものだったらしく
並行世界の全てのジ・エーデルにまで影響を与えた。
ZEUTHの世界のジ・エーデルの極度の享楽主義もその影響だったらしい。
この世界のジ・エーデル、エルガンは何とか災厄の未来を回避する為に動き
その中でイオリアと出会い、未来へと立ち向かう戦力として集められたのがZEXIS。
ガイオウもその災厄と戦う戦士であり、その為の戦力として次元獣は生み出していた模様。
そこまで告げてリボンズから受けた傷

ヴェーダをハッキングしたルルーシュから連絡が入り
一週間後の正午、ナナリーとリリーナを処刑すると告げる。



第57話「ゼロ・レクイエム」

トウキョウ租界にてルルーシュ&ミリアルト率いる連邦軍と対峙するZEXIS。

敵を減らすとアイムが出現。
スフィアの力により自分の分身体を複数生み出すことも出来るようになっていた。

アイムを撃破するとアサキムが出現。
所持していたスフィア「知りたがる山羊」の力によりアイムの過去が暴かれ、
力を失ったアイムは現れたユーサーの手により引導を渡される。
偽りの黒羊のスフィアを手に入れたユーサーは火星にZONEを設置したと告げ去っていく。

そしてルルーシュ軍本体が出現。
SRポイントはスザク、CC、ジェレミア、ミリアルド、ブシドーの同ターン撃破。
まぁターン制限は無いので簡単。

ルルーシュの撃破でクリア。
ルルーシュはダモクレスを脱するも総攻撃を受け蜃気楼を落とされる。
脱出するもゼロに扮したスザクの手にかかり、ゼロレクイエムはここに完成する。

しかしルルーシュはZEXISにより救出されていた。
スメラギたちは未だ平和になっていない世界の為に
ゼロとして戦い抜き責任を果たすことを要求する。



第58話「閃光!!進化の果て!!」

火星へと向かうZEXIS。
ゼロとルルーシュがごちゃごちゃになって最早コメディーに(笑

火星付近にてインベーダーの襲撃。
SRポイントは3ターン以内の全滅。
HP4~5万近くのデカイのが何体もいるから割とギリギリ。

全滅後、コーウェン&スティンガーが出現。
火星宙域ということでインサラウムもインベーダーと交戦しており
ユーサーが味方として参戦。

コーウェン&スティンガーを消滅させるために内部へと突入する竜馬達。
内部で別次元の自分たちと邂逅し生還する。


・・・と、現在ここまで。

いよいよ残すはオリジナル敵との戦いを残すのみとなりましたよっと。

マクロスFはアルトがデュランダルに乗ったからなのか
ブレラとの合体攻撃が無かったですね。
まぁデュランダル単体でそれなりに強いのでいいですが。

00はWとのクロスオーバー感がハンパない(笑
00の放送開始当初は似ているとか言われてましたっけ。
さすがにリペアIIの登場は無かった。

ギアスは案の定ルルーシュが生還。
大分ご都合的なので嫌いな人は嫌いかもしれないですけど
個人的にはルルーシュが生きた未来を楽しめて面白い。
ゼロ=ルルーシュと判明した後のこんなストーリーなんてifもifですし。
唯一スザク参戦が遅くてアルビオンの使用ステージが少ないのが残念なぐらい。
隠しルートというのならもう少し多く使えるんですかね?


Category: PSP 第2次Z~再世篇~

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Comments

自分ももうすぐギアスIFルートクリアするのでお答えしますと、IFルートは通常ルートの逆順番になります。アルビオンとロロとその他等が早く使えるようになりますが、逆にデュランダルと刹那のイノベイターがたった3話しか使えなくなるのがIFルートの特徴です。ちなみにIFルートは通常ルートの2倍はご都合主義でした(笑)。

Posted at 21:43:21 2012/05/11 by うかつ者

Comments

なるほど敵味方の立ち位置が若干変るだけでなく、決戦の順番も変ってくるんですね。
通常ルートですらルルーシュが生き残ってしまうわけですし、確かに完全に味方のままのifルートは更にご都合になるでしょうね(笑

Posted at 00:16:44 2012/05/12 by aki

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks