2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

11日(金) 破界から再世、最後は?

 【11//2012】

那由多の「ストーリー上のステージの倍以上のサブステージ」という説明に惹かれる。
それだけ見ると結構遊べそうな。
1ステージが短いとか、そもそもストーリーが短いみたいなオチは無いだろうし(笑



再世篇の進行具合は下へ。
1ヶ月以上かかりましたが、ようやく1周終了。


第59話「最後の聖王」

火星でインサラウム軍と対峙するZEXIS。

SRポイントは3ターン以内に全滅後、パレス・インサラウムの撃墜。
物凄い数の敵ですけどまぁ間に合いますね。

パレス・インサラウムを撃墜するとイベント。
人造リヴァイヴ・セルによりアンブローンはパレス・インサラウムごと次元獣となる。

エクサ・アダモンを撃墜するとイベント。
ユーサーが部隊を引き連れ出現。
ユーサーによると地球はオリジン・ローを集める力を持った星であり
その中でも太陽の通り道にある黄道十二星座の次元力は特に強く
スフィアはそれぞれ十二星座の力を引き出す鍵らしい。

ここからはユーサーとマリリンの撃墜でクリア。
マリリンがユーサーの為に戦っていたことに驚くクロウ。
マリリンの撃墜でユーサーに精神コマンドが発動。

ユーサーはZEXISとの戦いに敗れた場合、
ユーサーの死後インサラウムの民を地球に受け入れてもらうために
あえて無能な独裁者を演じ戦いに挑んでいた。
ルルーシュの戦いと似たようなことだったが、偽りの黒羊の力で見抜けないようになっていた模様。

そこにアサキムが現れ、ユーサーを殺害。
尽きぬ水瓶のスフィアを手に入れる。



最終話「再世の未来」

インサラウムに勝利したZEXISはガイオウと対峙する。
ガイオウはZONEを利用し、自らに絶対不可侵の次元断層をまとう。
更に真なる次元獣も生み出す。

クロウに考えがあり、ひとまずアサキムを撃破することに。
初期配置の段階で既にガイオウと戦闘するような距離感なので
そこを抜けて後方のアサキムに向かわないといけないという。

クロウ、セツコ、ランドはスフィアの力でアサキムをZONEに封印する。
それによりZONEの力も収まり、ガイオウの次元断層が消滅。
ガイオウは次元将としての本来の力を発揮。
ガイオウによると次元将は4人いたらしい。
根源的災厄との戦いに敗れ落ち延びたのがインサラウムで
記憶を失いながらも唯一残っていた使命で次元獣を生み出していた。

ガイオウのHPを半分近くにするとイベント。
使命など関係なく自分の欲望の為に力を振るうと言うガイオウ。
その言葉に奮起する一行。

ガイオウのHPは32万あって、イベントの全回復を含めると
1ターンで完全に削りきるには45万以上のダメージが必要。
まぁ精神やら援護やらフル活用したら1ターンで終わりましたけどね。

ガイオウは戦いを楽しむようになってしまった自分に守護者たる資格はないとし
自分を破ったZEXISなら心配ないと激励し散っていく。

インサラウムの民は新たなる指導者マルグリッドの下
火星への入植を進めるらしい。

戦いを終えたZEXISメンバーはそれぞれ元の生活や所属に戻っていく。
フロンティア船団はギャラクシー船団との戦いでまだ地球圏に残り
生き残ったルルーシュ達は影で今の平和を支えていく。

ZEUTHメンバーは全員アビスから元の世界へ。
次にアビスが安定するのは一年後らしい。

クロウは今までの戦闘データから借金を返済するも
CDSの使用料で100万Gの男、三度復活(笑



と言うわけで第2次Zの後編である再世篇が終了。

序盤~中盤はハードだとなかなか歯ごたえがあったんですが
終盤になるとデータ引継ぎのおかげもあり資金が超余裕に。
主力ユニット全機フル改造とかこんなスパロボやったことない(笑
おかげで中盤以降はサクサク進められて最高にやりやすいゲームでしたよ。
別にシミュゲがやりたくてスパロボやってるわけじゃないから
必要以上に難しいのとかいらねーし。

クリアしたということで攻略情報を確認してみましたが
デュランダルって隠しユニットだったんですね。
撃墜数はともかく、戦闘中の条件は偶然満たしてた(笑

ifルートはZと同じでポイント性のようで。
条件を見ながら思い返してみたら
コーネリアをゼロで落としてるし、ヒイロのHP半分やってるし、ゼロがエースだったしと
ポイント的にはかなり惜しい所まで行けてましたね。



破界篇でグダグダだった原作勢がほとんど終わったのは良かったなと。
普通に進めてもルルーシュは生き残り、スザク以下も仲間になったり
Wと00とかクロスオーバーっぷりもかなり良く、これでこそスパロボ。
シナリオ評価の悪いZシリーズだけど、原作の扱いはシリーズ中随一じゃないか?
普通に考えてまとまる訳の無いクセが強すぎる設定の作品ばかりなんだし。

発売前から予想されていた通りグレンラガンは終わりませんでしたね。
勿論、参戦していない00の劇場版も残ってる。
同じくWの劇場版(OVA)の展開もできますし。
マクロスFもランカとブレラの関係性を隠したままと微妙に展開を残したし。

ZEUTHが次にこちらに来れるのが1年後となると
第3次Zの舞台はこれから1年後でしょうね。
劇場版00やEndless Waltzをいい感じにやりやすい時間経過。
ただグレンラガンの時間が空きすぎるのがなんとも。
既にシモンはニアにプロポーズしちゃっているし。
まぁ多分ニアは生存するだろうからあの結婚式に繋げる必要は無いけど。

第3次の参戦作品はどうなるんだろ。
最終的に外宇宙に飛び出していくのは確定だからそれに見合う作品がないと。
ぶっちゃけ第3次αとごっちゃにするのが一番楽じゃん?(笑



とりあえず1周目で通らなかったルートを通りつつifルートを目指して2周目開始。
2周目はストーリー詳細を残すほどの攻略日記は書かないかなと。
適当に進行状況のみちょこちょこ書いていきます。


Category: PSP 第2次Z~再世篇~

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Comments

自分は裏技使いましたが、たしかにやたらとお金が手に入りやすかったですね。普段のスパロボもこうだといいんですけど・・・、ハード云々もありますが今回オリジナルの敵の厄介さも一番だと思いました。前回の次元獣といい今回のアークセイバーといい大変だったという記憶しかありません。

Posted at 22:55:48 2012/05/12 by うかつ者

Comments

今後のスパロボもこのぐらい資金が入ってサクサク進められると楽しめるんですけどね。
今作は次元獣が大人しかった分、オリジナルの有人機が地味に強かったです。

Posted at 23:23:46 2012/05/12 by aki

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks