2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

11日(木) クロス再び

 【11//2012】

-拍手コメ返信-

そういえばtwitterでそんな話がありましたね。
こういう遊び心がBB戦士ならではという感じだと思います。



Wイカロス圧倒的過ぎる(笑
同じ回で出ちゃったからミネルバ改が見事に霞んだ。
このW主人公と他のメンバーの戦力差は無印のデジモンとか思い出す。
来週はゼウスも出てくるみたいですね。
プラモの発売タイミングがバッチリ過ぎる。



ホビーショーの新作展示はワクワクしますね。
遂にMGトールギス出るのか。
ここをベースに来年はOZのMSを充実しませんか。

AGEはバーストモードに、グランサ、ローグと。
流用が多いとは言え、来年もまだAGEシリーズを出してくれるのかバンダイ。

LBBは號斗丸だけでなく、魔竜剣士ゼロも。
まぁ魔竜剣士ゼロの方は全く知らないんですけど(笑
12月、1月となんかLBBの発売が急にスピードアップした。

ダン戦は劇場版から(?)アキレスD9とオーディーンMk-IIが。
アキレスが12月で、オーディーンは未定?
11月はベクターという如何にも敵っぽいデザインの新型が予約中。
ジャンヌDさんは・・・。



コマンドガンダムのレビュー終了。
昨日から組み上げてサクッとレビューまで作りました。
ここまで射撃武装タップリのBB戦士って久しぶり。
たた騎士や武者と違ってコマンドガンダムって全く知らないんですよね(笑
年末から年明けにかけての新作も発表されましたし、益々楽しみなLBBです。

次はクランシェをやろうかなと。
9、10月と展開数が少ないから大分追いついてきました。



 
さてプロジェクトクロスゾーン。
割と知っている作品も多く参戦しているので、攻略日記として残そうかなと。


プロローグ1 放浪者たち

黄龍寺家にて経界石を盗んだと思われる賊に襲われる小吾郎&美依。

簡単なチュートリアルバトルですね。



プロローグ2 強いやつらが待つ場所で

六本木にて仁&シャオユウの前にレッドアリーマー達が現れる。
そこにデュバルと、それを追ってきたアキラ&パイが合流。
更にデュバルの回収に来たハンと、六本木を訪れたリュウ&ケンが合流。

ここでは戦闘不能メンバーの復活や、サポートのチュートリアル。
更に初めてのボス級との戦闘で、範囲技なども使用。

ストーリー上、仁&シャオユウのHPが半分しかないので倒されやすい。
というかハンの範囲技で倒された(笑

戦闘後、仁&シャオユウ、リュウ&ケンがどこかへ飛ばされてしまう。



プロローグ3 悪を断つ剣たち

シュラーフェン・セレストを訪れたハーケン&神夜。
瓦礫を片付けながら防衛システムと戦っていると、ゼンガーが転送されてくる。
更にジェダとキュービィ達もそこへ。
ゼンガーの持っていた刀の霊力を神夜が解放することで、霊式斬艦刀へと変化(笑

ここで障害物の破壊や、ソロユニットの概念のチュートリアル。
この場ではハーケン&神夜しかいないので、強制的にここに組み合わせることに。
ムゲフロではソロユニットだったので、ペアのハーケン&神夜に少し戸惑う。

転移装置が壊れて戻れなくなったゼンガーはエンドレスフロンティアに留まることに。



プロローグ4 悪魔が恐れる男たち

それぞれモリガンから情報を聞き、ダンテの下を訪れたワルキューレとデミトリ。
マーベルランドの調査に向かうことに。

ピラミッド深部で調査していると、リームシアンが悪魔を伴って現れ。
それを追ってきたトウマ&シリル、そしてアーサーが合流。

ここでは宝箱や、ソロ&サポートを加えたバトルが可能に。

戦闘後、リームシアンと共にトウマ&シリル、アーサーが飛ばされる。



プロローグ5 死霊たちの暴露

バミューダ号の調査に来た春麗、レイレイ、フランク、ブルーノ、毒島。
モリガンが現れ、ザベルとあらゆるゾンビ達も現れる。

戦闘中、クリス&ジルとBHのゾンビ達も現れる。
どうやら別の場所から飛ばされてきたらしい。
更に三島平八も若返った姿で登場。

ここで複数技が使えるように(この時点ではクリス&ジル)。

戦闘後、全員がまとめてどこかへ飛ばされる。



第1話 黄龍寺家にようこそ

PP1の小吾郎&美依の前に春麗&モリガンが飛ばされて来る。
今回の転移はどうやら各所の噴水間で行われている模様?
そこにアインが部隊を引き連れて現れる。

アイン達を退けた一行は、この世界に何かが起こっているとし
調査のために六本木へ向かうことに。



第2話 闘いに飢えた毒牙

六本木にてアキラ&パイと合流。
噴水から出現したゾンビと戦っていると、アインの兄ドライが現れる。
そこにバンも現れ、味方に合流。

ドライを退けた一行は小吾郎の事務所へと入る。
その一部始終を沙夜が見届けていた。



第3話 トロンにコブンに

フランク&レイレイが飛ばされたのはウィラメットのデパートだった。
そこにカトルオックス島からトロン達も飛ばされて来る。
周囲はリーバードやグノーシスに囲まれており
KOS-MOSを探して現れたT-elosがヒルベルトエフェクトを展開する。

戦闘していると、小吾郎たちがデパート内に入って来る。
どうやら小吾郎の事務所の入り口がここに繋がってしまっていたらしい。

T-elosを退けると、再びKOS-MOSを探してどこかへ。



第4話 ゆらぎの街のアリス

デパートを出た先は六本木ではなく渋谷に繋がっていた。
そこで何やら行動を起こしていた沙夜と遭遇。

戦闘中、零児&小牟が合流。
更に敵には毒牛頭、毒馬頭が増援。
沙夜の「今回は登場が早い」ってのはムゲフロのことか(笑

ここでステージの難易度上がったかな。
相変わらず沙夜のお供の毒が痛い。
まぁ単純にクリアするだけなら総力で沙夜を叩けばいいんですが
やっぱり装備アイテムとか欲しいんで毒牛頭&毒馬頭も倒したいわけですよ。
ついでにフィールドにはあっちこっちに宝箱が落ちててそれの回収もしたいし。



第5話 神を喰らう者たち

一行が渋谷を去った直後、109に大穴が開き、ソーマ&アリサ、ヴァシュロンが飛ばされて来る。
それぞれリンドウ、ゼファー&リーンベルとはぐれたらしい。
3人を追うように穴からオウガテイルが出現する。
美依が異変を感じ取り、すぐに一行が戻って来る。

戦闘中、大穴から大量に敵の増援。
ヴァジュラに加えて、バーゼルのモンスターも。
ヴァジュラがかなり強い。
HP高いし、重いから落としやすいし。

3人は元の世界へ戻る為、大穴へと入っていく。
直後大穴に異変が起こり、一行も大穴へと吸い込まれてしまう。

それを見ていた沙夜と、オリジナル組織オクス・プロクスのドゥーエ。
美依には特別な力があるらしい。


・・・と、現在ここまで。



ここから適当に感想。

作品のベースはナムコクロスカプコン+無限のフロンティアですね。
シミュ形式なんでゲーム性自体はナムカプの方が近い。

グラフィックはムゲブロがDSだったんで、ドット絵がキレイになった。
ナムカプからそのまんま入る人だと全く別の感想を抱くんでしょうが。
基本2Dグラフィックなので、3D機能を使う必要は全く感じません。切ったままでOK。

ボイスは基本的に新キャラとの初絡みの部分のみボイス付き。
今のところ全体の会話の1/4ぐらいですかね。

バトルシステムも基本ナムカプかな。
そこにムゲフロのサポートとかを加えたみたいな。
隣接ユニットが援護に入る感じがスパロボ的。
スパロボと違って周囲8マスと援護範囲は広いので使いやすい。
メリットしかないから、積極的に利用できる動かし方をした方が吉。

キャラクターのアクションはソロやサポートにクセがあるかな。
これに戦闘キャラのアクションを加えていくのは慣れが必要そう。
ボス戦とかはヘタに地面に落とすと上手くダメージ与えられないですし。

個人的にナムカプみたいにソロユニットが戦闘できて欲しかったなぁと。
組まないといけないのなら、例えばソロがメインで、ペアを援護側に回せるようにするとかさ。
ワルキューレとかゼンガーとかサポートで1アクションしか使えないのは寂しい。

しかしナムカプに続いてクロスオーバー感は凄まじいです。
組織繋がり、魔界繋がり、ゾンビ繋がりと、
何らかの繋がりのある作品も多いのでそこら辺の会話とか面白い。
ストーリーはナムカプやムゲフロを踏襲しているので
互いに見知った顔のメンバーも多かったりして。

嬉しいのが簡単ですがキャラクターや用語の辞典があること。
知らない作品も多いのでキャラクターの設定や
各種用語の意味が把握できて背景を理解しやすくてありがたい。


Category: 3DS PXZ

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks