2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

15日(月) お待ちかねの人達

 【15//2012】

-拍手コメ返信-

クランシェの設定にはそんな裏があったんですね。
アデルという前例が存在しているので
そこはシリーズとしての統一性で踏襲したデザインの方がブレが無くて良かった気もしますが。



號斗丸の発売日って12月29日なのか。
なんという年末。
時期的にレビューするのは年明けになりそう。

クランシェのレビューは明日仕上げます。



PXZの進行具合は下へ。


第9話 悪を蹴散らし、正義を示せ

辿り着いたのは別の世界の銀座の大帝国劇場前だった。
何故かカイトとブラックローズもPCボディのまま現実世界に出てしまう。
大帝国劇場前では降魔に備えて防護壁が出ており、転送位置のずれで分断されてしまう。
更にドゥーエ率いるオクス・プロクスも現れる。

途中で大神&さくらが参戦。
そして復活した殺女も現れる。
大神にとっては殺女ともう一度戦うというのは酷な話です。
ここから防御壁が無くなり、合流可能。

ドゥーエと殺女を退けた一行は自己紹介を済ませ、劇場内で詳しい話をすることに。



第10話 若かりし鉄拳王

レディと共に秋葉原から通じる道をとおり、デミトリの城を訪れるダンテ。
途中でレディとははぐれてしまったらしい。
デミトリの城には既に平八が訪れていた。
更に大帝国劇場に入ったはずの小吾郎たちもそこへ辿り着く。

そこに平八が手引きしたザベル率いる魔界の軍勢の襲撃。
途中でジェダ率いる部隊も登場。

3体のボスの内、ザベルが遠いので倒すのが面倒。
放っておけるんですが、アイテム欲しいですし。
ジェダの連れてきたキュービィが邪魔。
通常雑魚の3倍のHPがあって、おまけに複数攻撃持ち。
この辺りまで来ると普通の雑魚も1戦で倒せなくなってきましたし。

ジェダ達を退けた一行は、ひとまずダンテの通った道で人間界へ戻ることに。
自力で仁を探すのが億劫になった平八も強引に同行。
今作でも味方なこのオッサン、今回はかなり早い段階で味方に。



第11話 無限の刻を越えた地で

秋葉原にはエンドレス・フロンティアのクロスゲートが出現していた。
そこに居た逢魔のモンスターと戦闘していると、ハン、デュラル、アリサが現れる。

更にその後、ファントムとエンドレス・フロンティアの兵器がクロスゲートから出現。
ハーケン&神夜も現れ、味方に合流。
神夜のスタイルと服装はどの世界の人間にとっても刺激的(笑
どうやらファントムはまた暴走しているらしい。

初期配置から味方が2箇所に分かれていて、2方向に進軍出来るようになっているのですが、
アリサ以外のボスがどんどん片方に固まっていくという(苦笑
全体回復アイテムが結構あったので、それで補助しつつ攻略。

動きを止めたファントムだったが、突如再起動しゲートに入ってしまう。
ゲートは稼働を停止するが、美依に反応し再び起動、一行は吸い込まれてしまう。



第12話 火花、散らして

一行はエンドレス・フロンティアの神楽天原へ飛ばされていた。
ひとまず城下町へ入ることに。

一方、別世界テルカ・リュミレース。
ハルルの樹の異変の調査に来ていたユーリ&エステル。
どうやらフレン率いる騎士団も調査に来ていたが、行方不明らしい。
そしてユーリ達も飛ばされてしまう。
辿り着いたのは神楽天原の不死桜の中。
そこで不死桜を守護をしていたゼンガーと遭遇。
互いに分かり合うためという名目の元、剣を交えることに。

1ユニット同士の戦いですが、この作品のシステム上ボスとの1対1は無理がある。
回復アイテムを使いつつ、ゼンガーのHPを半分削った所で終了。

互いが信頼に足ると分かり不死桜を出ようとするが、他に入り込んでいたアラガミと戦闘に。
1体倒した所でヴァジュラ率いるアラガミの増援や、テルカ・リュミレースのモンスターも出現。
ここで味方一行が合流。

その後、アインと毒馬頭の率いるオロス・プロクスと
エンドレス・フロンティアの賞金首ネクロンとオミコンが出現。
ネクロンとオミコンは中ボスな感じでそんな強くないですね。
登場時にボイス付きで喋ったのは驚きました(笑

アインと毒馬頭を追い、一行は使者の間からマーベルランドへと向かう。



第13話 ワルキューレたちの冒険

ピラミッド最深部のワルキューレの下に、クルト&リエラが突如飛ばされて来る。
コールサインの話になって、ワルキューレが自分のことを17って声優ネタか(笑
ここはワルキューレ=ヴァルキュリアという繋がりなんですね。

遅れて味方一行も合流。
とりあえず初期配置の雑魚を片付けて前半戦終了。

味方配置が変更されて後半戦開始。
魔法陣から帝国軍の戦車エヒドナが転移して来る。
クルト&リエラに続いて、セルベリアもこの世界へ。
沙夜とT-elosがその場に現れセルベリアを懐柔。
沙夜は赤い片那の亜片那、更に百夜を改良した百夜・改を投入。

セルベリアに投降を求めるが、彼女は沙夜たちと共に。
百夜・改の能力でエヒドナごと次元転移をするが、味方も巻き込まれてしまう。

ここで本編開始後、初の味方分断。


・・・と、現在ここまで。

ヴェスペリアにムゲフロと思い入れの強いナムコキャラがようやく参戦してきました。
相変わらずテイルズキャラはこのシリーズのアクションと相性が良いなと。
ユーリの虎牙破斬の最後のパンチがやたらと強調されているのが面白い。
ゼンガーという異世界の人間にも本来の技の型から外れていると突っ込まれたし(笑

ハーケン&神夜、零児&小牟はもう3度目の共演ですね。
今度はハーケン達のほうが飛ばされてきたパターン。
まぁそれを言ったら後に出てくるKOS-MOSなんかは全作品なわけですが(笑
沙夜が新戦力を投入したりして、ムゲフロEXの最後で話に出た百一胎計画が今作で展開?

あとはKOS-MOSがどの辺で出てくるかですね。
再びT-elosとかグノーシスとか出てきたからそろそろ?
っていうかエックス&ゼロが今のところ影も形も無い。
TOVや戦ヴァル3の例があるのでどこで急に出てきても不思議ではないですが。


Category: 3DS PXZ

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks