2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

6日(火) あとは王様に精霊2人

 【06//2012】

今日は早速エクシリア2の日記で。


Chapter5 源霊匣、暴走

もう一つの手がかりを求め、ヘリオボーグ研究所へ向かうことに。
借金を1段階返済し、移動制限を解除。
今回は初めてのフィールドを移動しての目的地へ。
ここでノヴァからアイテムボールを貰い、オートアイテムが可能に。

このタイミングで2体目のギガントモンスター。
物理完全ガードという2体目にして厄介なモンスター。
弱点連携という今作のシステムをこれでもかと要求されました(笑

ヘリオボーグ研究所に着くと、研究所はアルクノアに占拠されていた。
そこでアルヴィンと合流し、研究所の解放に。
レイアとローエンは別ルートから攻略する為、ルドガー、ジュード、アルヴィンのパーティー。

途中でイバルが現れ、3つ目の武器の双銃が使用可能に。

更にその後、学校の使節団として来ていたエリーゼと再会。
ティポは友達に見せる為に持って来ていたらしい。
雷を恐れるエルの叫びに、3度目の異空間突入。

バランを探して研究所へ入り、屋上でイベント。
源霊匣ヴォルトが暴走していた。

ヴォルト?戦。
今までのボス戦から考えると一気に難易度が上がってますね。
気付いたら戦闘開始すぐにエリーゼが戦闘不能になっているという(苦笑
射撃に弱いのでとにかく双銃からの連携で。

ルドガーは今までどおり槍でヴォルトを貫く。
ヴォルトはタマシイの汚染進行と謎の言葉を残し消滅。

空間が割れ、気付くと一行はエリーゼと再会した場所に。
再びバランを探しにいくが、今度は何故か敵がおらず。
屋上でバランと再会。
バランによると源霊匣の研究は未完成で、大精霊の源霊匣など作れる訳が無いと。

そこにミュゼが現れる。
どうやらミラが精霊界を抜け出してこっちに来ているらしい。
魂の循環に異変がどうとか先のオリジンの言葉と重なる?
ジュードの元に居ない事を確認したミュゼは再びミラを探しに。
ミラが行方不明なことに動揺するジュード。

事件解決後ヴェルから連絡が入り、
ユリウスらしき人物がイラート海停で目撃されたことを知らされる。
事件の調査を続行するレイア、ローエンと一時別れ、先にトリグラフへ。

トリグラフに戻った時点からキャラクターエピソードが開始。
対象のキャラはマップ上で示されるので非常に楽ですね。



ジュード編1 理想と現実と

ジュードの元にヘリオボーグ研究所から連絡。
源霊匣の研究成果を売って欲しいと言う人間が来たとかで、研究所へ向かうことに。
相手は源霊匣の研究成果が上手くいっていないことを盾に強引に迫るが、
ジュードはまだ実証が完全に済んでいないことを理由に拒否。
商人はセルシウスの化石を持ってきていたが、
現在はリーゼ・マクシアに保管されていることをジュードが指摘し、商人は引き下がっていく。



レイア編1 レイアのお使い

トリグラフで編集長と遭遇するレイア。
取材への同行を求めるレイアに、駅舎への届け物を頼む。
ルドガー達は駅舎に届けにいくが、駅舎の人間はリーゼ・マクシア人に偏見を持っていた。
編集長はそれを知っており、元々は自分で駅舎に行くつもりだったらしい。
この一連の話を記事に出来るかとレイアに問う。



Chapter6 クランスピア社

借金を返済し、マクスバードから船でイラート海停へ。
辿り着くとそこにジョウがおり、ドヴォールの一件のお詫びでウイングドブーツを貰う。
これでダッシュが出来るように。
フィールドでやると敵を避けられないのでアレですが、街内は便利ですね。

宿屋で負傷したエージェントを発見。
ユリウスを捕らえようと10人がかりで挑んだが返り討ちにあったらしい。
ただ分史世界データのコピーだけは入手しており、
ヴェルからの連絡でクランスピア社に届けに行くことに。
エージェントの治療でエリーゼとローエンが離脱。

クランスピア社でヴェルに会い、ビズリーに面会することに。
分史世界が発生しだしたことで、正史世界の魂のバランスが崩れており
分史世界を放っておくと正史世界のあらゆる存在が滅んでしまうらしい。
その黒幕がカナンの地に存在する大精霊クロノスなんだとか。

分史世界を破壊できるのは骸殻の力のみであり、
ユリウスはずっと分史世界を破壊する任務に当たっていたと。
ビズリーはルドガーにエージェントになり分史世界を破壊することを要請。
引き受けたルドガーは地下訓練場で骸殻の扱い方を学ぶ。
ここで戦闘中の任意変身が可能に。

ルドガーとユリウスが骸殻の力を使えるのはクルスニクの末裔だかららしい。
発動のトリガーは懐中時計で、ユリウスはルドガーの時計を使っている模様。
ルドガーはエルの時計で変身することに。

この間にレイアのボーナスシーンというのが。
好感度が高いとこういうのが発生するってことなんでしょうか。

次の分史世界の発生場所が分かるまでルドガーは待機。
ただノヴァから借金の催促があり、返済に動くことに。
クランスピア社から出たところでヴェルからワールドマップを受理。

次の借金返済額がいきなり50000と上がっていて、ちょっとやそっとでは貯まらないですね。
イラート海停~ミラの杜やソグド湿原までが解禁されたので
宝箱、クエスト、ギガントと、そこら辺で稼げということでしょう。

早い段階でワールドマップが使えるのがありがたいですね。
エクシリアお馴染みの便利ワープでひとっ飛びです。
キャラクターエピソードが発生する街も示されており、もう便利すぎる(笑


・・・と、現在ここまで。

前作の味方メンバーがミラ以外もう揃いました。
ただ残るミラ、ガイアス、ミュゼはポジション的に時間かかる?

しかしルドガーの戦闘はやること多くて忙しいですね。
3種の武器+骸殻の計4パターンのアクションが可能なので。
まぁ武器は属性相性さえ悪くなければ、どの武器をベースにも使えますが。
変身はボス戦のオーバーリミッツ中とかで使うと味方の被害を減らせていいかも。

本作はストーリー中のフィールドやダンジョンよりも
ストーリーに関係無しに解禁されているフィールドの方が遥かに多い。
チャプター間あっちこっち好きに探索してレベル上げが出来るインターミッションみたいな。
逆にここを怠ってストーリーだけ進めるとボス戦で詰まりそうな?



Category: PS3 エクシリア2

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks