2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

8日(木) 同じで別で

 【08//2012】

ダン戦Wってゲームではパラダイス攻略編で終わるみたいですけど
アニメはその先のオリジナルストーリーやるんですね。
まぁゲームもその内DLCの追加ストーリーや完全版が出るのかもしれませんが。

まだWで続くのなら、3人以外のメンバーにも後継機をあげて欲しい(笑
ランみたいに「改」というマイナーチェンジでいいから。



レヴァナントアイのレビュー終了。
武器を組み替えたりと色々と遊べました。
今月にはこれ用となっている拡張があるので楽しみです。

次は同じくFAでアーテルを。



エクシリア2の進行具合は下へ。


アルヴィン編1 商売人アルヴィン

ドヴォールで果物販売のサクラを頼まれるルドガーとレイア。
2人のおかげでパレンジ販売の交渉が順調に進むが、奥からユルゲンスの揉める声が。
駆けつけるとリーゼ・マクシア人ということで襲われそうになっていた。
そこにイバルが現れ、強引に襲い掛かって来る。

イバル戦。
普通にボス戦レベルの強さ。
途中でオーバーリミッツも使ってきますし。

ユルゲンスからイマイチ信用されていないのではと落ち込むアルヴィン。
そんな姿にルドガーとレイアは、落ち込むのは本気の証拠だと励ます。



エリーゼ編1 エリーゼの友達

ハ・ミルで発生。
エリーゼにはルナというエレンピオスのメル友がいるらしく
彼女のようにエルの姉のような存在になってあげたいと思うエリーゼ。

これは会話シーンのみで終了。



Chapter7 分史世界破壊命令

分史世界が見つかったという連絡を受け、クランスピア社に戻るルドガー。
分史世界には時歪の因子(タイムファクター)と呼ばれる存在が必ずおり、
それを消滅することで分史世界を破壊できるらしい。

分史世界の入り口はトリグラフ中央駅。
この世界ではアスコルド自然工場が存在しており、
ジュードとレイアがトリグラフで情報収集する間、ルドガー達はアスコルドへ。

アスコルドでこの世界では生きているジランドと遭遇。
ただジランドは時歪の因子ではないらしい。
アスコルドの動力源には大精霊アスカが捕らえられている模様。
アルヴィンがジランドを気絶させ、ルドガー達はアスカに会う為に内部へ。

中央ドームでアスカを解き放つが、そのまま襲い掛かる。

アスカ(分史)戦。
飛んでいるボスとはただそれだけで鬱陶しいわけで。
回復アイテムを使いまくってなんとか攻略。

戦闘後、アスカが語りだす。
ルドガーを見てクルスニクの一族が鍵を探し回っているだの
二千年の時を経てオリジンの魂の循環が限界だの。

ジランドがそこに現れるが、アスカによって殺害される。
遅れてジュード、レイアが合流。
ヘリオボーグの先で髪の長い精霊を見たという情報を得たらしい。
ジランドを埋葬するエリーゼとローエンを残し、ルドガー達は先に次元の裂けた丘へ。



分史世界ではマップの獲得済みランダムトレジャーが消えていたり、宝箱が再配置されたり。
ただ称号を見たら数が増えないから、分史世界のは関係なし?

次元の裂けた丘でムービー。
この世界では断界殻が存在していて、リーゼ・マクシアとは繋がっていないらしい。
大精霊クロノスが現れ、ルドガー達に襲い掛かる。

クロノス戦。
今までのボスやギガントも強かったですが、それよりも遥かに強かったですね。
3連続魔法みたいなのが超痛い。
終盤は強くなる代わりに物理属性が全て弱点に。

決死の攻撃もクロノスには全く効いていなかった。
そこにエリーゼとローエンが合流。
窮地に陥る一行の前にユリウスが現れる。
ユリウスはルドガーの時計を借り次元の裂け目を作り、一行はそこへ逃げ込む。



ルドガー達が辿り着いたのはリーゼ・マクシアのミラの杜。
そこにはジュード、レイア、エリーゼしかいなかった。
ひとまずニ・アケリアへ向かうことに。
途中でルドガーが変身できなくなっていることが発覚。

ニ・アケリアで全員合流。
そこにこの分史世界のミラが現れる。
ルルの空腹を知りご飯を食べさせる為に連れて行き、ルドガー達も追いかける。
家に着くと、同じく分史世界のミュゼが現れる。
ミュゼは目が見えずミラに辛く当たるという関係性だった。
そこでルドガーがエルに触れた途端、再び変身が可能に。
そして時歪の因子がミュゼであることが分かる。

ミラとミュゼを追いかけて一行はミラの杜へ。
レイアの計らいでジュードはローエン、エリーゼと共にニ・アケリアに。
ミラの杜にてミラを発見。
ルドガーとアルヴィンはミュゼを破壊する為に
ミュゼは誰かに操られており、ルドガーなら原因を取り除けるとミラを騙すことに。
ミュゼの性格が当然変貌したことなどミラにも思い当たる節があり、納得して同行。

ここでミラがパーティーメンバーに。
アローサルオーブを取り付けての育成も可能。
ただ他のメンバーに比べて初期値が低すぎなのが残念。

ニ・アケリア霊山にてミュゼを発見、戦闘に。

ミュゼ(因子)戦。
この短時間で前のクロノスよりも苦戦するボスに遭遇するとは(苦笑
バーンスプレッドが炎上も含めて痛すぎる。
ルドガーやアルヴィンは弱点の光属性の武器が特注で作れるので
それを用意すればまだ多少は楽だったかも?

時歪の因子を破壊したことで分史世界は崩壊する。
ミュゼの時歪の因子がカナンの道標の1つ「マクスウェルの次元刀」だった。
しかし崩壊の時にエルと一緒に居たミラが正史世界に残ってしまう。



他の味方と合流するためにニ・アケリアへ向かうと、そこにリドウとイバルが現れる。
ユリウスはルドガーをこれ以上巻き込まないためにカナンの道標を奪うが、
リドウにユリウスを倒して奪還することを要請。
拒否したルドガーはリドウと戦うことに。

リドウ戦。
前ボス2戦がしんどかったからなのか、今回はかなり楽。
術を使わないタイプの方が戦いやすいなぁ。

結局ルドガーはユリウスと共にクランスピア社へ行くことに。
カナンの地へ向かうのに必要な道標は5つあり、この正史世界では既に失われているらしい。
それを分史世界から探し出すのが分史対策エージェントの本当の仕事。
「クルスニクの鍵」と呼ばれる存在だけが分史世界の物を持ち帰ることが出来、
ビズリーはそれがルドガーだと告げる。
ルドガーはそれはエルの力だと考えるが、悟られるなととユリウスに止められる。

食事を取るために一度家へと帰る。
夜、外の公園でエルとのイベント。
骸殻の力がエルによるものだと分かったルドガーは、
自分が持っていても意味が無いと懐中時計をエルに返す。
エルもそれを分かっており、相棒として一緒にカナンの地に行こうと約束する。



ここで自動的にサマンガン海停の移動制限が解除。
ガンダラ要塞までの部分は自由に移動が可能に。
次のストーリー進行はまた借金の返済。

サマンガン海停から行ける範囲は結構広いので探索も時間かかりますね。
キャラクターエピソードはボスクラスと戦うことがあると分かったので
先に探索で鍛えてから進めようかなと。


・・・と、現在ここまで。

まさかのミラは分史世界の方が味方になるという。
だからOPとかで2種類の容姿で出ていたのか。
分史ミラは正史に比べて人間っぽくて面白いなと。
青い服の正史の方のミラはどこで出てくるんですかね。




Category: PS3 エクシリア2

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Comments

自分も最初のクロノスは負けていい試合だと思ったくらい苦戦しました。

自分はとりあえず1週クリアしました。
前作よりも感動しましたし、なによりも分史ミラがカワイイ(笑)
アルヴィンのエピソードで、前作での裏切りを悔やんでいる描写や、分史世界での可能性に翻弄されるキャラたちが良かったです。
戦闘もミュゼやガイアスが面白かったですし。


というわけで、期待して最後まで言っていいと思います!

Posted at 21:10:32 2012/11/09 by 天

Comments

クリアおめでとうございます。

前作よりも感動するということはこの先を進めていくのが楽しみですね。

Posted at 23:43:11 2012/11/09 by aki

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks