2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

12日(水) ローランの歌

 【12//2012】

-拍手コメ返信-

アニメでのゼハートとの殴り合いはかなり印象に残ってますね(笑
砲撃一本で近接はガチ格闘とまさに試作兵器の極みなガンダム。



 
遂にLBXもビット兵器を搭載。
映画見てないので通常武装なのか、AF限定の武装なのかは分かりませんが。
剣は左右でシール量が明らかに違うのは何故なんだろうと。



第2次OGの進行具合は下へ。


第30話 常夜の世界

空が夜のように暗くなり、ハガネと連絡が取れなくなるヒリュウ改。
そこに連邦軍の追っ手が現れる。
更にイグニス率いるルイーナが現れ、レフィーナは連邦軍に撤退を告げる。

イグニスはHP20000撤退。
援護を整えれば倒せないことも無いかもしれませんけど
海上で色々と面倒なのでスルー。

SRポイントはヒリュウ改に被弾させないこと。
きちんと抜けて来る敵を倒していけば難なく。

戦いに満足したイグニスは撤退していく。
ヒリュウ改は当初の予定通りコモディン島へ。



第31話 影の軍団

ルスランの助力でコモディン島で修理と補給を受けるヒリュウ改。
ルスランの元にはトウマもいた(初回特典のコミックに経緯)
クリフによるとリ・テクのスポンサーはアルテイルだったらしい。
ここでギリアムと合流。

そこにジンライが襲撃。
ゼンガー、レーツェル、ギリアムが出撃する。
ジンライは自らをダブルG3号機と名乗る。

3ターン目に量産型ジンライが出撃。
味方もここで出撃。
アイビスは戦場に少女(イルイ)を発見する。

SRポイントは4ターン以内にアイビスが量産型ジンライを2機撃墜。
イルイの保護も同ターン制限なので、余裕は全く無いですね。
やってみて分かったのですが、事前にゼンガー達をイルイ周辺に移動しておかないと無理。
量産型ジンライをアイビスで撃破するだけのHPを削る戦力が足りません。

TEアブソーバーに発信機が付けられていた。
これによりジンライもガイアセイバーズ側の戦力であることが判明。

コモディン島の施設は使い物にならなくなり、ルスラン達を安全な場所へ送ることになる。



第32話 アイス・ドール

連邦軍がルイーナと交戦しているのを発見し、ヒリュウ改は援護に向かう。
援軍に感謝し、連邦軍の兵士は撤退していく。

途中でグラキエースが現れる。
現れると同時にジョッシュとの同調現象が起こる。
後に意味があるか分かりませんが、ジョッシュで説得コマンドが。

SRポイントは防衛ラインを突破されないこと。
初期配置から遠い敵もいるので、加速持ちで急がせる必要が。



・・・と、現在ここまで。

OGではイルイと初めに接触するのはアイビスなんですね。
念動力とか繋がりの多さでクスハかと思ってた。

そういえばOGのルイーナは戦いやすくて楽だなと。
Dは作品自体の難易度の高さもあって本当に泣きそうな強さだったので。
むしろ連邦系の機体に比べればかなり戦いやすい。




Category: PS3 第2次OG

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks