2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

28日(木) 第3章開始

 【28//2013】

スパロボの新作はPSP、しかもDL配信タイトルなんですね。
システムが面白かったNEO形式とかなり惹かれる。
参戦作品はNEO+第2次Zみたいな感じで、ケロロとかゾイドとかこれまた惹かれる。
ネックなのはDL限定ってことで売ってお金の回収が出来ないことか。
あとこれVITAでも遊べるんですかね?



今週はずっと玩具にかかりっきりだったので、今日は一日スパロボDAY。
紅蓮のレビューは明日仕上げます。



第33話 THE CROW

UXの元で保護されるウェスト。
アルの死から立ち直った九朗は魔術兵装に身を包み、夢幻心母への潜入を決める。
その前にジョーイとジョウが現れる。
ブラックロッジが出現し、九朗はエルザと共に改修されたデモンベインへと乗り込む。

戦闘中、ミナミのMR-1の電磁パルスでデモンベインと飛影が行動不能に。
次のターンに味方増援で電磁パルス解除。

ミナミ以外を全滅すると、ミナミのバリアが解除されダメージが通るように。
カリグラとクラウディウスが出撃。
ここからミナミ撃破まで毎ターン10%ダメージ。
ただし電気に強いヒーローマンと張飛だけはEN回復。

カリグラorクラウディウスを撃墜するとマップクリア。
ジョウとジョーイの援護を受け、九朗はレムリアインパクトでカリグラを消滅させる。
アンチクロスは夢幻心母と共にどこかへと消える。

逃げたミナミはヒューズより逮捕される。



第34話 始まりへの加速

ボトルザー掃討作戦を終えた部隊が合流する。
キラ、アスランが参加し、アーニーはグラハムと再会。
刹那はELSとの対話で意識不明で、シェリルはスパイ容疑で逮捕されてしまっていた。
アルトはここでYF-29デュランダルを受領する。

石神は森次たちをJUDA地下のジュダへと案内。
ジュダの指針に基づいて行動していたことを認める。
望む未来への指針を出すジュダは、イオリア計画におけるヴェーダとも同じだと。
石神の求める次の事象は加藤機関の大型プラントへの攻撃。

初期配置の敵を全滅すると、新型アルマが出撃。
ラインバレルがラインバレルアマガツとして目覚め、手当たり次第に攻撃を始める。
新型アルマを倒すと、次はラインバレルアマガツの撃破。
活性化率が高く、与えたダメージの80%をその場で回復するので、少しずつしかダメージを与えられない。
ある程度まで削れば、熱血+高威力武器で一気にHP0に出来ますが。

機能停止したかに思えたラインバレルだったが、再び起動し剣司を攻撃。
剣司は咲良の言葉に恐れを乗り越え、衛と3人の連携でラインバレルと戦うが、咲良の同化現象が進行してしまう。
カノンが援護に入るが、機体を破壊される。
無抵抗になった咲良を破壊しようとするラインバレルを、アパレシオン(矢島)とジンライ(道明寺)が止める。



第35話 選択-けつい-

剣司は咲良に付き添い島へ戻ることに。
再会した浩一と矢島は殴り合いの末、和解。
浩一はラインバレルと向き合う覚悟を決める。

ラインバレルの奪取に加藤機関がJUDAを襲撃。
そこには推進派が結びつけたホウジョウ軍の姿もあった。

数ターンでイベント。
JUDAにシャングリラからの砲撃が降り注ぎ、ツクヨミ(久嵩)が出現。
そこにフェストゥム因子を打ち込んだカノンがマークドライで出撃。

久嵩の撃墜でマップクリア。
城崎天児との対話を終えた浩一がラインバレルで出撃。
カウンターナノマシンを起動し、オーバーライドで久嵩を撃退する。

加藤機関からJUDAへ戻ったユリアンヌから、推進派の存在について聞かされる。
世界の裏に存在する天児のクローンによって構成される組織で、
ハザードの地球連邦再編計画やフロンティア船団など様々な組織との繋がりがある模様。
ここでJUDAが解散となり、正式にUX所属となる。
SMSやWSOといったメンバーも、推進派との繋がりから離れるべくUXに所属することに。



浩一から天児との対話の内容が語られる。
人類の滅亡は、ナノマシンの普及で死の恐怖から逃れ想像力を失った人間が自殺することによって起きていた。
天児は助手である久嵩に自分を殺させることで、ラインバレルのファクターになった。
人類を救う為に世界を壊すという天児に、
理想を無くして絶望して世界を壊そうとするアンタだから人類を救えなかったと糾弾。
自分や共に戦ってくれる仲間達なら人類を救えると言い放つ浩一。
浩一を認めた天児は、正義の味方になることを望み、絵美を託して消滅する。

浩一がラインバレルを受け継いだことも含め、全て望む事象かと問う孔明に、はぐらかす石神。
孫権はどれだけの人の運命を弄べばいいのかと憤慨するが、曹操は犠牲無しに理想は為し得ぬと反論。
孫権は劉備にどちらの意見が正しいと思うのかを問う。

ここで孫権ルートと、曹操ルートを選択。
キャラクター性も考えてここは孫権の方が劉備にはしっくり来るかなと。

そこにシェリルが重犯罪者が収容されるアルカトラズ刑務所に送られるという報せが入る。
シェリルとの面会を終えたランカは帰りにブレラと出会い、
シェリルがV型感染症であること、ランカが生まれながらにフォールド細菌を持つこと、
ブレラが兄であることを聞かされる。



第36話 天に挑みし勇者

ランカはブレラから聞いた話をUXに告げる。
ジェフリーは以前のシェリルとの契約金が多すぎて困っていると言い、シェリルの脱獄作戦を決行することに。
ランカ達の慰問ライブという形がとられ、
情報を察知した三島達はそれをバジュラの通信プロトコルの解析に利用しようとしていた。
刑務所内でのシェリルの護衛には曹操と孫権が選ばれる。

ランカ、エイーダ、美海、フェイ、アルトによるライブが始まる。
キバ軍やガラン軍の兵士たちもここに囚われていた。
三島達の策略で拡大されたフォールドウェーブはバジュラを呼び寄せる。
美海は囚人達の前でペインキラーを呼び出してしまう。

戦闘中、バジュラを抑えるためにランカがエルシャンクに乗り歌う。
ここでバジュラの気力が-30。
刑務者内でアルトはシェリルと再会。
一方、同じく混乱に乗じてドッグ・タックはハザードを救出していた。

ランカの歌声は呂布と貂蝉をも呼び寄せ、呂布の叫びに玉璽が出現する。
アーニー、サヤ、アレルヤ、ピーリス、ティエリア、総士、浩一、ジョウ、フェイ、劉備に異常が起こり、
気力-30、SPが0に大幅ダウン。
同時にバジュラの気力が最大に。
ここで孫権が出撃。

呂布のHP半分でイベント。
天玉鎧・真武を召喚した呂布は、孫権に大ダメージを与える。
止めを刺そうとした瞬間、身を挺して孫権を庇う周瑜。
大切な人を守る力が欲しいと願う孫権に玉璽が呼応、虎暁の力に目覚めた孫権は天玉鎧・弩虎を召喚。

呂布の撃墜でマップクリア。
助け出されたシェリルが再び歌い、ランカもそれに続く。
デュランダルで出撃したアルトと、天玉鎧・炎鳳を召喚した曹操は共に呂布を撃退。

ランカは記憶を取り戻したことを報告。
ランカの母とシェリルの祖母は共にガリア4でバジュラの研究をしており、
バジュラと心を通わせようと生まれた歌がアイモ。
そしてバジュラと同じように腸にフォールド細菌を持つランカを仲間と感じたバジュラが、
人間から救出する為にガリア4を襲ったのだろうと推測されることに。

周瑜は一命を取り留めるも、意識不明だった。
自分の不甲斐なさを嘆く孫権に、曹操は己の使命と向かい合えと告げる。

玉璽に反応したメンバーは、それぞれに別の声を聞いていた。
孔明はそれが時空を飛び越える力を持つ者だと判断する。



第37話 命あるもの

周瑜とシェリルの治療の為に竜宮島を訪れる。
竜宮島には人類軍からヘブンズドア作戦への参加が要求されていた。
総士と乙姫はジークフリード・システムを完全な形へと戻す。

島へザ・ブーム軍が襲撃。
道生がマークアインで出撃する。

途中でジンとアユル率いるライオット部隊が出現。
ジンorアユルの撃墜でイベント。
アーニーの攻撃を庇ったアユルが不時着し、ジンが後を追う。
アーニーとサヤも2人を追いかける。

その後、マークニヒトを同化したイドゥンが出現、島を乗っ取り始める。
ここからイドゥンを5ターン以内に撃墜。
島内を襲うフェストゥムから剣司を庇った彩乃が同化される。

イドゥン撃墜でマップクリア。
道生がイドゥンに特攻、フェンリルでニヒトと共に消滅する。

乙姫はアーニー達とジン達を引き合わせる。
アユルがサヤと同様の存在であることを知る。
アーニーはジンに共に戦うことを提案するが、ジンは視ている未来が違うと拒絶。
乙姫によるとジンは「悲しみ」を知ったらしい。

イドゥンはジークフリード・システムごと総士を奪い去っていく。



第38話 防人たち

ミョルニアが島に現れ、北極海ミールを救って欲しいと要請。
ミョルニアから読心と同化に対抗する為のデータが提供される。
イアンとリンダが島に到着し、完成したクアンタを送り届ける。
衛はこれからはゴウバインのヘルメットを被らずに戦うと剣司に宣言。
ヘルメットを広登へと渡す。

人類軍がホウジョウ軍に襲撃されているという報せが入る。
同じ連邦軍として渋々救助に向かう。
残る人類軍の戦力はハザードとアレックスの乗るファミール艦1隻のみだった。

フガクのHP30%ほど(熱血で楽に撃墜可能)でサコミズ出撃。
乙姫とニールとの対話を経た刹那がクアンタで出撃、サコミズに過去に囚われるなと言い放つ。

サコミズの撃墜でマップクリア。
サコミズがファミール艦を襲撃するが、衛がそれを止める。
しかしファミール艦から発射された無数のミサイルで衛は死亡してしまう。
怒りでオーラ力を増すサコミズに特攻するエイサップ。
オーラロードが拓かれ2人はどこかへと消えてしまう。



第39話 蒼穹-そら-

ヘブンズドア作戦の中、UXは独自に北極海ミールを救う蒼穹作戦を展開することに。
剣司は再び戦うことを決意する。
島のミールが死を学び、島の機能が低下、乙姫が岩戸へ戻り島と同化する時が来る。

クロッシングしたファフナー4機が先行し、北極海ミールの下へ向かうUX。
フェストゥムに呼応したELSが出現する。
そこにミョルニア、甲洋、カティ、パトリック、アンドレイが援護に現れる。

ミールの元へ辿り着いたUX。
フェストゥムと戦闘していると、イルボラ率いるザ・ブーム軍が出現。

イルボラを撃墜するとイベント。
イドゥンが出現し、イルボラはイドゥンに攻撃を仕掛ける。
イドゥンがイルボラを同化しようとするが、ジョウがそれを庇う。
イルボラは撤退し、ダメージを負ったジョウも戦線離脱。

イドゥンのHP半分でイベント。
フェイがハート・オブ・ディーヴァとして覚醒。
フェイの歌声に包み込む母のような温かさを感じた乙姫は、岩戸へと入る。
そこにハザードから核攻撃をするという連絡が入る。
久嵩が放った核は発射準備の整っていた物だけで、保有されている核はまだ世界中に存在するらしい。
ここから3ターン以内にイドゥンを撃墜することに。

イドゥンの撃墜でマップクリア。
北極海ミールと接触する一騎。
ミョルニアからもたらされた以上のデータがUXに送られる。
そして北極海ミールが動き出す。

一騎と真矢の合体攻撃でイドゥンを撃破、一騎はニヒトごとイドゥンを同化する。
総士は必ず帰ると再会を約束し、消えてしまう。

北極海を後にするUXの元に、人類軍が北極海ミールを核攻撃したという報せが入る。



第40話 桜花嵐

北極海ミールへの核攻撃を機に、世界中にフェストゥムが出現していた。
それでも一騎達はフェストゥムとの共存の道を探し続けることを決意。

オーラロードへ飛ばされたエイサップとサコミズ、未来のマキナ同士の戦いや、昭和20年の東京大空襲を見る。

人類軍がホウジョウ軍に接触し、ホウジョウ軍の東京攻撃を見逃す代わりに、UXとの戦いをさせることに。
日本から支援の要請を受けたUXが急行する。

フガクを撃墜するとイベント。
エイサップとサコミズは、広島への原爆投下、沖縄戦と立て続けに見せられる。
そして2人は東京へ。

サコミズの撃墜でイベント。
サコミズを排除しようとするコダールがサコミズを攻撃する。
怒りのオーラ力に飲み込まれたサコミズはオウカオーを巨大化させる。
乙姫がサヤに、悲しみを知ったサコミズを止めるには彼を理解するしかないと語りかける。
一行はサコミズを止めることに。

サコミズの撃墜でマップクリア。
ハザードから核弾頭を手に入れた金本と朗利が戻って来る。
その核弾頭で東京を焼こうとするサコミズを説得しようとするエイサップとリュクス。
紙人形を見たサコミズは自分を取り戻す。
エイサップが起爆スイッチの入った核弾頭を成層圏まで持っていこうとするが、サコミズが代わりに引き受ける。
日本はサコミズの犠牲で守られる。
その後、オーラロードが拓きホウジョウ軍が元の世界へ戻っていく。

ファフナーのパイロットは治療に専念する為、戦線を離れ島へ戻ることに。

「第2部 VAGABOND BLUES」終了。



「第3部 SOMEDAY, LIFE TOGETHER」開始。

東京での戦いから3ヶ月。
地球圏にはELSの大群が迫ろうとしていた。

第41話 再来-みさお-

日常生活に戻っていた一騎達。
周瑜は意識を取り戻し、咲良も車椅子で動けるほどまでに回復。
弓子の娘、美羽は生後2ヶ月で2歳児ほどの成長を遂げていた。

里奈、暉、広登、芹のファフナーに搭乗しての実戦訓練が行われる。
そこにフェストゥムが襲撃。
スフィンクス型を1機撃墜で、一騎が出撃。

全滅させると、再びスフィンクス型が出現、エウロス型へと変化する。
窮地に陥った一騎とアーニーとサヤが救い、UXが到着。

エウロス型全滅でマップクリア。
島へ現れた操が接触を求める。



操は人類とフェストゥムとの戦闘、島のミールへの同化を要求。
一騎は総士が操に賭けた物を信じ、対話を続けることを決める。
島へ続々と押し寄せるフェストゥムとの戦いの為UXも駐留することにするが、
ブラックロッジとクトゥルーの出現に対するユニオンの要請もあり、部隊を2つに分けることに。

竜宮島→全ガンダム作品、ファフナー、ラインバレル
ユニオン→それ以外
ずっとデモンベインの方を通ってきてますし、今回もそちらで。

死亡したアルは自己の中での対話を続けていた。



第42話 リザレクション

カルフォルニア基地でローニンから、今回の依頼は連邦軍参謀本部からの物であることを聞く。
クトゥルーは現れては消えるを繰り返しながら、領内の人間の生気を吸って回っていた。
そこに基地内の研究施設が襲撃されたとの報せ。
襲撃したのはGの細胞を探すウィルだった。

一方、Gの細胞は人類軍からミナミの手に渡っていた。
クトゥルーが生気を吸っていたのはGの細胞の為であり、アンチクロスはGの細胞をネロの代わりに使おうとしていた。

アーカムシティに出現するクトゥルー。
再び覇道邸に侵入したティトゥスと交戦するウィンフィールド。
ヒーローマンはNIAの開発した強化アーマーを装着して出撃。

途中でキメラ兵士と、ウィルがNPCで出現。

クラウディウスを撃墜するとイベント、ネロによって殺害される。

敵全滅でイベント。
ウィンフィールドがティトゥスに敗北、瑠璃がティベリウスに攫われ人質となってしまう。
窮地に陥る一行だったが、アルが復活しデモンベインがシャンタクを装備。
その騒動の隙にエルザが瑠璃を救出、エルザは破壊ロボに搭乗。

ティベリウスの撃墜でマップクリア。
デモンベインがシャイニング・トラペゾヘドロンを発動、ティベリウスを異次元へ葬り去る。

ネロはアンチクロスの元へ戻り、囚われる。
逃げ延びたミナミだったが、Gの細胞をスクラッグ残党に奪われる。

クトゥルーが太平洋へ向かったと聞き、アルは目的地が海底都市ルルイエだと推測する。



第43話 THE RETURN OF SORCERER

アンチクロスではウェスパシアヌスがアウグストゥスに殺害される。

クトゥルーを追いかけるUX。
ダンクーガノヴァとRダイガンの合体機構は、ダンクーガ自身が封印しているらしい。
各員の奮闘、デモンベインの神獣弾でクトゥルー外殻を突破し内部へ突入する。

ティトゥスを撃墜すると、レガシー・オブ・ゴールド(アウグストゥス)が出撃。

アウグストゥスの撃墜でイベント。
クトゥルーの力で驚異的な回復力で再生する。
神を自称するアウグストゥスに、Dチームの怒りが爆発。
合体を封印していたのは自分達自身だったと気付き、ダンクーガマックスゴッドへと合体。
アウグストゥスを打ち倒す。

その後、ネームレス・ワン(ネロ)が出現。
エンネアが生きていたこと、そして暴君ネロであったことにショックを受ける九朗。

ネロの撃墜でマップクリア。
再びシャイニング・トラペゾヘドロンが発動するが、九朗はこれを制御。
救われたかに見えたエンネアだったが、その身を裂きマスターテリオンが誕生する。
マスターテリオンは転送魔術で一行を外へ飛ばし、クトゥルーごとどこかへ。
一方、生きていたティトゥスはウィンフィールドと交戦、死亡する。



第44話 フェイス

竜宮島へ残ったメンバーと合流。
フェストゥムもまたこの世界の民であることを気付いた劉備が翔烈帝へと覚醒、呂布を打ち倒したこと。
劉備にそれを気付かせた芹はコアの代替者として岩戸へ入ったこと。
加藤機関の目的が人類に死を想像させ、自滅スイッチを入らせないようにすることだったこと。
石神が加藤機関の人間だったことを聞かされる。
石神は今から起こるユニオンでの事象が解決したら全てを明かすとしていた。

ホワイトハウスがスクラッグの残党に占拠される。
救出作戦の第一段階として、ヒーローマンが先行して音波攻撃で対空兵器を破壊することに。
張飛と、ジョーイの父への思いを聞いた尚香が同行する。

ヒーローマンの指定ポイント到達でイベント。
対空兵器が無くなった事でUXが合流。
敵側ではニックが出撃、同時にウィルが現れ、ジョーイとリナの言葉に味方に。

ニックの撃墜でイベント。
ゴゴールが復活、ニックが殺害される。

ゴゴールのHP60%ほどでイベント。
ゴゴールの攻撃を受け機能停止するヒーローマン。
ジョーイは父のように自身の命を賭け戦おうとするが、周りの声に思いとどまる。
デントンが改修し修理したMR-1から電力供給を受けヒーローマンが復活。

ゴゴールの撃墜でマップクリア。
ヒーローマンのオースパークで止めを刺す。
デントンは「集え、始まりのもとに」という言葉をスクラッグが発したと問うが、
ゴゴールのまたその言葉に引き寄せられ地球に来たことを告げ消滅する。

一方、ルーベンス財団の元へ集められる各界の実力者たち。
ルーベンスは人類が滅亡の危機に瀕していることを告げる。
そしてそこにラクスが現れる。


・・・・と、現在ここまで。



デモンベインはエルザ搭乗時からレムリアインパクトが普通に使えるようになるんですね。
そして今日の一日プレイでアル復活。
さすがにシャンタク装備しても物理法則を無視するほどの運動性は獲得出来ませんか(笑
ただシャイニング・トラペゾヘドロンの攻撃力は単体武装としては破格。

ダンクーガノヴァは合体解禁と同時に、野生化ににたビースト化が追加。
オデュッセアと同じで単体ユニットになるので、全体攻撃や連続行動が活きますね。

ラインバレルは今のところはまだまだ原作ストーリー。
デモンベイン絡みでデウスエクスマキナの登場あたりは行くか。
ラインバレル自体はやっぱり原作設定の方がカッコいいですね。

ファフナーは劇場版までに必要な2年間を強引に縮めたなと(笑
っていうか道生の合流からそこまで何気に長い時間経過していたことに驚き。
それとも母体内での成長も早かった?
劇場版に入った3章からキャラグラも全員書き直されてるのも驚いた。
あとザインとジーベンの武装が変わってますね。
ザインは射程1のダブルルガーランスから、射程8のルガーランス最大出力と、最強武装が射撃に。
ジーベンはドラゴントゥースが無くなって、最強武装が射程3のレールガン連射に。

マクロスFはアルカトラズ刑務所がアメリカ西海岸に。
歌関係のメンバーが多いので、良いクロスオーバーでしたね。
劇場版なのでデュランダルが普通に後継機。
第2次Zと違いメサイアでは使えなかったISCマニューバが使えるので、火力も大幅にアップ。

リーンの翼はストーリーが終わったんですけど、ナナジンの最大火力が最後まで伸びなかった。
そもそも合体攻撃の相手が居ないし、もしかしてサコミズが生きて戻って来るとか?
ファフナーと合わせて核兵器は未装填の物が世界中にあったんですね。

ヒーローマンもどうやらストーリー終了。
電気繋がりで最後まで張飛との絡みがチラホラと。
ウィルはそのうち再登場?

種デスはキラ&アスラン合流。
この2人の強さは今作も健在ですね。

00はようやくクアンタ参戦。
こっちがメインだから、ダブルオーライザーの性能が前座過ぎるぐらい強い。
グラハムさんと普通に顔を合わせる距離間ってのもスパロボならではで良いですねぇ。

三国伝は天玉鎧は劉備以外の3人が一気に登場。
なんか曹操と孫権の選択肢とかありましたが、あれは36話内の展開が変わるだけ?
翔烈帝は選ばなかった方のルートで覚醒。
戦闘シーンが尋常じゃないぐらいカッコいい。
翔烈帝になると張飛、関羽との合体攻撃が無くなる代わりに、曹操、孫権との合体攻撃が。
天玉鎧3つなだけあり攻撃力が破格も破格で、もしかして今作最強はこれ?

アーニーは3章に入ったらサヤを呼び捨てに。
戦闘シーンでの声の演じ方も若干男っぽくなってる。

そういえば途中で孔明が戦術指揮の3つ目を使えるようになったんですけど
地形適性が全て1段階上昇とあまりにも有益すぎる能力。
命中・回避の上昇はあまり改造してないサポート機に恩恵がデカイですし、
与ダメージにもブーストがかかるので、今まで以上にサクサク進められるようになった。


Category: 3DS スパロボUX

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks