2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

22日(水) 正統な続編

 【22//2013】

アストレイもいないのに何故ROBOT魂からテスタメントが(笑
まぁ他で立体化される可能性も無いでしょうし、嬉しいというか面白いですけどね。
アウトフレームDが受注で出てきそう。



魔装機神2の進行具合は下へ。



第7話 裏切り

政府から派遣された監査官のフォルシュから、ヴォルクルス神殿の調査を依頼される。
神殿へ向かうと、シュウとガエンが言い争っていた。
マサキ達が到着するとシュウは離脱。

途中で敵側にウーフが増援。

戦闘を終えると、ガエンが投降を申し出る。
シュウも再び現れフリングホルニへ。
シュウによるとガエンはヴォルクルス教団にいながらも懐疑論者だったらしい。
ガエンは死罪をも覚悟して教団を抜け出していた。



第8話 赦されざる者

シュウを追うプレシア。
父の仇として敵わないと知りながらもシュウに挑む。
そんなプレシアにシュウはゼオルートを尊敬していること、そして神祇無窮流の技を伝える。
そこにウーフが現れ、ヴォルクルスの分身を召喚。

途中でマサキとリューネが増援に来ますけど、シュウが強すぎるんで戦うことも無く終わりますね。
勿論、ウーフもヴォルクルスも止めはプレシアで経験値稼ぎ。

プレシアはシュウを赦すことは出来ないけど、復讐は止めるとマサキ達に告げる。



第9話 暗殺者

三班に分かれて神殿内を調査することに。
ミオ達はカテキスと遭遇、ティアンがウーフに致命傷を負わされてしまう。
そしてティアンの流した血で魔法陣が起動、調和神ラスティトートが復活しようとする。
ティアンは傷をおしてディンフォースに搭乗、ディンハイムとポゼッションを行い魔法陣に特攻、
命と引き換えに復活を阻止する。

2PPにゲンナジー、3PPにリューネ班が合流。
ただウーフとカテキスはHP半分近くで撤退するので攻略は楽。



第10話 ミオの決意

目の前でティアンを失い落ち込むミオは、テュッティの付き添いでソラティス神殿へと向かう。
デメクサの生い立ちを聞いたミオは落ち着きを取り戻す。
そんなミオの様子にイブンはミオの特訓を了承する。

精霊界でミオが出会ったのはリカルド。
前操者との戦いで大地の精霊ザムージュを感じ取るミオ。



第11話 シュテドニアス騒乱

シュテドニアスで内部対立から武装衝突が起きているという報せが入る。
鎮圧に向かったマサキ達だったが、シュテドニアスの騒乱はラセツとゾラウシャルド両名を失ったことだとし
マサキ達に恨みを抱くザンボスとリシュルは一時休戦し結託する。

途中でロドニーとエリスが合流。
エリス機は新型のデルギラン。

戦闘後、尋問から今回の北部と南部の対立が何者かに引き起こされたことが分かる。


・・・と、現在ここまで。

プレシアとシュウの関係がようやくちゃんと描かれた感じですね。
今までの作品では大した描写も無かったですし。

続編と言うこともあり新キャラが結構出てくる。
ヴォルクルスに続いてラスフィトートとかいうのまで。
既存ではティアンがお先にお亡くなりになってしまった。


Category: PSP 魔装機神II

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks