2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

9日(木) 5ヶ月遅れの開始

 【09//2014】

フェニーチェ&メテオホッパーのレビュー終了。
フェニーチェはベース機が新しいので、今回は文句なしに動かせて楽しかったです。
メテオホッパーはガンプラ用のバイクと非常に面白い。
乗せようと思えばどんな機体でも乗れそうな汎用性が良い。

次のレビューは戦国アストレイで。



魔装機神3の攻略を開始しました。
今回も攻略日記を残していこうかなと思います。




第1話 「それぞれの思惑」

シュテドニアスでの戦後処理を終え、カフェでくつろぐマサキ達。
そこにシュテドニアスの脱走兵がラングランの国境付近へ向かったという報せが入る。

国境ではラングラン軍とシュテドニアス軍が睨み合いになっていたが、アンティラス隊が介入する。

ファーストステージなので特に問題なし。

脱走兵の脱出ポッドはシュテドニアス領に墜落し、シュテドニアス軍が回収することで事態は収束する。



第2話 「父と、姉と、弟と」

ラングランへと戻ったアンティラス隊。
そこでデメクサとザッシュがラングランへ籍を移すこととなる。
デメクサはイブンの元で修行、ザッシュは近衛騎士団へと入隊することに。
更にザッシュと入れ替えで、近衛騎士団からザッシュの姉レミアがアンティラス隊に入隊することに。
2人の送別会とレミアの歓迎会を兼ねたパーティーの準備が進む中、
合流へ向かっていたレミアがデモンゴーレムと遭遇し、救難信号が入る。

敵はデモンゴーレムだけなので簡単。



第3話 「饗宴の後に」

パーティーの後、諜報活動中のギドから正体不明の魔装機を発見したとの報せが入る。
敵はアンティラス隊を目の敵としていた。

合流までひたすら逃げて、合流後に戦闘開始。

ギドにより、ラーブァナの継承者、究理開明団、平和連合急進派の3つのテロ組織のリーダーが
バゴニアのどこかで会合を行うという情報がもたらされる。



第4話 「忍び寄る刃」

3組織は平和連合によるデモを隠れ蓑に会合を行っていた。
それを捜索するアンティラス隊だったが、
ガエンの命を狙う教団の暗殺者バシュリエにメフィルが刺されてしまう。

メフィルを収容しマサキ達は、輕裝式ヂーヱンに登場したバシュリエとの戦闘に。

初めて強敵のいるステージで、被ダメが危険。
強化パーツ獲得にはなんとかしてバシュリエにダメージを与えないといけないので余計に。
上手いことサイバスターの攻撃がクリティカルになって達成できました。

メフィルはレミアの処置で一命を取りとめ、ツレインの看護により呪詛を克服する。



第5話 「野獣VS猛獣!?」

アンティラス隊にファング、ロザニー、レミアの搭乗機
ギオリアス、ジャスティニア、ガルガーティアが配備される。
3人とテュッティ、ミオは試運転を兼ねて、デモンゴーレム退治へと向かう。

デモンゴーレム全滅後に、晨明旅団が出現。
バゾーダン極の一撃が相変わらず痛いので、その点だけ怖かったですね。

セニアから3大国における同時多発テロの情報がもたらさせる。
3国から不平不満が出ないようアンティラス隊は同時に対応することになり、
フリングホルニを分離し、部隊を3つに分ける。

1周目なので、マサキの参戦数が多いバゴニアルートを選択。



第6話 「混乱の始まり」

バゴニアへ向かうアンティラス隊に、バゴニアの大臣ビスモルから連絡が入り
混乱する政府内部の折衝役に、ジノが一時バゴニアへ戻ることに。
その後、アンティラス隊はテロが行われている蓄電所の防衛に向かう。

強化パーツ獲得の為には、危険を承知で突っ込まないといけないですね。
ここはファングに頑張ってもらいました。

蓄電所を襲撃したのはベイル独立戦線というテロ組織だった。
オンガレットが気付き上げたテロ組織のネットワークで、小さなテロ組織にまで魔装機が渡っているらしい。



第7話 「ジノとエル・バドレル」

バゴニアでの任務を追えフリングホルニに戻ろうとするジノだったが
エル・バドレルの隊員にラストールが持ち去られてしまっていた。
指定された場所へ向かうと、コーデックがジノに魔装機での真剣勝負を挑む。
ジノは渡されたウェルスピナーへと搭乗。

一騎打ちは攻略本どおりに戦って攻略。
その後、ベイル独立戦線が出現。
2ターン後に合流する味方増援で倒してクリア。



第8話 「非道なる探求者」

ラストールはコーデックが無理やり動かしたために、当分は使えなくなってしまう。
ジノは代わりにコーデックが引き渡して続きを済ませていたウェルスピナーに搭乗することになり、
ウェンディの手によってウェルスピナー・レイへと改修される。

バゴニアからの要請で、アンティラス隊は究理開明団のテロで大打撃を受けた都市の視察へと向かう。
そこでマサキ達は、究理開明団が扇動した市民の罵声を受けることになる。
扇動を見抜かれたバッシュは魔装機を持ち出す。
戦闘を開始するマサキ達だったが、
敵には両親を人質に取られて無理やり戦わされている一般人が混ざっていることに気付く。

一機だけいる一般人以外を倒すステージ。
こちらが高い所にいる有利なステージなので戦いやすい。

保護した一般人の扱いに困るマサキ達だったが、そこにエル・バドレルのズラム達が現れる。
エル・バドレルの作戦で究理開明団のアジトが制圧され、人質になっていた両親も助け出されていた。
喜ぶマサキ達だったが、一般人は仕掛けられていた自爆装置で死亡してしまう。



第9話 「ポリティカル・ポリューション」

突如、バゴニア政府からジノとファングの引き渡し要求が入る。
総選挙で苦戦する与党が、アンティラス隊を槍玉にあげようとしているとジノは推測する。
この件に対応する為、ジノとロザリーは一時別行動を取ることに。

そんな中、バゴニア政府から平和連合急進派の鎮圧の要請が入る。
ジノとロザリーに不利にならない為にも、アンティラス隊は要請を受けることに。

ナグロッドは射程6のP武器という非常に厄介な武器を持っているので
遠距離から特定の機体が狙われやすくかなり鬱陶しい。
幸い性能は低いので、手早く数は減らせますが。

途中でエル・バドレルのジャンナが出現し、味方になるかNPCになるかの選択。
ここで味方にしない理由は何一つ無いですね。

ジノとロザリーの証人喚問や、ビスモル大臣の根回しで与党の目論見は失敗に終わる。



第10話 「ロザリーとムデカ」

買出しに出たリューネとロザリーは、ムデカと遭遇する。
ムデカはなんとかしてロザリーとの改善修復をしようとするが、ロザリーが何者かの狙撃を受ける。
メフィルの件で防御結界を張っていたロザリーは、重傷を回避。
狙撃したのは教団のウーフだった。

ムデカ機はNPCで、一撃で雑魚を仕留めてしまうのが厄介。
ウーフ機は攻撃力が高く危険。

3ターン目に味方増援。
ただここでフリングホルニV艦から救難信号が入り、マサキが離脱。
ここからはとにかく味方に損害が出ないようにウーフを倒すのが大事。
ウーフさえ倒せば後は雑魚。

マサキはラ・ギアスを一周した後にようやくフリングホルニVに合流。
そこに同じく救援を受けて駆けつけたヤンロンとレミアも合流。
そして復活したエルシーネとの再会に驚愕する。



現在ここまで。

さすがにVITAなだけあり、今までとは画質が段違いですね。
第2次OGもそうでしたけど、2Dグラフィックはその違いが特に鮮明。
自分の魔装機神のプレイ経路がDS→PSP→VITAと、どんどん画質が上がってます(笑

しかし難易度は確実にシビアになってますね。
ちょっと油断した進軍をしたら、あっという間に撃墜される。
ここまで初っ端からセーブ&ロードを連発しまくるスパロボは初めてです(笑
今のところはまだなんとかなってますが、今後はどんどん厳しくなるのかな。

戦力的には、一機だけ強化したところでどうにもならなさそうなので
主力を分散させて、各機とも武器を一つに絞って強化という感じで進めてます。
今作で良い改善点だと思ったのは、ランクアップ武器が「追加」という形式になったこと。
ランクアップすると攻撃力が上がると同時に燃費も増えますし、性能がガラッと変わる武器もあったりするので
前の武器が残ってくれると、今までの運用方法そのままに戦えますから。

ストーリーは、今回も前作のルートが複合的になった感じですね。
ウェンディとテューディは仲良く共存しているし、ヤンロンとエルシーネの関係性もちゃんとあって。
加えてディアブロには春の祭典がありますし。
まぁ追加武装に関しては、どの機体も前作の隠し武装を標準装備してますが。
テューディがあんなコメディ的に普通に出てくるのを見ると、初期の殺伐とした感じが懐かしい(笑

一つ残念なのはVita機能のスクリーンショットが撮れないことですね。
やっぱCGがネットにアップされるとかで出来なくしちゃったのかな。


Category: Vita 魔装機神III

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Comments

バゴニアルートでの攻略ですね、このルートですとファングを重点的に育てておかないと後々厳しくなりますよ。といっても実は中盤でもかなり厳しいです。もう解っていると思われますが、今回格闘がほとんど役にたたないのでマサキが活躍しづらいんですよね。逆にリューネの方が強い場合もありますし・・・、敵はこちらが気力が上がっていない状態でバンバン必殺技を使ってくるので正直全滅プレイなしでは厳しいと思われます。
実は効率よく稼げる場所があったのですが、もう過ぎてしまってますね・・・一応教えておきます。
マップは非道なる探求者、このマップは一般人の魔装機を落としてしまうとゲームオーバーになるマップですが、逆にいうと全滅プレイが簡単にできる
マップでもあります。やり方は一般人の魔装機以外の魔装機を一体だけ残して一般人を落としすだけ、自分はこれでたった二分で約1万8千、一時間で約100万稼ぎました。
まあ作業になってしまうので途中セーブとかで切り上げてもいいですしね。
とはいえ今回どんなに稼いでも引継ぎはその週で稼いだ半分しか引き継げないんですよね・・・、しかもフル改造しても堕ちる事があるのでそういう意味では難しかったです。

Posted at 16:24:53 2014/01/10 by うかつ者

Comments

確かにバゴニアルートだとファングがオススメ改造ユニットと、攻略本に記載されていましたね。
今作のファングは新機体ということで元々使うつもりだったので、ちゃんと改造して進めています。

全滅プレイはあのステージで行うんですか。
確かに敵はそこまで強くないし、敗北条件も楽なので稼ぎやすい感じですね。
とりあえず自分は全滅プレイは無しで頑張ってみようかなと思ってます。
どこかで詰まって、そこで強制的に全滅プレイ状態になるかもしれませんが(笑

Posted at 23:47:51 2014/01/10 by aki

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks