2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

6日(木) スケールアップ

 【06//2014】

-拍手コメ返信-

アギトほど基本と最強でクオリティが違うのも初めてでしたね(笑
響鬼は他のライダーとは仕様が大きく異なるということもありそう。
しかしフィギュアーツはいい加減、何の気兼ねも無しで買えるようにして欲しいものです。
こんな状況になってからもう何年経つんだか(苦笑



第3次Zの強化パーツが貰えるキャンペーンが始まってますね。
ぶっちゃけ映像を見なくてもプロダクトコードを見れるので、これは確保しておかない手は無いです。
DGの牙の効果がザックリしすぎ(笑
BCHモーターはあまりにも便利すぎる。



 
1/144サイズで作られた設定のキットが、1/100サイズにスケールアップするという珍しいキット(笑
個人的にMGのRM版ストライクが全ストライクで一番カッコいいと思っているので
それをベースとしたこのビルドストライクもたまらなくカッコいいです。
MGらしくビルドブースターの仕上がりもHGとは比べ物にならないですし。



閃の軌跡の進行具合は下へ。




第1章 新学期~初めての実習~

■4月17日
いつも通り、VII組の寮から通学するリィン達。
地下での一件から、未だにアリサとの関係修復が出来ていないリィン。
更にユーシスとマキアスの険悪さはクラス全体の雰囲気を悪くしてしまっていた。

サラから翌日が自由行動日であることを告げられる9名。
クラブ活動などで全員が散開し、リィンはサラからの頼まれごとを受け生徒会室へと向かう。
生徒会室でトワから9名分の学生手帳を受け取り、更に生徒会の仕事を手伝うことに。
トワに夕食を奢ってもらい、外に出るとサラからの電話。
サラによると、リィンの出自にも関わることで、リィンにはVII組の重心になってもらいたいとのこと。
寮に帰り、9名に学生手帳を配り終えてこの日は終了。



■4月18日
郵便受けに投函された生徒会からの依頼をこなすことに。
ここから絆イベントも解禁。

道中、ケネスから釣り竿を貰い、釣りが可能に。
ケネスはどうやらレイクロード社の御曹司の模様。

2つの主要クエストと、その他クエストという内容は、零や碧と同じ感じですね。
主要クエストを終えたところでストーリーが進行。

-動力器の配達-
技術部のジョルジュから、修理した導力器を依頼人に配達することに。
このクエスト中に、料理が可能に。
質屋からはカードゲーム「ブレード」を貰う。
クエスト後、ARCUS関連や武器改造などが解禁。

-旧校舎地下の調査-
ヴァンダイク学院長から、旧校舎の地下の調査を依頼される。
手の開いていたエリオット、ガイウスと共に旧校舎へと向かったが、地下の構造が明らかに変化していた。
ここから戦闘中のリンク機能が解禁。
最深部にてミノスデーモンが出現。

・ミノスデーモン戦
暗闇の範囲攻撃を使うものの、それ以外は単調。
リィンとガイウスの攻撃で態勢が簡単に崩れるので、追撃し放題。

2つのクエストを終えると夕方。
ここで絆ポイントが回復して、夕方に行えるイベントをこなして寮へ。



■4月21日
実技テストの日。
リィン、エリオット、ガイウスの3人で戦術殻αと戦うことに。

・戦術殻α戦
指定される条件は誰も戦闘不能にならないこと。
グランドプレスの威力が尋常じゃなく一撃で瀕死に陥るので、固まると危険。
あとは回復さえ怠らなければ問題なく。

実技テスト後、いよいよVII組に課せられる特別実習が発表される。
A班:リィン、アリサ、ラウラ、エリオット・・・ケルディック
B班:エマ、マキアス、ユーシス、フィー、ガイウス・・・パルム
以上の班分けでそれぞれの実習地へ向かうことに。



■4月24日
特別実習の日。
早朝、アリサは今まで謝るきっかけが掴めなかったことを告げ、改めてリィンに謝罪をする。
ようやく仲直りをするリィンとアリサ。
ラウラ、エリオットも合流し、駅へと向かう。
駅でB班と合った後、クロスベル行きの鉄道に乗りケルディックへ。

鉄道内でサラが合流。
初めての実習ということで、宿のチェックインまでは同行してくれるとのこと。
鉄道内では仲間内でブレードで遊ぶことが可能。

ケルディックへ着いた一行は、サラに連れられて宿へ。
そこで改めて実習内容が渡される。
それはリィンが生徒会から受けたような、街の人からの依頼をこなすというものだった。

ここでも2つの主要クエストをこなすことでストーリーが進行。

-壊れた街道灯の交換-
単に目的地に行くだけ。
解除コードもゲーム内ノートに記載されますし。

-手配魔獣-
・スケイリーライナー戦
さほどいやらしい攻撃もない、単なる攻撃力が高いだけの敵。

2つの依頼を終えて街へ戻ると、大市から争うような声が聞こえてくる。
大市では商人のマルコとハインツが、出店場所について言い争いをしていた。
どうやら互いに一等地での出店許可証を持っている模様。
そこに元締めのオットーが現れ、1週間ごとに場所を交代で使用するということに落ち着く。

オットーの家で話を聞くことになる一行。
ケルディックでは、アルバレア公爵家のかけた増税問題が起きていた。
公爵家に仕える領邦軍は、増税に反対するケルディックには不干渉を貫いているとのこと。

オットーの家を出たところで、サラと遭遇。
B班の状況が酷くなっており、そちらへ向かうらしい。

夕食後、改めてVII組の設立に関して思いを巡らせる4人。
そんな中、ラウラはリィンに八葉一刀流のことや、本気を隠しているのではないかと問う。
リィンはユン老師に修行を打ち切られ、初伝止まりであると自嘲気味に答えるが、
その返答はラウラの機嫌を損ねてしまう。



■4月25日
リィンはラウラに、剣の道や自分自身を軽んじるような発言をしてしまったことを謝罪する。
宿屋の女将から本日分の実習内容を受け取った後、大市で事件が発生したことを知る一行。
大市へ向かうと、昨日のマルコとハインツの屋台が破壊され、売り物が盗難されてしまっていた。
互いを非難し再び衝突するマルコとハインツ。
そこに領邦軍が現れ、事件の捜査をすることもなく強引なやり方で幕引きをさせる。

事件が腑に落ちない4名は、学院に帰るまでの時間で独自に調査を進めることにする。
まずマルコとハインツに話を聞き、盗難されたのが加工食品と装飾品であることや、
やはり2人は犯人ではないということを確認する。
リィンは不干渉のはずの領邦軍が即座に現れたことに疑問を持ち、領邦軍の詰め所へと向かうことに。

詰め所で隊長に話を聞くと、やはり軍が不干渉を貫いているということを直接知らされる。
ここでエリオットの機転により、事件に何らかの形で軍が関与しているということを確認。
マルコとハインツの争いから始まる一連の事件は、
全て増税取り消しの陳情を取り下げさせるための軍の画策だと推測する。

街中で聞き込みを進める一行は、ルナリア自然公園の管理員を解雇されたという男性と出会う。
クロイツェン州からの命令で突然解雇され、代わりに若者4人が管理人になったことらしい。
しかも昨晩、その若者4人が木箱を抱えて走り去っていったのを見たという。

一行はルナリア自然公園へと向かうことに。

この日は主要クエストが存在せず、ストーリーはそのまま進められますね。
まぁ当然そんなことはしませんが(笑



・・・と、現在ここまで。

学院パートは基本的に絆イベントを主に進めるもので
各章のメインは実習先でのクエストやストーリーって感じですかね。
何だかんだでゲーム内容が今までの軌跡シリーズと全く同じだった(笑
リィンの性格がロイドみたいなので、所属とキャラが変わった零(碧)をプレイしている感覚。

先日も書いたボイスは、学院パートだとリィンのボイスだけ全くないという謎の仕様。
実習パートに入ってからは、ボイスのあるシーンはちゃんとリィンも喋ってます。
何故に学院パートだけ収録しなかったのかが謎で仕方がない。

戦闘は1章に入ってからいきなり雑魚の攻撃が痛い。
少しでも回復を怠っていると、簡単に瀕死まで持ってかれるんですけど。
今までこんなにダメージ大きかったっけ。
毎ターンHPが30%自動回復出来る、エリオットのエコーズビートが非常に便利。
逆に今後エリオットが参加できないタイミングが出てきたら、HP管理が大変かもしれない。

あとSクラフトが初期ではラウラしか使えないというのが、なんとも学生的で面白い。
確か空も零も初期から使えたはずなので。



Category: Vita 閃の軌跡

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks