2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

14日(月) チマチマとプレイ

 【14//2014】

サイコザクのレビュー終了。
ぶっ飛んだ機体でしたね(笑
ただ最近ジェネシックの撮影をしたので、あれに比べればスタンド撮影は楽なもんでした(笑

次のレビューはSD戦国アストレイで。



第3次Zの進行具合は下へ。
今日は1話分だけ。




第14話 光と闇の狭間

5月28日。
極東支部へ終結した各部隊。
宇宙では度重なる事件やマリーメイアの宣戦布告からなる、戦争の気運の高まり。
日本では警戒されていた使徒の出現。
以前遭遇した円盤の異星人は、ズールとは異なる魔王の配下ということが判明。
更にアストラギウスを源流とする宗教結社マーティアルの暗躍と、世界の火種は広がりつつあった。
それらに対抗するための独立部隊の結成を、レディは大統領に申請していた。

新しく合流したメンバーの話を聞くビビキ達。
第3新東京市は第三の世界から転移してきたらしい。
赤い海は位相のズレで、この世界の海とは混じっていないとのこと。
マーティアルとの戦いでは、フィアナがマーティアルに攫われてしまっていた。
ただフィアナの体調は悪く、マーティアルでの治療にキリコは賭けていた。
またC.C.もマーティアルには興味を抱いていた。

シンジ、レイ、トウジ、ケンスケ、ヒカリの5人は第2新東京市の中学校に転入となり
陣代高校のボランティア部へも加入する。
シンジのクラスの副担任はスクールカウンセラーでもある扇だった。
戦いたくないというシンジの気持ちを察した扇は、出来る限りのサポートをすると告げる。
そして陣代高校に通うことになったカレンを紹介する。
そこに2年4組に通うメンバーも合流し、密かにどこかへ通っているというヒビキを興味本位で追いかけることに。

ヒビキが訪れていたのは病院だった。
そこにはシンヤとミサコという、心が死んでしまった患者がいた。
突如2人が叫び出し、それに反応してヒビキの目も2人同様に赤くなる。
そして時空振動が発生する。
時空振動で出現したのは、コウモリ型のアンノウンだった。

3ターン目に味方増援。
カレンはヒビキのタッグユニットに。

SRポイントは4ターン味方フェイズ以内に10チーム以上壊滅。
ヒビキ以外の機体が戦える時間が短いのでかなりギリギリ。

10チーム減らしたところで、アンナロッタ率いる部隊が出現。
アンナロッタはHP8000で撤退するも、このぐらいならマキシマムブレイクで撃墜可能。

アンナロッタ撃墜でイベント。
撤退するアンナロッタを追いかけるヒビキだったが反撃を受け、カレンをそれを庇う。
するとヒビキがブーストアップ、ジェニオンがG.A.Iモードを起動し機体が変化。
圧倒的な力でアンナロッタを撃墜する。

この戦闘でアンナロッタが発したGという単語から、彼らをアンノウンG―UGと呼称することに。
ジェニオンが発動したシステムは、現時点では全くの不明だった。
ヒビキはスズネ達に、赤くなる目を呪われたと言い、自分の過去について語る。
再世戦争の終わり頃、ロッキー山脈で父と姉と暮らしていたが、時空振動に巻き込まれ2人が行方不明になったこと。
その時空振動の中で、天使のような存在を目撃したこと。
その存在を思い出すと、目が赤くなってしまうこと。
この世界に辿り着いた後、自分と同様の症状を持つ人間が居ることを知り、それがあの2人だったこと。
ヒビキは天使を直視しなかったことで、赤く変化するのは片目のみで、心も死ななかったと推測していた。
ヒビキが強くなりたいと力を求めていたのは、その天使に対する恐怖を克服するためだった。

ヒビキの話を聞き、また他のメンバーも様々なきっかけから戦いを始めたことを聞いたシンジは、
自分も強くなりたいと戦うことを決意する。
そこに、湾岸地区に次元振が発生したことが知らされる。



・・・と、現在ここまで。

分岐終了ということで、オリジナルの話でしたね。
今作の主人公機のパワーアップは、特殊モード発動による機体変化かな。
ただガンレオンとは違い、ちゃんとユニットとして変形しそうで良かったです。
これが正式に使えるになるのが楽しみ。

あとオリジナルの敵キャラも。
まぁ今のところは何が何やらサッパリですけど。

版権キャラのクロスオーバーは、かなり陣代高校を中心として行われてますね。
まさかの扇が中学校の担任(笑
CCに続いて、カレンも戦場復帰。

エヴァは果たしてどんな扱いになるのか。
Lの時みたいに、また「この世界ではこれで終わり」とかなんとなくで終わる?



Category: Vita 第3次Z~時獄篇~

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks