2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

25日(金) 言うほど動かないフルアクション

 【25//2014】

-拍手コメ返信-

アメイジングエクシアのリペアもプレバンでいいから出してくれたら嬉しいんですけどね。
HGでは未だに立体化されていないから難しいかな。



 
次のレビューはこちら。
ミニプラとは別の食玩トッキュウオー。
アクションを前面に押し出してますけど、部位によってはミニプラの方が良く動いたりも。



第3次Zの進行具合は下へ。
今日は1話分。




第50話 ephemera

10月11日。
何者かに導かれて一堂に会する宇宙魔王、ハーデス、ミカゲ。
人間の鍵を握るのは赤い彗星と呼ばれる男だと語る。
それをカヲルに見せた不動。

地球では、神話型アクエリオンの封印がとかれたことにより、
ヴェーガとアルテアのバランスが崩れ、異常気象が相次いでいた。
アルテアへと向かうことになったZ-BLUE。
アンディの次元隧道弾によって次元境界線を歪曲させ、
バサラとシュレードのメロディーをフォールドウェーブシステムに乗せて、
アルテアのランカとシェリルの歌と繋げることにより、アルテアへとフォールドをする。

アルテアに付いた一行。
MIXY率いる部隊が迎撃に出撃し、カグラも現れる。

SRポイントは、5ターン以内にカグラとMIXYをマップ兵器で同時撃墜。
両方ともアクエリオンを狙ってくるので、誘導は楽。

MIXY撃墜でイベント。
アンディがアクエリオンに乗り込み、MIXYを追いかける。
アンディがミクシィ・グニスに乗り移り、MIXYはMIXとしての記憶を取り戻す。

カグラ撃墜でイベント。
イズモが出撃し、母星総力戦砲でガグラを撃墜する。
ミカゲがイヅモの手助けをすると、大量のケルビム兵を投入。
更に1分ごとに20機ずつ投入していくと。
戦場にケルビム兵が100体投入されるまでにイズモを倒すことに。

イズモのHP60%ほどでイベント。
アイアンシーのエネルギーも残り少なく、新たな命も生まれないアルテアには未来が無いというイズモ。
シュレードは、イズモの心にある愛と悲しみ、使命感と後悔を指摘する。
ミカゲはそんなシュレードを死にぞこないと呼び、シュレードも自分の命の終わりを口にする。
そんなシュレードにバサラは運命に屈するのかと告げ、そこにランカとシェリルの歌が響く。
3人の歌に、シュレードは自分の未来の勝利は生きることだと悟り、生命のメロディーを紡ぎ出す。
カイエン、シュレードが乗り込んだアクエリオンスパーダは奏聖葬送曲を発動し、ミカゲを撃退する。

イズモの撃墜でクリア。
アマタは逃げたカグラを追い、その先でアリシアと再会する。
アリシアが自分を置いてアルテアへ渡ったのが、父イズモとアルテアを救うためだったと知らされる。
そして本当に憎かったのは、あの日見ていることしかできなった自分だと答える。
そこにイズモが現れるが、建物が崩壊しアリシアは命を落とす。
崩壊から免れたイズモは、アイアンシーが星の母なる力を吸収していたことが全ての原因だったと悟る。
そこにアリシアの声が響き、二つの世界の架け橋であるアマタに未来を託し、イズモは息を引き取る。

アマタはアクエリオンに戻るが、ミコノとゼシカの姿が消えていた。
2人の捜索はアルテアを知るMIXに任せることに。
そこに大気圏外に重力波の異常が感知され、グーラが現れる。
宇宙魔王が地球周辺に現れた影響が、アルテアにまで及んでいた。
グーラはZ-BLUEを決戦の場に連れてくと転移させる。

一方、ミカゲは約束と称して、ゼシカの体を乗っ取る。



・・・と、現在ここまで。

EVOLも間もなく終わりという感じですけど、シュレード普通に生き残りましたね。



Category: Vita 第3次Z~時獄篇~

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks