2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

1日(月) エクシアにアメイジング

 【01//2014】

ペルソナ5はPS4でも出るのか。
アクションRPGのドラクエも面白そう。
徐々にPS4対応タイトルが出てきたし、そろそろ購入を検討しないとですね。
だってPS4ならVitaで遊べるから。
PS4の高画質のグラフィックがどうたらなんてのはどうでもいいわけですよ(笑



 
劇中ではたった数秒しか出番の無かったアメイジングエクシア。
まぁダークマターとの違いはほぼカラーリングだけですし、出来は予想通り。
ただGNコンデンサーのグリーン化はバンザイ。

余談ですが、フロントアーマーの赤いパーツを上下逆さまに取り付けてました(苦笑
気付いた時には既に大量の写真を撮った後で手遅れ。



メダロット8の進行具合は下へ。




街へ戻った3人はチコリと遭遇。
彼女から、時計塔の文字盤の辺りには隠し部屋があるという情報を入手する。

時計塔へ戻り、メタビーに飛行パーツを装備させ文字盤を確認するソルト。
すると3と9の辺りに二つ扉がある事を確認。
最上階へ戻り隠し部屋を探していると、ジンジャーが戻ってくる。
予告状の21時15分とは、文字盤が一直線になり隠し部屋へ入れる時だと気付くソルト。
それを聞いたジンジャーは、エターナルシステムは本当は存在しないと言い、
後をエレミーに任せその場を離れる。

エレミーから時計塔の謎について聞かされる。
時計塔に電力を送っていた発電施設が地震で崩落し、
電力供給が無くなったにも関わらずこの時計塔は動き続けているという。
これが話題になれば街に活気が戻り、若者が帰ってくるかもしれないという考えで、
ジンジャーはエターナルシステムを開発したと嘘の発表をしたとのことだった。

ソルトはジンジャーに、嘘を希望にしてはいけないと真実を話す事よう諭す。
自分の付いた嘘に苦しみ続けていたジンジャーはその言葉に同意し、真実を話す事に。
それを聞いた住民は驚くも、電力無しで動く時計塔の謎は新しい観光名所になると活気づく。

予告状の時間の前になり、時計塔を守るため終結する一行。
しかしエレミーだけは、希望が大きいほど失った時の怒りは大きくなると暗い表情だった。
メタビーはエレミーがジンジャーの下に来た理由を聞く。
エレミーはメダルに電力をチャージする機能を持ったメダロットで、発電施設の調整係をしていたらしい。
しかし崩落で一人生き残ってしまい、途方に暮れていた所をジンジャーに拾われたという。

最上階へ向かうと、そこにロボロボ団のクレソンとタイサンが現れる。
タイサンとのロボトルに勝利すると、ジルとカイエンが現れる。
カイエンとロボトルをする3人だったが、
カイテンは対戦相手の中心にいる人間の心が見えるという力を持ち、手も足も出ず敗北してしまう。
ロボロボ団は市民が取り押さえ、一行はジル達を追って調整室へ。

調整室へと辿り着いた一行だったが、既に時計は停止し、ジルはゼンマイを手にしていた。
しかしジンジャーによると、あのゼンマイは鐘を鳴らす為の物のはずだという。
ジル達を追いかけた3人は再びカイエンとロボトルをすることに。
セージが何か考えがあると言い、セージが中心となってロボトル開始。

ストーリー的にはセージ中心ですが、実際には通常のロボトルと同様。
ただカイエンのパーティーがなんとも厄介で
トラップメダロット、トラップを一瞬で最大レベルにするメダロット、レッドマタドールという最悪の構成。
トラップを解除するパーツもないので非常に苦戦、というか一回負けましたよね(苦笑
ロードしてやり直して、今度は初めから分かっているリーダーを集中狙いでなんとか攻略。

セージの作戦は単純で、普段特に何も考えていない自分なら心を読まれないというものだった。
ゼンマイを取り戻すも、ジルとカイエンには逃げられてしまう。

ゼンマイを戻すが、やはり時計塔は動かなかった。
希望を失ったことに憤慨し、ソルト達に襲いかかる老人達。
全員のメダロットを退けると、時計が再び動き出す。
最上階へ戻ってみると、エレミーが自らを時計塔に組み込み、
メダルにチャージされた電力で時計塔を動かしていた。
エレミーは電力が尽きるまでに新しい希望を見出してほしいと、ジンジャーの為に命を投げ出す。

エレミーの行動が理解不能だというメタビーに、いつか分かるようになると告げるソルト。
そんな2人のやり取りを見たジンジャーは、エレミーの犠牲を無駄にはしないと元気を取り戻す。



第四章 砂の雫

ある朝、目覚めたソルトは、夜中にアニスから連絡が来ていた事に気付く。
しかし電話をしてみるも繋がらなかった。
そこにローレルから事務所に来るよう連絡が入る。

事務所へ向かうと、予告状ではなく脅迫状が来ている事を知らされる。
「蟻んこに告ぐ。夜までに雑草の雫を持ってこい。蟻地獄より」
同封された写真には、捕えられたアニスが写っていた。

更にセレクト隊のエリカが現れ、ジルからの予告状が来た事を告げる。
「砂漠の街で万人の心にしみわたる雫をいただく」
エリカはセレクト隊だけでジルを捕まえられると、傲岸不遜な態度で事務所を出ていく。
エリカは欧州ロボトル大会のジュニアチャンピオンらしく、あの態度もその自信から来るものだった。

脅迫状と予告状のどちらを優先するか問われたソルトは、アニスを救うべく脅迫状を優先する事に。
蟻地獄という言葉から、砂の街サンドビレッジに手掛かりを求める事に。

サンドビレッジで情報収集をする中、チコリと遭遇。
チコリは落としたスマホをのら猫に盗まれて困っていた。
その後、芸術劇場にてスマホを持つルージュカッツェを発見。
ロボトルでスマホを取り返し、チコリへと渡す。

聞き込みの結果、砂漠に蟻地獄の洞窟と言う場所がある事を知り向かう事に。
洞窟の奥でアニスを連れ去ったクレソンとタイサンを発見。
タイサンとのロボトルに勝利するも、アニスを人質に取られている以上、引き下がらざるを得なかった。



・・・と、現在ここまで。

一章にかかる時間は地味に増えてきました。
まぁ三章に時間がかかったのは、時計塔で迷った事が大きいわけですが(笑

一章に一エリアずつだとすると、これ六章で終わりってことなんですかね。
それとも最終章でもう一つどこかが増えるとか。


Category: 3DS メダロット8

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks