2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

8日(月) サクサクッとクリア

 【08//2014】

-拍手コメ返信-

ダン戦はアニメ機体以外になってから思い切りのいいデザインばかりになりましたね。
自分としても大好物です。



ドロレスのレビュー終了。
何故か分からないけど、ロボ娘って好きですね(笑

次のレビューはフェネクスで。



メダロット8の進行具合は下へ。
急がなきゃという思いで優先度高めでプレイしていたら、もう終わっちゃいました。




第七章 極氷樹

オーロラフォールの酒場で情報収集をしていると、ローレルのサインを発見する。
ソルトは父親がローレルの前年の大会優勝者であることをメタビーに話す。
メタビーは父親が死んだ理由を聞こうとすると、そこにローレルがやってくる。

その後、ジルと合流。
ジルは前に盗んだヨモギ博士の羽ペンに隠されたメモリーカードから
黒いメダルのことや、博士がメダルを平和利用しようとしていた事を知った事を明かす。
黒いメダルの力があれば、地球上のあらゆる問題を解決する事も出来るという。
未だアニスとセージはジルとの協力に反発していたが、
ソルトはジルは怪盗だが悪党ではないと、先のロボトルから感じ取っていた。
ローレルもまたジルは常にフェアな勝負をしていたと言い、
おかげでソルトたちは見違えるほど成長したと告げ、それを聞いたジルは口を閉ざす。

永久凍土にあるという洞窟をジルが捜す間、極氷樹の管理をしているというハッカに会いに行く事に。
ハッカに事情を話し極氷樹を安全な場所に移すことを提案するも、彼は聞く耳を持たなかった。

永久凍土の奥へ向かってみると、ジルは洞窟の発見にてこずっていた。
再びハッカの家に戻ると、ハッカの娘のミントと遭遇。
ミントは外の世界に興味津々だったが、ハッカからそれを咎められる。
そこに街にロボロボ団が現れたとの報せが入る。

街に戻り、タイサンの巨大メダロットGワイバーンとロボトル。
ロボトルに勝利するも、クレソン達は一足先にその場を離れていた。
ハッカの家に戻ると、ハッカが倒れており、洞窟の場所を知るミントが連れ去られた事を知る。
洞窟へ向かう道中、ハッカが頑なに極氷樹を守ろうとする理由を聞かされる。
かつてこの一帯は極氷樹に覆われていたが、環境の変化で現存するのは1本になってしまったらしい。
いつか昔の素晴らしい景色を取り戻す事を願い、最後の1本を守っているとのこと。

洞窟の入り口にてロボロボ団のメダロットと遭遇。
ロボトルに勝利するも、振動で発生したクレバスにソルトとメタビーが落ちてしまう。
無事だったソルトは、洞窟内でアニス達と合流する事に。

道中、改めてメタビーはソルトの父親の死んだ理由を聞く。
近くの銀行で起きた強盗事件において、
爆弾として使われたメダロット達を救おうとして命を落としたらしい。
父親の最後の言葉である、メダロットは友達という言葉を胸に、
メダロットを悪事に利用する人間と戦う為に、メダロット探偵を目指したと語る。

最深部にてアニス達と合流、その先でロボロボ団とミントを発見。
ミントは極氷樹さえ無くなれば自由になれるとそそのかされ、自らここまで案内していた。
勝ち抜きロボトル後、巨大メダロットを呼び出すタイサン。
その影響でクレバスが発生し、落ちそうになったミントをハッカが救う。
しかし極氷樹はクレソン達に奪われてしまった。

ジルが機転を利かして取り付けた発信機を元に追いかけるも、
既に黒いメダルは修復され、アサドアラークが復活してしまう。
復活したアサドアラークは近付くクレソンをも攻撃し、人間の集中するペッパータウンへと飛んでいく。



第八章 アサドアラークの呪い

セレクト隊の奮戦も虚しく、アサドアラークによって街は壊滅状態に陥っていた。
このままではアサドアラークには勝てないと、ローレルとジルは情報収集にあたることに、
その間に母親を心配して家へ戻ったソルト。
そこにアサドアラークが現れ、覚悟を決めたソルトはロボトルを挑む。
しかしアサドアラークはメタビーを一蹴し、メダルをも破壊しようとする。
ソルトはメタビーを庇うが、更に2人を庇った母親がアサドアラークの攻撃を受けてしまう。

母親の体は謎の黒いオーラに包まれ、昏睡状態のまま衰弱を続けていた。
落ち込みその場を動けないソルトに代わり、メタビーは自ら治療方法を求める。
病院を出た後、メタビーは事情をチコリに話す。

美術館の館長からは、かつての暴走事件の時に似たような症状で何人も命を落とした事を聞く。
ユーカとモングからは薬草、ジンジャーから民間療法を聞くが、どれも効果は無かった。
ミントからは、溶けるときに願いがかなうと言われる貴重な極氷花を受け取る。

治療方法が見つからないまま、アニスとセージが合流。
そこにチコリが現れ、メダル型の黒水晶の情報がもたらされる。
山間部で採掘され、精密機械に用いられるとのことから、手掛かりを求めてクロックタウンへ。
ジンジャーに事情を話すと、市長から黒水晶を渡される。

黒水晶が黒いオーラを吸収し、意識を取り戻すソルトの母。
母親にメダロット探偵になった理由を問われ、
メダロットに悪い事はさせたくないという決意を新たにするソルト。
黒水晶の効力は一時的で、再び母親は黒いオーラで意識を失ってしまう。
そこにローレルから連絡が入り、黒いオーラとアサドアラークに関する情報を得た事が知らされる。

探偵事務所へ戻ると、捕えられたクレソンとタイサンの姿があった。
クレソンから、黒いオーラは黒いメダルを破壊しなければ取り除けないことを聞かされる。
立ち直ったソルトは、アサドアラークを倒す事を決意する。

再び街の外れに出現したアサドアラーク。
ローレルは黒水晶の欠片を受け取り、アサドアラークへ勝負を挑む。
敗北はするも、黒水晶の力なら一時的にもアサドアラークを守るオーラを消せる事を証明する。
黒水晶をメダリアとして装着し、アサドアラークへ挑むソルト。

黒いオーラを打ち消すも、劣勢のソルト。
アサドアラークは、ソルトが他人の為に戦うという理由に興味を持ち、
より大勢の人間が危険にさらされれば、更なる力を発揮できるのかと告げ、
黒いメダルと世界を掛けたロボトル大会ロボトルウォーズの開催を宣言する。

アサドアラークの攻撃を何度も受けたメタビーは、自己修復機能に変調をきたしていた。



最終章 ロボトルウォーズ

アサドアラークを打ち倒すべく、コロシアムに集まった猛者達。
メタビーはなんとか元通りに回復し、ソルト達もエントリーをする。

1回戦は、前ロボトル大会の決勝戦を戦ったというガラムとマサラのコンビ。
ロボトル後、メタビーのボディが石化を始めている事を知る。

2回戦は、オレガノとエリカ。
メタビーの石化は徐々に進行していた。
それでもあと2戦は戦えるというメタビーを信じるソルト。

3回戦は、ローレル。
ローレルは大事な教え子に危険な戦いをさせるわけにはいかないと、全力で立ちふさがる。
ソルトともまた、憧れのローレルに危険な戦いはさせまいと、全力で答える。

3回戦第2試合にて、アサドアラークと激突するジル。
ジルはガード戦法にてアサドアラークのメダフォースを引き出し、完全に黒いオーラを消し去る。
しかしアサドアラークの猛攻を受け敗北。
衝撃で仮面が割れ、ジルの正体がマリーだったことが判明する。
アサドアラークの攻撃を受けたマリーは、黒いオーラに包まれ意識を失う。
直前、仕事ばかりのローレルに自分を見て欲しくて、ライバルである怪盗になったことを明かす。

決勝戦。
激戦の末、アサドアラークを打ち破るソルト。
その戦いでアサドアラークは自分の中のメダロットとしての本能に目覚め、ロボトルの楽しさを知る。
そして純粋にもう一度ロボトルがしたいとソルトに願い出る。
ソルトはそれを快諾し、再戦。
再び敗れたアサドアラークは満足し、約束通り自分のメダルを差し出そうとする。
しかしソルトは、アサドアラークの今の望みを問う。
アサドアラークはもっとロボトルがしたいと答え、ソルトはメダルを破壊しない事に決める。
アサドアラークはソルトの甘さを指摘するが、メタビーはこの甘さこそが人間だと告げる。
メタビーの答えに納得するも、約束は約束だと自らメダルを破壊するアサドアラーク。
事件は終結したかに見えたが、黒いメダルの破壊衝動が巨大メダロットとして具現化する。

巨大メダロットは打ち破るが、メタビーのボディは完全に石化してしまう。
その時、メタビーの持っていた極氷樹が溶け、ソルトとメタビーの願いが叶いメタビーの石化も解ける。



という訳で、ストーリークリアーです。

ダンジョンがあったのは七章までで、
八章はまともなロボトルも無し(最後のアサドアラーク戦はほぼイベント)、
九章はコロシアムから出ることも出来ないので、大会を勝ち抜くしかないという感じ。

ラスボスのアサドアラークは緊迫の三連戦。
前2戦の攻略の鍵は、いかにアサドアラークのチャージ値を削るかってことに尽きますね。
ゲーム内のメモにその旨が記載されていたので、考えやすかったです(笑
幸いチャージ値にダメージを与えるパーツを持っていたので、それでひたすら攻撃。
チャージ値さえ削れば、怖いゴースト攻撃もダメージ100で抑え切れるので安心。

ただアサドアラークが楽だったのは、ちょうど手元にチャージ値を削る攻撃があったから。
もしもこれが無かったら、黒水晶を付けたメダロットのコンボ攻撃で削るとかになるのかな。

ラストはお馴染の巨大メダロット戦。
いきなりデストロイが飛んできてシールド破壊されたのは焦った。
ただ運が良く一度しか飛んでこなかったので、二発目が来る前に中央を削り切って勝利。

ところで世界を滅ぼせるほどのアサドアラークの攻撃をモロに受けて、
母親とマリーは何故生きていたのだろう(笑
黒いオーラ攻撃は人間の肉体の方にはさほどダメージが無いとか?

エンディングはアニスとイチャイチャで終わりました。
マルチエンディングという話も見たので、特に他のキャラの好感度を上げなかったバージョンでしょうか。

クリア後は自由に戦えるようなった色んな人とのロボトルとか、コロシアムでの大会しかないっぽい?
あぁでも今作はDLCでのクリア後イベントってパターンも有り得るのか。

しかしプレイ時間にして20時間と、かなり短かった印象。
ゲームバランスは非常にサクサクサクサク進む感じでした。
ダンジョンで迷う事が結構ありましたけど、
今作はランダムエンカウントはノーコスト100%逃亡できるので、さほどイライラすることも無く。
ボス戦で唯一敗北したのは三章のカイエン戦。
あとは運の要素もあって、比較的すんなり勝てました。
ラスボスのアサドアラークも、ちょうど対処が楽になるパーツを回収してましたし。
今作はデストロイが脅威ですが、ストーリー上のロボトルは優秀なガード戦法でほぼ乗り切れる。


Category: 3DS メダロット8

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks