2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

5日(木) 最悪の20周年

 【05//2015】

-拍手コメ返信-

全国大会という場面に、コミカルなオバケネタを持ってくるとは思いませんでした(笑
冒頭のラブコメ部分は見事に遊んでましたねぇ。



ペルソナ5、ゲーム中の等身が上がってるし、色々とオシャレになってる(笑
マスコットキャラのパーティーメンバーも健在?
ベースが学園物って所は変わらなさそうですね。
今回はVitaでも遊べるんだから、本当にPS4のリモートプレイ様様だ。



GE2RBの体験版をプレイ。
なんか全体的に情報量が多くなった印象を受けた。
リザルド画面の詳細がやたらと細かく。
逆に武器の属性値は、従来の数値表示ではなく物凄いザックリした感じに。
これは同じ◎でも内部データでは違いがあるのか、それとも本当に◎は全て同じ扱いなのか。

戦闘中ではダメージが数値として表示可能という、アクションRPGみたいな感じに。
今まで見ていたヒットエフェクトと実際のダメージでは想像以上に開きがあってビックリ。
ヒットエフェクトは出ているのに、数値では1桁や最悪0ダメージな部位とかマジすか。
今まではスルーだった属性エフェクトもようやく出るようになり、戦闘画面が派手に。

新システムのブラッドレイジは事前の準備が面倒。
戦闘中に設定を行った上で30秒の時間制限とクソ忙しいんですけど。
ダメージとかヒット数とかの条件はともかく、あの忙しさで結合崩壊はちょっとキツイ。

新武器のヴァリアントサイズは面白いけど、やっぱり自分はショートブレードでいいや(笑

最後はグラフィック。
手元にはPS4もあるので、PS4、PS4リモート、Vitaと全て確認してみました。
結論から言うと、まんまPS4>PS4リモート>Vitaという感じ。
まぁPS4が良いのは当たり前として、Vita版は画面がシャープ過ぎる印象を受けた。
PS4(リモート)画面を見た後にVita画面を見ると、淵とか物凄いギザギザ。
あとPS4とVitaで全く別物なのは、アラガミの描写。
ムービーシーンを見比べたら、PS4(リモート)の方が質感が圧倒的に上。
リモートプレイでも不具合は特に感じませんし、これならVitaでプレイする事を考えてもPS4版の方がお得かな。

ただPS4でプレイする事に関して気に入らない点があって、
オペレーターの声がコントローラー出力で、それを画面出力にする設定項目が見当たらないんですが。
手元から声出されるとスゴイ鬱陶しい。
GTA5ではその設定があったし、PS4ゲームには絶対存在する設定項目だと思ってた。

ゼスティリアも終わりましたし、これで2月26日のゲームが買えるようになりました。
あとはドラクエかゴッドイーターかという選択のみ。
完全新規という点ではドラクエに分があるけど、安定感という点ではゴッドイーターが固い。
つい最近完全新規の劣悪品を掴まされてしまっただけに、もう一度賭けに出るべきか否か。
もういっそ2つ買うか(笑



発売から2週間、怒涛の勢いでゼスティリアをクリア。
予定通りここらで感想なんかを書いてみようかなと。
あらかじめ言っておきますが、恐らくこのブログ史上最も叩きまくってます。
だって褒められる所がほとんど無いんだもん仕方ないじゃない(笑




クリア時間は42時間ほど。
クリア前のダンジョン探索や、ロゼとの会話で確認できるサブイベントは大体終わらせた上での時間。
今回は発売から2週間と脅威のスピードでクリアしたわけですが、
別に熱中していた訳ではなく、やる気が失せる前にとっととエンディングまで辿り着きたかっただけです(苦笑

ストーリーは一言でいうと、ろくに印象に残っていないとしか(苦笑
年末のアニメでも見た旅立ち~ミクリオの神衣化が最高の盛り上がりだった。
あの頃は「王道ファンタジー」という感じでワクワクしたものです。
エドナ以降は仲間になる演出もさほど盛り上がらずなんとも・・・。
ミクリオでワクワクした神器の件も、エドナとデゼルは初めから持ってて何じゃそりゃと。
エンディング内容とそこに至るまでの決意もあっさりしすぎ。
グジグジしてたけど、同じ周年作品のアビスのルークはもっと悩む期間があったのになぁ。

ストーリーというかパーティーの判断基準が「穢れ」一拓というのも終始違和感があった。
暗殺者のロゼを「穢れていない」というだけですんなり受け入れるとか、さすがに置いてけぼりすぎる。
「この人の穢れは払えない」→「じゃあ殺すしかないザクッ」という展開も多かった。
まぁロゼが殺した人間は、本当にどうしようもない連中が多かったのは確かですけど。

エドナとデゼルの背負っている物の顛末もなんだかね・・・。
エドナが仲間になる時にアイゼンを救う方法を見つけるとかスレイが宣言しておきながら
本編でそんな話は全く無く、気づいたらエンディング間近で「サブイベントで」殺す事になった。
デゼルはいきなり復讐は自分の記憶違いだった的な展開から急に死んじゃって、こっちはどうしたらいいの。

アイゼンと言えば、発売前からドラゴンは重要なファクターみたいなこと言ってなかった?
本編で戦う本格的なドラゴンって1体だったじゃん。
八天竜の伝説とかいうのは何だったの?
まぁドラゴン戦はゲーム中でも屈指の鬱陶しさだったから、このシステムで沢山出てこられても困るけど?

そんで最大の問題は、やはり大炎上したアリーシャの扱いだろうなと。
アリーシャを正ヒロインのような宣伝をしなければ、怒るのは一部で済んだんだろうけど、
全てのメディアでアリーシャを押し出しておきながら、本編でのあの扱いはそりゃないだろうと。
それも離脱するキッカケと、後釜に入ったロゼの能力の対比が
見事に「生まれつき持ってない奴ではどうしようもない」みたいな感じだし。
離れる時のアリーシャの表情が今でも心苦しい。

ああでもここまでマイナスなことを書いていますが、キャラそのものは嫌いでは無かったです。
スレイも最近のテイルズらしい落ち着いている系の主人公ですし、
主人公のやることなすこと大賛成ストーリーではなく、
スレイが暴走しかけると周りがちゃんと止め、スレイもそれを素直に聞き入れる場面も多かったので。
パーティーメンバーの関係性はかなり良かったと思います。
ほとんどのメンバーが成熟しちゃってるので、ストーリーの中で成長するみたいなのはあまり見られませんでしたが。

ストーリーに印象が残らないのは、敵の描写が弱過ぎるってこともあるかな。
物語中で敵対する人間や天族もそれなりにいましたけど、どれも交流や掘り下げが無さ過ぎて。
基本的に勝手に因縁つけられて襲われて返り討ちみたいな。
サイモンとかもああなった経緯の説明が無いから、依存心の強いイカレた露出女という印象でしかない。
肝心のラスボスのヘルダルフも、邂逅する度に存在感が薄れてくという。
2度目の邂逅とか、普通の草原フィールドでの戦いだったし(笑
当初から災禍の顕主なんて仰々しい形でラスボスが示唆されてたから、余計に尻すぼみ感が・・・。
それなら「王道ファンタジー」らしく、ドラクエの魔王みたいなのでも用意してくれた方がよほど盛り上がる。
五大神なんて仰々しい存在も示唆されたけど、ヘルダルフにくっ付いてたマオテラスは会話すらなかったな。

あと描写として違和感が残っているのは天族。
ミクリオはスレイと同じ時間で幼年期から育ったのに、何百年も生きているっぽいエドナは割と少女なまま。
でも天族にはオジサンやお爺さんなんかもいて、あの種族の時間と成長の関係どうなってんの?
オジサンは何千年、お爺さんは何万年とか生きてんの?

世界観でもう1つ訳わからないのは導師の存在。
導師は伝承になるほど長いこと現れていないみたいな世界観だと思ってたら、
実際は20年ぐらい前には先代導師がいたっていうじゃないの。
ライラも気の遠くなるほど長く次の導師を待っていたのかと思いきや、まさかの10年程度っていう。

ストーリー、世界観、キャラについて書いているとキリが無さそうなのでこんなもんで。



テイルズの最も肝である戦闘。
兎にも角にも制約が多すぎてまともに楽しめなかった。
従来なら拡張性のある連携数も、ほとんどの場面で4連携しかできない。
エクシードは存在するものの発動させるのは容易ではないし、それでも1連携。
敵の耐性が多過ぎるくせに弱点は少なく、まともにダメージを与える為にはこれまた自由度が狭い。
一番鬱陶しいのは三すくみで、術と奥義の関係性がイライラしっぱなしだった。
奥義では詠唱を止められないばかりか、更に加速させてしまうという腐れシステム。
連携の自由度の無さと相まって非常に戦いにくいし、術の威力がアホみたいに高いのが厄介。
しかも今作は一度のエンカウントで出てくる敵が多く、術モンスター×6とか全滅しかける。

それでも雑魚戦なら、弱点を付きやすい敵なら楽しかったんですよ。
本当に最悪なのはボスを含めた強敵戦と、神衣システム。
神衣は能力が大幅に上がる代わりに、通常時よりも自由度が無い。
連携数が更に減って3つな上に、使えるのも奥義と術のみ。
奥義は3×3の9個しかなく、まともな性能なのが限られるから、基本的に使う技は固定。
モーションは重たいし、SC消費も多いから連携もすぐに途切れる。
今作は連携が途切れると敵が少しの間無敵状態になるから、イライラさせられっぱなし。
三すくみのせいで神衣状態では詠唱を止められずボコスカ喰らうこともざら。
神衣中は攻撃以外全てにBGを消費するのも鬱陶しいし、BG消費するくせに回復術は話にならないほど酷い。

ボスの能力は神衣で戦う事を前提に作られているから、神衣状態で無いと瞬殺される。
2、3ヒットで死ぬ攻撃も珍しくなく、一度もやり応えのあるボス戦など存在しなかった。
自キャラはまだガードやステップである程度は対応できるものの、NPCは馬鹿すぎて死に過ぎる。
敵が直線軌道の攻撃を放とうとしているのに、ガードもステップもせずに死んだ時はキレそうだった。
戦闘不能者が出ると、リザルト画面でグレードが異常なほど下げられるのもストレスに拍車をかける。

途中から嫌気がさして、遠距離から高威力の攻撃が出来るミクリオの神衣でチマチマと削るという戦法一拓。
ロゼは完全に盾役で、アイテムで回復させたり蘇生されてたりとボロ雑巾の如き扱いですよ(苦笑
ラストバトルとか最凶にクソつまらん鬱陶しいのですけど。
詠唱が止められず全滅喰らって馬鹿馬鹿しくなったので、もう難易度落としてサクッと終わらせました。

術技に関してですと、技のバリエーションが少ない上に、奥義にモーションが使いにくい物が多過ぎる。
攻撃前に連携を途切れさせようとする無駄なモーションの入る攻撃っていらんでしょ。
それと種族対応が悪過ぎて余計に戦いに自由度が無い。
スレイ操作だと甲殻、不定形、妖魔あたりが出てくると本当に鬱だった。
人と不明という、対応技の無い敵の種族があるのもマジ何なん?
耐性はあるのに弱点の無い敵とかそれで強さ誇示させたいの?
このゲームのシステムでそんなことしたら最悪なの分からないの?

戦闘システム全体でいうと、フィールドエンカウントのカメラワークの酷さは信じられなかった。
「今作はシームレスで戦闘に入れるんです!」とか嬉々として発表しておきながら
そこにこんな欠陥があるとか・・・あー最早言葉も出てこない(苦笑

戦闘もグダグダと書いているとキリがないのでこれぐらいで。



システム面で特に気になったのも幾つか。
まず装備品のスキル。
スキルの組み合わせシステムは作りこまれているとは思うんですが、複雑すぎてやる気が微塵も起きない。
スキルの取得が運の要素が高すぎるし、
装備品の強化は同名装備の合成しかないから、同じ装備を必死に集めないとどうしようもない。
それが1キャラ5項目×メンバー数と考えたら気が遠くなる。
まさに「考えた自分スゴイでしょ?」という、典型的な開発者の自己満足システム。
こんなゲームに誰がそんなやり込みたくなるかっつーの。

あとセーブポイント間のワープシステム。
何故ワープするのにあんな高額のガルドを支払わなければいけないのか。
しかも定額ならまだしも、所持ガルドに対する割合でどんどん高騰していく意味不明システム。
1本道な中盤あたりまでならともかく、それ以後はあっちこっち行く羽目になるのに、
移動するたびに所持金がどんどん飛んでいく。
金が減るのが嫌なら歩けという延命目的なら、この馬鹿どもは二度とゲームを作るな。

ボイス音量も引っかかった。
ライラとロゼの声が特によく通るのでそっちに音量を合わせてたんですが、
そうするとボソボソ喋るエドナとザビーダの声がほとんど聞こえやしない(苦笑
もっと平等に調整するか、キャラごとの音量を調節する機能でもつけてくれませんかね?



もう批判を書きだしたらキリがない(苦笑

叩きっぱなしというのも何なので、良かったと思う点も少しながら触れておきます。
まずグラフィックはかなりキレイだったと思うんですよね。
キャラのアップになる場面も多かったけど、PS3の限界まで頑張ってますみたいな感じだった。

エクシリアのダンジョンがクソつまらなかったので、
今作は煩雑にならない程度にやることがあったのもゲーム的で良かった。
水の神殿は「い゛ー!!!」となったけど(笑

個人的にBGMに対する造詣は浅いんですが、グレイブガンド盆地とか壮大感あって好きでした。



ゼスティリアって発表から発売まで1年以上の時間がありましたよね。
当然開発はもっと前から進んでるはずですよね。
20周年作品だとか鼻息荒く意気込んでましたよね。
ゲームの中に完成された物がほとんど感じられなかったんですが。
ストーリーは自分たちが打ち立てたコンセプトすら全く消化できていないし、システムに至っては開発者のエゴの塊。
マジでそんなに長い時間かけて何やってたのコイツ等?
テストプレイをやる時間だけでも相当あったはずだよね?
やってないの?やった人間がイエスマンの信者だったの?真っ当な意見を聞く耳も無かったの?

あまりにも時間をかけ過ぎる作品はコケる可能性が高いんですけど、
それでもテイルズならとりあえず楽しめるだろうと期待していたのに。
いやそれにしても今作は酷過ぎた。
エクシリアは完璧とまでは言わなくても、肝心の戦闘に爽快感あったんですよね。
戦闘の楽しくないテイルズが如何に終わっているかを身に染みて実感しました。

ここまで大炎上して、果たして次回作はどうなることやら。



Category: 雑記

Comments (3) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Comments

ヴェスペリア、グレイセスと面白く続き(一回完全版商法には目をつぶって)エクシリアで落とされて2で少しはましになったかな…と思っていたのですが…。
シンフォニアをリメイクではなくただの移植、ソシャゲゲームだけで3本くらいありましたし、
色々信用を無くす要素が多い上でのこの評価は信用します。
そしてDLC。
結構ワクワクしてたんですが、昨今のゲームは本当に色々裏切られますね…。

Posted at 01:38:24 2015/02/06 by 天

Comments

アリーシャ完全離脱の情報を聞いてやる気をなくして放置していましたが最近またやりはじめてとっととクリアしようと思っています。

この作品のピークはライラ登場のところまでだと自分は思っています、ロゼが加入してから明らかにシナリオライターが変わったとしか思えない改変ぶりではっきり言って苦痛しかないです。
そしてなにより戦闘が本当に面倒くさいです、パーティメンバーが2名固定な上に弱点属性の関係で思ったよりもダメージが与えられいばかりか敵は致死ダメージを与えてくるのは本当に困りどころです。

そしてたった二週間足らずでDLCアリーシャ追加ストーリの配信決定・・・これを聞いたとき心底呆れました、未完成のゲームを買わされたあげくそこまでユーザーから金を巻き上げたいのかと。
課金商法を否定はしませんけどこれはさすがに搾取するためとしか思えませんでしたよ。

Posted at 17:19:17 2015/02/06 by うかつ者

Comments

>天様

完全版を出そうが、ソシャゲを出そうが、DLCで小金稼ぎしようが、そこで儲けたお金で肝心要のマザータイトルをしっかり作ってくれれば個人的には何も文句は無いのですがね。
やる事もやらないで、コイツ等は何を余計な物ばかりに目を向けているんだと本当に腹が立ちます。

>うかつ者様

ライラの加入辺りという、本当に序盤も序盤で盛り上がりどころは終わってしまいましたね(苦笑
ストーリーの微妙さに加え、テイルズの肝である戦闘が苦痛以外の何物ではないとなってはゲームとして完全に終わってました。
ゲーム本編もまともに作ろうとせず、挙句の果てにこの腐敗しきったDLC。
本作の開発を主導した連中はもうゲーム業界から追放処分をしてほしい気分です。

Posted at 23:23:31 2015/02/06 by aki

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks