2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

21日(火) フルメタ終了

 【21//2015】

ここに来てキバーラ、それも一般販売とは一体。
TVに登場して出番も多いマリカさんがプレバンな事を考えると謎。
そろそろ通常のキバでも出るのかな。
まぁ作品的にはディケイドだけど。

最新にしては股関節が昔のタイプに戻ってますね。
エンペラーフォームがそのタイプだったから?
フィギュアーツの股関節は一長一短だから難しい所。
ベストなのは響鬼だと思うんですが、あれは響鬼ならではで真骨彫だしなぁ。



天獄篇の進行状況は下へ。
昨日の続きで1話のみ。




第41話 ずっと、スタンド・バイ・ミー

部隊を結集し、第3新東京市跡地へと向かうZ-BLUE。

2ターン目にイベント。
第9と第10の使徒が出現する。
カヲルはこの場所が原因と結果が混濁している空間だとし、
どこかの過去からセントラルドグマを目指し出現したものだと定義する。

SRポイントは、一度の攻撃でどちらかの使徒を撃墜。
HPの低い第9の使徒が59500。
タクティカルコンボMAX+熱血がけの真ゲッターの合体攻撃(5段改造)のマキシマムブレイクで、
真ゲッターの攻撃だけで5万以上叩き出したので、サブの攻撃も合わせれば余裕を持って撃墜。

使徒2体の撃墜でイベント。
残った方の使徒が13号機に取りつく。
カヲルはこのまま死んでしまえば、苦しみから逃れられるとシンジに問いかける。
一同は過去は変えられないが未来は変えられると呼び掛け、
シンジは自分の運命から逃げないと決意する。
それに呼応するように槍が出現し、その槍で使徒を撃破する。
レナードは槍と時空振動弾とかなめで時空修復を行おうとしていた。

レナードは時空修復の際に放出されるイオタ波で、人口の80%は死に絶えると告げる。
無理やりな時空修復を行うためには、抵抗する生命の力を極力削る必要があるのだと。
使徒との戦いで消耗したZ-BLUEを殲滅しようと、レナードは大量のヘベモスを出撃させるが、
レーバテインに搭載された妖精の羽で全機が自壊。
宗介はかなめの意識を覚醒させるため、ありったけの罵声を叫ぶ。
レナードはアイザイアン・ボーン・ボウで妖精の羽を破壊し、ベリアルで一行の前に立ちはだかる。

レナードのHPを減らすとイベント。
それぞれに変えたい過去を持つZ-BLUEの心を揺さぶろうとするレナード。
続けて時空修復で人口が減る事にはメリットもあると告げる。
Z-BLUEのような精神力の強い者なら生き残れるとし、
壊滅状態となった新地球皇国から地球を奪い返せばいいと言う。
むしろ弱い人間では、待ち受ける絶望の未来には抗えないと。
そこにズール、宇宙魔王、ハーデス、ミカゲと高次元生命体たちが現れる。
彼等は人の身で神の力を行使しようとするレナードを見物に来たという。
アドヴェントもまた、彼らとは別の目的でレナードのやる事を見届けに現れる。
アドヴェントは自分はいつまでもヒビキ達の味方だと告げ、それぞれに戦場から去っていく。

レナードの撃墜でクリア。

宗介はレナードが母親にされた事を知っているという、テッサの言葉を伝える。
レナードは動揺するが、そこでかなめによる世界の変容が始まる。
その最中、宗介の言葉でかなめの意識が覚醒し、ソフィアと対峙。
時空修復を否定するかなめだったが、ソフィアは戦場の様子を見せる。
戦場ではベリアルの攻撃がレーバテインのコクピットを貫いていた。
宗介が死んだと思い絶望するかなめだったが、それでもこの世界で生きていくことを決意する。

キリコから託された戦術で脱出していた宗介は、アーマーマグナムでベリアルを破壊。
レナードは自分の敗北を認めるも、時空振動弾の自爆スイッチを作動させる。
カリーニンがレナードを射殺し、かなめに再会の約束をし、宗介はカリーニンを追いかける。
Z-BLUEは陸戦部隊を送り込み、負傷者の救出をし撤退。

カリーニンと1対1の戦いを繰り広げる宗介だったが、
陸戦部隊によりカリーニンは既に致命傷を追っていた。
自分に止めをさそうとしない宗介を優しい子だといい、
時空修復を望んだ理由が、妻と子が医療事故で死んだ世界をやり直す事だったと明かす。
そして「イキナサイ」という言葉を伝え息絶える。

コクピットを破壊されラムダ・ドライバも発動できず、戦場に立ち尽くす宗介とアル。
そこにAGからメッセージが届き、中にはクラスメイト達の映像が記録されていた。
生きたいと涙する宗介。
突如アルが自分は機械か人間かと問いかけ、
宗介は自分で決めるのが人間だと答えると、アルは一人でやってみるとラムダ・ドライバを作動させる。

一行の元に帰還する宗介。
アルが作動させたラムダ・ドライバに、
AGがZクリスタルを通じてZ-BLUEメンバーの想いを増幅し発生させた障壁のおかげだった。
約束通り再会した宗介とかなめは口づけを交わす。

レナードの発生させた時空振動の影響で、バアルが出現した事が知らされる。

一方、戦闘中のベリアルの攻撃で、
クォーターに乗艦していたティティが命を落とした事が明らかになる。



と、現在ここまで。

部隊を集結してフルメタ完結。
正直カリーニンが死んだ理由が微妙に納得いってない。
Z-BLUEの陸戦部隊は優秀だったみたいなこと言われても。

やっぱりレーバテインの最強攻撃は初めから使えるラムダストライクだった・・・。
ラムダドライバの補正で攻撃力以上のダメージが出るから弱くは無いんですが、
気分的にラストバトルで最強攻撃が追加されないのは盛り上がりに欠けますねぇ・・・。

謎の使徒の再登場から、13号機に槍追加。
さすがに2本揃ったらアウトなので、このゲームで使えるのは1本のみのようで。
それでも使い勝手が良く、威力も高い最強攻撃が増えるのはありがたい。
ただ2号機のビーストは無いの?

ついでに謎のキャラクターのティティがあっさりと死んでしまって。
この娘が今後のオリジナル展開に関わってくるのかな。

そういえば昨日書き忘れた&ユニット画面では確認できなかったパワーアップ状況も色々と。
νガンダムはサイコフレーム発動後の最強攻撃が追加されてた。
サザビーにも同様の攻撃が増えてますね。

ユニコーンのNT-Dは現時点で既に緑色の覚醒状態。
シールドファンネルの連続攻撃がカッコ良い。

ウイングゼロはツインバスターライフル最大出力を連射するという最強攻撃。
原作でシェルターに攻撃したアレですね。
ただ同じポーズでボンボンボンと撃つだけなので、あまり魅力的でも無かったりする(笑

デスティニーは予想通りルマナリアとレイとの連携攻撃。
エクスカリバーを!っていうあのデストロイ戦な感じ。

スーパー系だとマジンガー、鉄人、ゴッドマーズにも最強攻撃が追加済み。
ゴッドマーズは相変わらず最強攻撃の威力が高いですね。



Category: Vita 第3次Z~天獄篇~

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks