2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

ROBOT魂 「クロスボーンガンダムX-1」 レビュー

 【27//2009】


白祭り最後は「クロスボーンガンダムX-1」です。

F91と違い格闘主体となったこの機体。
格闘の方がポーズが取りやすいので、まさに立体物向きのガンダム。

前2つとは違い映像化されておらず、若干思い入れは下がりますが
格闘主体の海賊ガンダムということで結構好きです。

前2つに比べるとあっさりしてます。
かと言ってダメなわけではありません(笑
ただシザーアンカーとビームシールドは無し。残念。
しかし何故ガンダム系は剣手と銃手がセットになっているんだろうか。


 
 
プロポーションはこんな感じ。
例のごとく塗装は問題なし。
ガンプラのMGやGFFとは違い、コミック準拠のデザインになっているそうです。



ABCマントを取り付ける。
PVC素材で柔らかいのですが、分厚いので可動には制限がかかります。
温めて形を変えることは出来そうですが、自己責任で。


 

横と縦の可動範囲はこんな感じ。
股関節は例のごとく上部スリットタイプなので、真横は凄まじいです(笑



ただ足首の可動が最低も最低。
「スタンド買え」と言わんばかりに立ちポーズが決まらないほど横方向は死んでます。
前後は結構いくんですけどね。つま先も動きますし。



フェイスオープンフェイス付属。



Gガンではないのでこんな「うぉー」とは変形しません(笑
腰は凄まじく反ります。そんな形の間接が仕込まれてるんで。



以下武装編。
ビームザンバー。海賊らしくカットラス状のビーム刃。
昔からクロスボーンはこの武器が好きです。



ビームザンバーとバスターガンと合体させてザンバスター。
そういやバスターガン撮るの忘れた(汗



ビームザンバーとバスターガンはそれぞれサイドにマウント可能。
ただ邪魔(笑



ガンダムと言えばビームサーベル。
MGかと言いたくなるほど長いです(笑
襟の黄色の丸いのがサーベルなんですが、さすがに着脱ギミックはないです。



ブラインドマーカー。
これぞまさしく格闘武器。拳の先にビームがついているようなもんです。
ちなみに本来はこれのビーム展開方式を変えるとビームシールドになります。



ふくらはぎから取り出して・・・



ヒートダガーです。
もちろんふくらはぎのとは別パーツ。
こういう武器は意外と好き。



足の裏に取り付けることが可能。
ライダーキックっと。


 

足首以外はほんとよく動くので、スタンドさえあればカッチョいいです。
ビームザンバーやっぱいいなぁ。



突撃!
まぁこんなランスみたいに使う武装ではないけど(笑



ザンバスター両手撃ち。
やっぱクロスボーンは射撃よりも格闘の方が似合う。



以上クロスボーンガンダムX-1のレビューでした。
ダブルオー以外のガンダム作品の展開がターンエーとクロスボーンとは
作品選出がすごいなと。

出来は十分満足しています。
足首が死んでてスタンド必須みたいなのに、相変わらずスタンド接続不可と
ニルヴァーシュに続いて怒りたい気持ちも大きいですが2連は抑えます(苦笑

しかしランスロット、ニルヴァーシュと動かしてきたせいか
ガンダムってデザインが素直ですごい動かしやすいです。
引っかかる感じとかがなく全くイライラしない。

次月にはライバル機のX-2が出るので、早速ライバル対決が可能。
俺としてはX-2は多分スルーしますが(苦笑
あとはX-3が待たれる所。早くムラマサバスターを振り回したいぜ。

ってかその内プレミアムバンダイでフルクロスが限定販売とかされそうで怖い。

 



Category: ROBOT魂レビュー

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks