2017 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 06

リボルテック 「アークグレンラガン」 レビュー

 【03//2009】


久しぶりにリボルテックを買いました。
玩具熱が再燃してる中、なんか欲しくなってしまって。
かなり人気で通販では結構品切れ気味。

これ買った店にfigmaのドロッセルが1つ残ってました。
超品薄を知っていたので縁を感じて物凄く迷ったんですが
俺としてはドロッセル自体に何の思い入れもなかったのでやめました。

その後すぐに来店した客が買っていきましたけどね。
ゲームがメインの店で玩具売り場に直行したということは、恐らく捜し歩いてたんでしょう。
やっぱりこういう物は本当に欲しがっている人に適正価格でわたるのが正解だと思います。
転売屋とか法律で取り締まれるようにするべき(超非現実的意見ですがw)

まぁもしも近いうちにまたどこかの店頭で見かけることがあったら買うかもしれません。
さすがに2回は縁がありすぎるから(笑

さてリボルテックのアークグレンラガンのレビューいってみましょうか。
そういや気づいておられない方もいるかもしれませんが
うちの画像は基本的には画像をクリックすると大きくなります。





内容物一覧。

・握り手×2
・平手×2
・エフェクトパーツ×2
・リボ台座×1
・リボルバージョイント×2
・台座延長パーツ×1
・コンテナ×1
・チップ×1

これはアニメ版準拠ですかね。
劇場版だとアークグレンラガンでもギガドリルブレイクを使ったそうなので。
できたらドリルぶちかましたかったなぁ。



久しぶりにリボルテック買ったんで知らなかったのですが
最近のは全部こういう小物収容コンテナと10ポイントのチップがついてくるんですね。
チップは集めるとリボ関係のものと交換できるそうです。


  
 
プロポーションをグルリとパシャパシャ。
顔のサイズを基準に考えるとすごいマッシブです。
巨大戦艦アークグレンと変形合体した状態なので、本来は「5km」ほどのサイズ(笑



そしてビックリしたのがデカイ(笑
ROBOT魂のオーガンダムと比較してみました。



通常のリボよりも大きいので、スタンドに延長パーツが付属しています。


 
バストアップ。
塗装にあまり定評のないリボですが、これは結構キレイな方じゃないかと。
残り1つしかなかったので特に選別はしていません。


 

胸がリボジョイントで動くので、顔自体は上下大きく振れます。
これ以外の間接はリボの場合そこまで重要でもないと思ったので省きます。
ぶっちゃけ動かそうと思えば物凄い角度まで腕も足も開けますし(笑


 
リボのオリジナルの可動として、踵が展開します。
これにより接地が可能に。本来なら接地などとても無理です。
なんか足ってラインバレルとそっくりですね。



リボの平手はかなり好みです。
このガバッと開いた感じがポージングではかなりハッタリ利いた感じになる。



「はぁぁぁーーー!」



「喰らえぇぇぇーーーー!!!」

と言うわけでアークグレンラガン唯一の武器(?)
「時空烈断バーストスピニングパンチ」
です。
こんな名前だったとはwiki調べて初めて知りました。
これでぶっ飛ばした相手は次元境界面を超えて時空の彼方へ吹っ飛ばされます(笑



エフェクトパーツは両手あり。
接続は握り手にそのままつけるだけですが、ちゃんとはまってポロリはないです。



ドラゴンボールの両手気弾打ちみたいな(笑



かかってこい!
という感じ?



キック!
本来のサイズでこんな蹴りしたらすさまじい威力だろうけど(笑



これまたドラゴンボールによくありがちな両手ハンマー。




と言うわけでリボルテックのアークグレンラガンでした。
付属品が少ないので基本的に格闘ポーズぐらいしか取れませんけど
リボは見事にハッタリ利いたポーズができる可動なので、それでも十分。
欲を言えば劇場版で使ったらしいドリルが欲しかったですが。

ちなみに今月の半ば(15日ぐらい)には
これの上位機体である超銀河グレンラガンが出ます。
今度は月と合体するというデタラメサイズの機体(笑

 


Category: リボルテックレビュー

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks