2017 02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 03

リボルテック 「超銀河グレンラガン」 レビュー

 【16//2009】


リボルテックのグレンラガン系で最後となる
「超銀河グレンラガン」
これでようやくグレンラガン4機揃いましたね。

月に偽装されていたカテドラル・テラもとい超銀河ダイグレンに
アークグレンラガンごとスピンオンして誕生した機体。
元が月ですから、そのサイズたるや衛星クラス。

合体までに多くの大グレン団メンバーの犠牲を伴ったことで
ある種一番印象の強い合体でした。


付属品一覧

・グレンブーメラン×1
・ショルダースパイク×2
・ドリル連結パーツ×1
・平手×2
・武器手×2
・ドリル手(右手)×1
・リボスタンド×1
・リボコンテナ×1
・リボチップ×1


 
 
 

プロポーションをグルリと。
トゲトゲしくマッシブでとても良いです。
ただ肩のドリルはもう二回りぐらい大きい方がイメージ通りだったかも。



バストアップ。相変わらず塗装は問題なし。
ただ今回は選別できたのでわかりましたが、頭の角が曲がっているものがありました。
まぁこのぐらいなら温めて修正できますけどね。



胸のグラサンは二つに分かれています。
デザインを崩さないようにか、胸のボルトに差し込む形なので
軸はかなり細くユルユルです。


 

首の上下。
これもいつも通り。



あっちこっちの可動。
サボったみたいですが、一度に縦横まとめてみました。
肩は結構後ろ側まで持ってくることが可能で、ポーズ付ける時にかなり役に立ちます。


 

胴もまぁリボジョイントならこのぐらいは普通ですかね?



平手。



グレンラガンで唯一指までドリルになった本機。
合体直後にバリアをいともせずアシュタンガ級にぶち込んだ攻撃。
右手用しか付属していないのが残念。



肩のドリルは右側だけギガドリルブレイク再現のために分割式になっています。


 

ドリルを外した後はスパイクを装着しておきます。


 

ドリルと腕を繋ぐパーツは角度がついているので
腕に接続するとちょうど真っ直ぐになります。
ただ接続パーツが一つしかないので、両手ドリルはできません。
しかしギガドリルブレイクとして見るにはさすがに小さすぎますね(苦笑



「ギィガァ・・・」



「ドリルゥ・・・」



「ブレイクゥゥゥーーー!!!」

なんかデジャヴ(笑
正式には「超銀河ギガドリルブレイク」です。
衛星サイズの本機から繰り出されるギガドリルブレイクですから、その威力は想像を絶する(笑


 

「友の想いをこの身に刻み、無限の闇を光に変える!」

「天上天下一騎当神、超銀河グレンラガン!」

「人間の力、見せてやるぜぇぇぇ!!!」

と合体シーンを再現しようとしたのですが、腕が全く組めませんでした(汗



「グレンブーメラン超銀河大切断!!!」

実際にはグレンブーメランは顔のサングラスも外れるんですけどね。
いちおうこれでもサングラス外れるんですけど、単なる成型関係の分割なので
サングラスを外した顔が再現されているとかではないです。



足の甲にドリルがあるから、この蹴りは痛そうだ。



グレンラガン勢揃い。
こうやって並べるとピントが全然合わねぇ(汗


 
 
 

やはりこれはやりたいですよねぇ。
次々とコアが飛び出してアンチスパイラルに突っ込んでいく決着のシーン。
まぁこれを完全再現するにはまだグレン&ラガンが必要になるわけですが。
アンチスパイラルに止めを刺したのはラガンインパクトですから。



リボルテックの超銀河グレンラガンのレビューでした。
やっぱグレンラガン全部揃えると楽しいです。
クオリティも安定していて文句なし。
まぁ肩のドリルが小さいのだけは微妙ですが、バランスとか諸々考えると仕方ないのかも。

今後グレンラガン系の機体はどう展開していくんだろうか。
せめてグランゼボーマだけは出して欲しいですが。

相変わらず人気が凄まじく入手困難になる可能性が高いので
迷ったら即買いの方がいいかなと思います。


Category: リボルテックレビュー

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks