2017 02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 03

ROBOT魂 「マスラオ」 レビュー

 【26//2009】


26時間テレビが面白すぎて一向に写真撮るのもレビュー作るのも進まない(苦笑

さてROBOT魂のスサノオです。
MGエクシアをすっ飛ばして先にこちらを。


本体を除いた付属品一覧

・GNビームサーベル長×1
・GNビームサーベル短×1
・サーベル連結用ケーブル×1
・平手×2
・武器手×2
・台詞付き魂ステージ×1 (初回限定)


 
 
 

プロポーションをグルリと。
HGスサノオとは違いフラッグの面影を残したスリムな体系。
個人的にはこれこそマスラオ(スサノオ)の体系だと思います。
ポリカーポネートが多く光を当てるとテッカテカ(笑



バストアップ。
サングラスは小さく薄く、HGスサノオのようなギャグサングラスではありません(笑
ただし中にフラッグフェイスの再現はありません。
角(アンテナ?)は可動します。



ケーブルは後頭部の裏側に接続する為
交換の際には一度頭部を外す必要があります。
あっちこっち尖っているので痛い(苦笑


 
 
 

胴回りの可動。
胸は若干ですが下に可動します。
デザイン上首が縦に振るのが厳しいので、下向くにはここを動かした方がいいですね。
胴は変形でもするのかというほど上がります(笑
マスラオには関係のないはずの胸の展開もあるので
スサノオの商品化のための試作可動といったところなんですかね。


 
 

肩から腕にかけての可動。
デザイン上制限を受けてしまうので、そこそこというレベル。


 

脚部の可動。
股関節はロボ魂定番のスリットによって左右が触れる形。
ただし接続が従来のロボットとは大きく異なっているので、角度を変えれば大分動きます。
膝は90度ほど。


 
 

足首の可動。
独特なデザインなので、その分あっちこっちに動きます。
HGスサノオとは違い雪駄が小さくいい感じ。
つま先は回転するので横方向への可動も十二分。



HGスサノオでは最大の問題点だった腰の擬似太陽炉。
縦のロール、横のロール、接続のボールジョイントとあらゆる方面をカバー。


 

背中のプレートは上下可動。



平手。


 

二振りのGNビームサーベル。
左利きの為、左用が長い方です。
ロボ魂のサーベルは長いのがいいですよね。カッコいい。

ちなみに名前がついていて、長い方がハワード、短い方がダリル。
共にブシドーことグラハムのフラッグファイター時代の戦死した部下の名前。
まぁいかにもブシドーさんらしい。



頭部のケーブルを長いものに差し替えることで、サーベルとの連結可能。
ただケーブルが固いので接続すると首が傾いてしまいます(笑



サーベルはそれぞれビーム刃を取り外して擬似太陽炉に格納可能。



初回特典のブシドー名台詞付きの魂ステージ。
俺のはこちらでした。



接続はこのパーツを使い、背中のプレートにはめます。
ところでこれ初回以外にはつくんですかね?
本体には接続部がないので、つかないとなると厄介ですね。

この魂ステージですが、軸が同時発売された魂ステージ3と同じ仕様で
間接がクリック式ではなくネジ式で自由が利きます。



カッコつけてみる。
スリムなマスラオはこういう足を閉じたポーズが似合います。



腕を組んで「待ちわびた」という感じ(笑


 
 

この長いサーベルは良いなぁ。
もしもロボ魂でスサノオも出すつもりがあるのなら、不知火と雲龍も長いと嬉しい。
HGのは短くてどうにもちゃっちかったので。



VSダブルオーライザー。
ロボ魂のダブルオーライザーがジャンクから発掘できなかったので
HGに代わりに戦ってもらってます(笑




以上、ROBOT魂のマスラオのレビューでした。
事前にわかっていた通りで、これはもうホント大満足。
スタイル良好、よく動く、サーベルも長い。

HGスサノオを設計した人間には
マスラオの設計した人間の爪の垢を煎じて飲んでもらいたい。

これは文句なしに太鼓判を押してオススメできます。




Category: ROBOT魂レビュー

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks