2017 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 10

14日(木) OGMDクリア

 【14//2016】

トウサイジュウオーのレビュー終了。
ここまでは良いとして、問題は最後の4号ロボか。
ドデカイオーはともかく、最強合体のやっつけ感(苦笑
あれじゃ下半身を動かしようが無いじゃないか。
そもそもミニプラだとイーグルとゴリラの上にキューブを積めないし、ジョイントパーツでも付属するんですかね。
トウサイの脚を動かしたミニプラとはいえ、ここまで酷いデザインをどうにかできたら本当に拍手喝采モノ。



OGMDの進行状況は下へ。
1周クリアしました。




39話は結果的にラマリスを倒すだけの一瞬で終わるステージ。

40話~42話は一連のガディソード決戦。
まず41、42話はギャノニアが多すぎて馬鹿かと。
HP4万がツインユニットでごろごろいるとか正気の沙汰とは思えない。
戦闘力も半端じゃないので、ツインのサブが瞬殺されていく(笑
42話とか最終的にほとんどのツインユニットがシングルになってましたからね。
1ステージで10機以上撃墜されたとか、自分の中では過去最高ですわ。

更に最終決戦の42話。
ただでさえガディソードの戦力だけでもダルいのに、まさかの後からゴライクンル襲撃。
しかもバランシュナイルにライグゲイオスのみのツインが大量という構成。
バランシュナイルって前作ならゾヴォークのラスボス機体じゃねーかと。
さすがに2回行動はしないものの、ピンポイント爆撃が健在なので超危ない。
それでもなんとかSRポイントの15ターン以内にヘルルーガ以外全滅は、10ターン目には達成。
戦艦内でじっくり休んでからヘルルーガ撃破。

ガディソードとの戦いが集結したのも束の間、今度はフューリーのガウ=ラ・フューリアが転移。
Jの時はこちらから月内部へ突入したと思いますが、今作はあちらから出てくるんですね。
転移後、和平に向けて動き出したラブルパイラを巨大砲で壊滅させるという惨劇。

ところで設定上はスーパーソウルセイバーにジーベ・ドライブが搭載されたはずなんですが、
ゲーム性能的には何も変わってないような・・・?

43~45話が引き続きフューリーとの決戦ステージ。
ガディソードとの決戦に比べればかなり楽だったかな。

44話はSRポイント獲得がちょっと面倒。
普通に加速で突っ走ってるだけじゃ間に合わないので。

44話でアル=ヴァンが味方合流。

グ=ランドンはHPが25%単位で精神コマンドを使うんですが、鉄壁が入っているのが厄介。
その度に敵フェイズをやり過ごさないといけないので。
まぁお馴染みMAP兵器でサブユニット壊滅ですよね(笑

グ=ランドン撃破でようやくドラコデウスの最強武器解禁。

フューリーとの戦争終了も束の間、残るダークアイアン・キャッスルが出現。
46話は前哨戦で、クリスタルドラグーン撃破。

そして最終話。
デブデダビデ達がラマリスを集めていた目的は、エントリヒ・ガイストを核としてダークブレインの器を作ること。
ダークブレインの頭脳は、鋼龍戦隊の様々な特殊な機体を取り込むつもりだったと。

初期の勝利条件はラマリスの全滅ですが、スカルナイトのHPを減らすことでもイベント進行。
デブデダビデ達の目論見が外れ、クロスゲートからロア達の母艦グランドレッド・フェノッサが出現。
そこに組み込まれていたXN-L(ザンエル)が出現。
彼もまた創世神フューレイムやカドゥム・ハーカームと同じ存在。
負念を生み出す知的生命体を滅ぼし宇宙に静寂にするという目的はアインストに酷似し、
また、宇宙に無数存在する知的生命体を全て滅ぼすというのは無理があり、
デュミナスように壊れてしまっているのではないかと。
ギリアムが彼に反応しており、XNというのはやっぱりシステムXNとも繋がりがあるんですかね?

XN-L出現時にエントリヒ・ガイストはどこかへ吹き飛ばされ、デブデダビデは死亡。
残るスカルナイトは鋼龍戦隊と共闘する事に。

グ=ランドン同様、HP25%単位で精神コマンドを使用。
こちらは信念を使ってダメージを1/4にするので、やはり敵フェイズを乗り切るしか無く。
マップ兵器は驚異の全周囲10マスという凶悪な性能ですが、
周囲のラマリスを残したままだったのが良かったのか一度も撃たれることは無く(笑
今までの決戦ステージに比べると物凄く楽なラストステージでした。

決戦後、トーヤはクロスゲートは封印ではなく破壊すべきだと決意。
一時的に創世神フューレイムが覚醒し、
皆の想いを乗せたインフィニティキャリバーでクロスゲートを一刀両断。

戦後、フューリーは移民としてゾヴォーク側が預かるというような形に。
トーヤたち関係者もフューリーと共に。
ガディソード人はやはりフェアリ達を除いて全滅しており、最後のガディソード人として今後の生き方を模索。
帰り道を失ったハーケンやマサキ達は、ひとまずクロガネに厄介になることに。

そういえばオリジナルにあったトーヤと3人娘の誰かがくっ付くというのはさすがにありませんでしたね。
メルアをずっと乗せていたからか、好意があるという描写はありましたが。
強制出撃時の搭乗とかでやっぱり変わるのかな。

クリアしたので隠し要素をチェックしてみましたが、やっぱりクストウェルを味方で使う方法あるのか。
隠し機体で魅力的なのはそのぐらいかなぁ。
隠し武器らしいフリーエレクトロンキャノンだけは普通に取れてました。



これでムーンデュエラーズ終了。
終わってみれば案の定、第2次OG外伝という内容でしたね。
ただそうなるとフルプライスというのに疑問が残るわけで。
外伝というタイトルにしなかったのは、価格を事前に追及されないためだったのでは邪推してしまう。

今作でクロスゲートがOG全体でこれでもかと重要な施設に。
現状ではグランティードが唯一クロスゲートを破壊できる存在だから、
まさかJ組がOG全体にとってここまで重要な位置に来るとは。
一方、GC組は最終的にガディソード人ほぼ全滅したりと、どうにもやっつけ感が強いような・・・。
魔装機神はそちらのストーリーだけで完結しているのか思いきや、完全にOGの一部になってる。

ストーリー上、部隊内の風紀が引き締められたからなのか、雑談シーンが少なかったのが残念。
インターミッション前後の会話が物凄く簡素になってた。
艦橋の話だけで終わる場合や、会話一切無しのステージというのすら結構あったし。
トーヤとアキミ&アケミが同級生という設定を組んだのに、その辺も全然活かされてない。
トーヤと3人娘はまだ食堂でのシーンが少しあったからいいものの、
カルヴィナに至っては終始そういうシーンに乏しいから、ただの気難しい女という印象しか残ってない。
シャナ=ミアは原作よりも長めにこちらにいたのに、部隊メンバーとの交流が全くなく本当にガッカリした。
最近のスパロボは会話シーンが長いとよく言われるけど、
その会話シーンを省くとこんなに面白みのない淡々としたストーリーになるんだなと。

難易度調整は難しいといより面倒な方向に突っ走りすぎているように思う。
SRポイントは今までの全スパロボと比べても異常に面倒だった。
スルーすればいいんですが、挑戦しないのはモヤモヤするんですよね(笑
あと今作もEXハードありますけど、クリアできる人いるんだろうか。
今作の命中率だと、未改造では雑魚にすら攻撃当たらなさすぎて無理じゃない?

次回作はやはりバルマーとの決戦がメインなんでしょうが、今作で伏線が色々と残った。
今作のメインでもあった神のような巨人族が何なのかというのは全然分かっていないし、
クロスゲートバーストとラマリスとは一体何だったのかというのも謎のまま。
ゴライクンルは御曹司が生き残っているし、まだ出てきますね。
あとはそこにどのオリジナルシリーズを持ってくるのか。
順番的にも組み込みやすさ的にもW組は鉄板かな。
ただOGがもしも最後になるなら大盤振る舞いで色々ぶっ込んで欲しいけど。
キャラクターを大幅改変してくれるなら、K組を入れてもいいんですよ?(笑



Category: 雑記

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Comments

クリアおめでとうございます、自分はまだクリアしてませんが確かに外伝という感じですよね。インターミッションの簡略は実は魔装機神Fも似たようなことになっております。まああちらはストーリー上雑談に持っていきにくいので仕方ないですが今回は真面目なシーンのほうが多めですよね。OGならではの雑談も次回は復活していて欲しいですね。

Posted at 23:04:35 2016/07/15 by うかつ者

Comments

魔装機神Fはプロローグを見ると初めからピンチのようで確かに仕方ないかもですね。
今作は新規参戦キャラの会話シーンでの出番がシリアスな場面ばかりになってしまったので、雑談シーンが少なかったのは残念でした。

Posted at 23:45:47 2016/07/15 by aki

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks