2017 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 08

21日(木) 竜殺しの英雄

 【21//2016】

 
次のレビューはこちら。
マクロス系の玩具は今まで全然買ってこなかったので、ここまで本格的なのは初めてですね。
とても一気に作れるようなボリュームではなく、ここ1、2週間ぐらいチマチマと作ってました。
ボリューム分だけ完成度が高く凄いキットだなと。
こんなのが値引き込みで4000円ほどで買えることに、改めてバンダイという大企業の恐ろしさを感じる。

しかしデルタはスパロボ参戦が大変そうですね。
7やフロンティアみたいに、船団と敵勢力だけ連れてくるってわけにはいかないし。
ボトムズを参戦させた2つの例で、時空振動弾で遺跡ごと地球圏に持ってくるとか、
OEのように簡単に外宇宙へ行けるような壮大なストーリーを作るとか。
恐らく初参戦は任天堂携帯作品になると思うので、ぶっ飛んだクロスオーバーを期待。



OGMDをクリアして、次のゲームは討鬼伝2を買うことにしました。
今日から配信の引き継ぎ体験版をプレイ。
本編ストーリーとはいえ体験版なのでネタバレも無いと思いますが、少し長いので分けます。




冒頭が明治の横浜での戦闘から開始。
オオマガドキって明治時代に発生したというストーリーだったのか。
主人公は空に開いた鬼門に吸い込まれ、10年後の出雲周辺に作られた中つ国へ。
無印をプレイした時は現実的な地名が全然出てこなかったから、なんか新鮮ですね。

そこからの展開は以前の体験版からちょこちょこ内容が変わっている感じ。
ストーリー的には近衛隊の捜索任務をクリアしたところまで収録。

キャラメイクは髪のバリエーションが急に増えてる。
顔とかは上手く作るセンスもないので適当に。

難易度は今のところはサクサク進めている感じ。
無印の時は嫌いだったカゼキリも、割と倒しやすくなってて遊びやすくなった。
すんなり倒せてしまうので、全部位破壊が逆に難しかったりしますが。
ただ探索中に遭遇する鬼と、従来のような任務で戦う鬼ってHP違うんですかね。
安の領域で遭遇したカゼキリがしぶとかった気がするので。

味方AIが鬼ノ手を使いまくってて面白い。
雑魚を発見すると、後から一斉にニュ~と手が伸びてきてすっ飛んでいく。
大型鬼は頻繁にコケさせてくれて、自分より遥かにプレイスキル高い(笑

武器は新武器の仕込鞭を選択。
広い攻撃範囲に多段ヒットと使っていてかなり爽快ですね。
あっちこっちに攻撃が当たるから、部位破壊前に倒してしまう事態が発生しやすいですけど(笑
あと武器の数が妙に多くて、既にこの時点で12種も作れたり。

1つ気になったのは、戦闘中ミタマがうるさい(苦笑
スキルの成長の関係なのかミタマが頻繁にしゃべるんですけど、エコーがかかっているので大きい。
無印の時ってこんなだっけかな。

 
現在の装備はこんな感じ。
オンジュボウの防具が見た目素敵なんですが、まだ依頼で1回戦えただけで素材が足りない。
万能素材をこんな形で使うのは勿体ない気がするし。


Category: 雑記

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks