2017 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 10

27日(木) クリア

 【27//2016】

リアル騎士ガンダムはやっぱり金属系カテゴリーですか。
通常のROBOT魂というのを期待してたんだけど。
いつかガンプラで出して欲しいなぁ。

ゴーストはまた最強フォームは放置されるパターン?
作品評判が悪くても、そこまではちゃんとやって欲しい。



ペルソナ5の進行状況は下へ。
1周終わりました。




クリア時間は82時間ほど。

最深部の神殿で、巨大な聖杯のオタカラを発見。
怪盗団は破壊しようとするも、無数の大衆から力を得る聖杯は無尽蔵に回復。
聖杯は自分を神と称し、現実世界をメメントスと融合させる。
しかし主人公の協力者を除き、誰も現実世界の異変に気付かない。
更に怪盗団という存在自体が大衆の認知が消えたことで、メンバー全員が消滅してしまう。

ベルベットルームで目を覚ました主人公。
人類の愚かさに落胆したイゴールは、主人公の処刑をカロリーヌとジュスティーヌに命じるが、
2人は自らの使命を思い出し、本来の姿であるラヴェンツァに戻る。
そして目の前のイゴールが偽物であることを告げる。
偽物のイゴールが去り、幽閉されていた本物のイゴールが帰還。
消滅したと思われた仲間もベルベットルーム近くの牢屋に幽閉されており、主人公の言葉で立ち直る。
全員が揃い、本物のイゴールから真実が語られる。

あの聖杯は大衆の「支配されたい」という欲望により、パレスのオタカラが神と化した存在らしい。
歪んだ欲望から生まれた悪神は、人間を見極めるゲームを考案。
それは大衆を煽る者として明智、それに抗う者として主人公を選別し競わせるというもの。
しかしそもそも歪んだ欲望から生まれた悪神には、主人公に勝ち目のないゲームだと分かっていた。
モルガナは、イゴールが悪神に封じられる前に、
世界を救うトリックスターを見つけ出すという使命を課して生み出した存在だった。

モルガナの導きでベルベットルームを出た一行は、渋谷へと出る。
今度は僅かながら一行を怪盗団と認知する人間がいた。
悪神と決着を付けるため、現実世界に出現した神殿へと向かうことに。

ここからが正真正銘のラストダンジョン。
経験値も牢獄ぐらい貰えるので、ここで2周目への金稼ぎを兼ねて最後のレベル上げ。
ランダマイザ持ちのミカエルが普通に作れた時点で終了して先に進めました。

ラスボス戦は最後のイベント戦も含めると3連戦。
味方のレベルもかなり高いので、ランダマイザ+マハタルカジャのゴリ押しで余裕でした(笑

大衆から力を得るケーブルを切り聖杯を倒すも、統制神ヤルダバオトという真の姿を現す。
ヤルダバオトの圧倒的な力に諦めかける一行。
街では大衆が異変に気付きパニックになるが、三島の声援がキッカケとなり、
この状況に唯一抗い続ける怪盗団に気付き声援を送る。
街中の声援がMAXになった時、主人公のアルセーヌがサタナエルへと転生。
全てを込めた弾丸がヤルダバオトを貫く。
元凶であるヤルダバオトを倒したことで、認知世界も消滅。
認知世界から生まれた存在のモルガナも消えてしまう。

大衆の改心には成功したが、実行犯の明智が死亡した今、獅童の廃人化事件での立件には、
唯一真相を知る怪盗団の証言が必要だった。
しかし怪盗団を英雄にするわけにはいかない警察は、罪をでっち上げて全員を逮捕する危険もあった。
そこで冴の提案で、仲間を守る為に主人公が1人で出頭することに。

12月24日の夜は、出頭する事を隠したまま恋人と過ごす切ないクリスマス。

警察は主人公の前歴を利用し、少年院へと送り世間から隔離する。
それを知った仲間や協力者たちは、そもそもの原因の冤罪事件の証拠を探すことに。
そして1ヶ月以上に及ぶ活動で、嘘の証言をさせられた女性を探し当て冤罪の証拠を揃える。
冴の活躍により獅童の立件も成り、2月13日、主人公は釈放される。

ルブランで仲間と再会する主人公。
そこに消えたはずのモルガナがやってくる。
消えたのは認知世界のモルガナだけだったらしく、
主人公達のモルガナが存在したという認知が残った結果ではないかと。

翌日はバレンタインデー。
更に翌日、バレンタインを一緒に過ごさなかった恋人が一斉に押し寄せ大修羅場発生。
ペルソナシリーズがこの形になってから3作目にして、遂にこの展開が起きた(笑

3月19日。
世話になった人達へのあいさつ回りで、コープMAXキャラからそれぞれアイテム。
3月20日。
主人公が地元へ帰るために駅へ向かうと、車を調達した仲間たちが待っていた。
真の運転で寄り道しながら主人公を送っていくことに。



これで終了。

どうやら今作は前作のような最終日ダンジョンで真ラスボスというのはないみたいですね。
主人公と獅童の因縁もヤルダバオトが仕組んだゲームによるものと考えれば、伏線は回収されてるし。
ただ明智は本当にあのタイミングで死んでしまったんだなと。
明智の死のあっさりさが、まさか完全版を出すための伏線だったりして(苦笑

終盤の展開は驚きだった。
まさかイゴールが偽物とは。
双子もコミュで触れられた謎はそういうことだったのかと。
メンバー全員がベルベットルームに入るというのは、P3F以来の展開かな。

2周目引き継ぎは、装備品が引き継げるというのが素晴らしい。
これで所持金をペルソナの出し入れのみに注力できる。
コープMAXアイテムの引き継ぎで、一部のアビリティが引き継ぎもありがたい。
ペルソナ所持枠がリセットされてしまうのは少し残念。

攻略サイトをチェックしましたが、2周目の要素は概ね前作通りですね。
っていうか11月末からのシドウパレスの攻略の仕方ミスってたのか。
そりゃ急にパーティーメンバーのコープ消えるわ。
まぁそのおかげで2周目に向けた主人公のステ上げができたから、結果的に良し。

2周目も始めてみましたが、1周目では楽しかったダンジョン攻略が一気に煩わしくなった(苦笑
いちいちギミックやイベントを挟みながら進んでいくのが無駄に時間かかって。



しかしまぁ長いゲームでした。
レベル上げとか寄り道を抜きにしても、普通に70時間ほどはかかっているので。
他のゲームだったら2周目も余裕で遊び尽くしているぐらいのプレイ時間ですよ(笑

時系列的にはP4から1、2年後ぐらいってとこでしょうが、この世界は短いスパンで滅びかけますね。
ニュクスは破滅願望、イザナミは真実から目を背ける愚、ヤルダバオトは選択を放棄する怠惰。
もし6が出るなら、人間のどの心の問題と戦うことになるんですかね。



Category: 雑記

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks