2017 02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 03

HGUC 「フルアーマーガンダム7号機」 レビュー

 【11//2009】


購入からもう1週間近く経ちましたが
HGUCのフルアーマーガンダム7号機のレビューです。

9月3日に発売されたPS3のガンダム戦記に登場と言うことで
カトキハジメ氏によりリファインされて立体化となりました。
そのためHi-νガンダムと同じように「古い人たち」からは評判の悪い本機(苦笑

ガンダム7号機をフルアーマー化した機体ですが
他のガンダムと違いフルアーマーが基本状態で設計されているそうで
フルアーマー状態でも鈍重にならずに軽快に動けるとか。

ちなみに形式番号はフルアーマーガンダム、ヘビーガンダムに続く
「FA-78-3」であり、フルアーマー化すると
フルアーマー3号機とナンバリングが変わって呼ばれることもあるなんとも珍しい機体。


本体以外の付属品

・ビームライフル ×1
・シールド     ×1
・平手        ×各1

珍しく平手が両方ついてます。


 
 
 
 
プロポーションをグルリと。
1stガンダム系統ですが、どことなく最近な意匠が入っているような気も。
ちなみに邪魔なのでビームキャノンを当分外してます。
ワンポイントで入ってる赤と灰色は主にシール。



バストアップ。
目がかなり奥まっていて、上を向かないとまともに目が見えません。


 

肩は見事に真横90度。
肘は二重関節ですが装甲の干渉もありこのぐらい。
手首はダブルオーシリーズみたいに前後若干振れます。


 
 

下半身の可動。
股関節はHGUCにしては珍しくブロック式を採用しておりかなり自由です。
膝は肘と同じように二重間接ですが、装甲の干渉があり。
足首は定番のファーストガンダムらしい足首カバーであまり横に行きません。
ポリキャップとボールジョイントの二重間接ですが、ポリキャップの恩恵の方が大きめ。


 

テールスタビライザーは基部が上下に動き、4枚のバインダーもそれぞれ可動。
塗装派の方には大変な肉抜き全開(笑


 

ここでようやく背部長距離ビームキャノンを装備。
接続は大きいボールジョイントですが、ほぼ前後しか無理です。



ビームライフル。
7号機専用であり、今までにない形です。
手の甲を外さなくても脱着できますが、逆に(?)トリガーに手がかかりません。


 

シールドは腕の横と後ろの2箇所にマウント可能。



ファースト定番なビームライフル両手持ち。



ガンダム戦記ということで、ゲーム内でありがちな射撃。
今作は横ブーストしながらでも結構当たりますよね。



ゲーム的なアングルで。
空中射撃は集団戦など被弾をしにくくいいんですが
高性能機じゃないとすぐブーストが切れてしまうんですよね。



ビームキャノン発射。
これゲーム内ではどのぐらい威力あるんでしょう?
9/11現在ではまだ解禁となっていないので。
あぁでも重装フルアーマー7号機なら連邦シナリオで使えましたっけ。



ビームサーベル2本抜き。
ただゲーム内では作りが適当なのかサーベル装備しても背中にマウントされたままとか。
連邦機体使ったことないので聞いた話ですが。



なんと右側のサーベルはビームキャノン基部が邪魔になり持てません(汗



ゲームを知っている方ならわかっていただけるかもなチャージ格闘(笑
ちなみにフルチャージすると上に2本振りかぶる形に。
ジオン機体ではそうですが、多分連邦機体でも一緒ですよね。

サーベル刃は残念ながら付属してません。
しかも接続穴が小さく最近のサーベルは合わないっぽいです。
ジャンクから探し出したSEED時代のHGのサーベル刃でようやく合いました。



以上、HGUCのフルアーマーガンダム7号機のレビューでした。
なんか半分ぐらいゲームの説明になった気がしないでもないですが(笑
俺としてはHGUCで股関節がブロック式というだけでイメージ2倍増しな感じ。
と言っても各種間接も十分動きますし、出来は非常に良いです。

惜しくむらくはこの機体がゲームでは有料DLCであるということか・・・(苦笑




Category: HGUCレビュー

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks