2017 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 06

HG 「リボーンズガンダム」 レビュー

 【12//2009】


ガンダム00セカンドシーズンにおけるリボンズ・アルマークの搭乗機。
その名も「リボーンズガンダム」
なんていうか自己顕示欲の塊みたいです(笑

驚くのは名前だけではなく
前と後で2パターンのMSに変形する前代未聞のリバーシブルMSであるということ。
ある意味かなり合理的なMSです(笑


本体以外の付属品

・GNバスターライフル      ×1
・GNシールド           ×1
・ビームサーベル刃       ×1
・キャノン時マニュピレーター ×各1

残念ながら平手が付属していません。


 
 
 

プロポーションをグルリと。
なんか物凄くスラリとしたモデル体系ですね。
この前後の紅白っぷりがすごい(笑
背中のGNフィンファングはどうもHi-νに見えるんですが、狙いましたかね?
胸と腰周りの黒ラインはシールです。

ちなみに劇中ではキャノン→ガンダムの順で登場しましたが
ガンダム状態の方が可動の説明等やりやすいのでこっち優先にします。



バストアップ。
なんか気の強そうな顔してます(笑



本機のGNドライブ。
ホントにセカンドシーズンのMSは色んな所にGNドライブを搭載できるようになったもんです。
ダブルオーからパクったタウのツインドライブです(笑


 
 

肩は90度以上上がります。
肘は変形機構の兼ね合いで独特な二重関節。
前腕部分での可動により180度以上曲がることに。
同じく変形により前腕部分が回転します。


 
 

股関節は残念ながら単純なボールジョイント接続で、装甲の干渉もありあまり開けません。
膝は180度近くまで曲がります。
足首は足を真横に開いた時にギリ接地が可能なぐらいまで。

しかし足がヒール状だからか、物凄く女性の足っぽい(笑



GNフィンファングの基部は大きく動きます。

本機のファングは背中の4基が大型GNフィンファング。
リアアーマー(キャノン時フロント)とシールドに4基ずつ計8基が小型GNフィンファング。
本キットでは小型フィンファングはどれも分離しません。



GNバスターライフル。
ダブルオー機体らしく本体に接続するので保持はバツグン。


 

GNシールド。
接続は腕の後ろにのみマウント。
小型GNフィンファングを発射する状態に展開します。
まぁさすがに分離はしませんが。


 

大型GNビームサーベル。
基部が色々と動くので大きくてもちゃんと抜けます。
シールドが独特なのでそのまま抜けるのがいいですね。
サーベル刃は透明です。



股関節が開かないので、開かないなりのポーズをつけるしかないですね。
まぁモデル体系はそれでも似合いますが。



いけっ!フィンファング!
ってこれよく見たらシールド展開してないし(汗
フィンファングをスタンドで飛ばすのには苦労しました。



ダブルオーライザーさんとバリバリ。
通常カラーのGNソードIIIはまだ出ていないので、トランザムで代用。

上に続きdistageを活用してます(笑



死闘を演じてくれた二方に拍手(笑
並べてみるとリボーンズってかなり大きいですね。
ラスボスって雰囲気です。




ここからキャノンへの変形。
まず上半身を一通り変形。
首の基部は肩のポリキャップの窪みを利用してストッパーにしてあるので
肩を引き出し、ガンダム側を引っ込めるとシーソーでキャノン側が持ち上がる形。
バンダイ拍手な構造です。
それ以外は大体後ろ側に回すだけですね。



腕はガンダムの手を外し、前腕をひっくり返してキャノンの手をはめます。
唯一ここだけが差し替え。むしろそれ以外は完全変形と言う拍手物。

脚部はガンダム側の膝を押し込むとふくらはぎ(キャノンでは脛)が
カパッと連動して開きます。これでHGのクオリティかと(笑
足は踵とつま先をペタンと倒します。
残念ながらつま先の先(?)は動きませんが。

後は腿と膝の形を整えて、GNフィンファングを開いて
リボーンズキャノンに変形完了。


 
 
 

プロポーションをグルリと。
ガンダム時とは違いズッシリした雰囲気なります。
ただこれキャノン時は後ろから見てはダメですね(苦笑



バストアップ。
顔はシールにクリアパーツ。



可動範囲はほとんどガンダム時と変わらないので省略。
膝だけは他の間接と違いガンダム時の逆間接になっているので
ガンダム時ほどは曲がりません。



バスターライフルとシールドは変形後を考えガンダム時とは逆にマウント。
バスターライフルは腕との接続のみ。
シールドはガンダム時とは逆さまに接続するのがデフォ。

ちなみにキャノン時の手であるエグナーウィップは再現されてません。


 
 

4基のキャノンはGNフィンファングなので、あのまま大きく自由に動きます。
こっちでももちろんフィンファングは飛びます(笑



以上、HGのリボーンズガンダムのレビューでした。
股関節が大して動かないことを除けば、最早HGのクオリティではありません(笑
ここまで変形と可動を両立しているのはただただ拍手物。
ダブルオー好きにもガンプラ好きにもオススメできます。




Category: 他HGシリーズレビュー

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks