2017 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 10

SUPER HCMPro 「ユニコーンガンダム デストロイモード」 レビュー

 【07//2009】


ちょいと遅くなりましたが、SHCMProのユニコーンのデストロイモードのレビューです。
ユニコーンモードのレビューはこちらへどうぞ。

搭載されているNT-Dシステムを発動させることにより変形する形態。
NT-D=ニュータイプ・デストロイヤーであり
ニュータイプの存在を感知することにより発動可能となる
ニュータイプを駆逐する為に搭載された異質なシステム。
それ故に発動時はファンネル等のオールレンジ攻撃は一切不能に。
と言うか逆にユニコーンの支配下における。

そんな悪っぽいシステムなんで、こんな画像を撮ってみました(笑
まぁいくらなんでもこんな悪魔覚醒みたいな発動ではないですけどね。
背景はパッケージに入ってるのを使ってます。


ユニコーンモードから不必要な部分を取り除いた状態。
と思ったら膝を外し忘れてるっ。


 
頭を180度回転させてガンダムフェイスを前に。
それから頭部をはめます。

ちなみに本来はガンダムフェイスが上から降りてきて
ユニコーンフェイスは下に移動すると言う形。


 
肩は横に開いた後にセンサーを取り付けます。
ダクトは開いた状態のものを取り付け。
この二つで上手いこと肩が閉じないようにストッパーになります。



肩は変形用のものを取り付け。
腕は設定どおり開いて伸ばします。


 
フロントアーマーは一度外してから位置を変えて再度取り付け。
MGの時はここが無理にスライド変形なっていた為に変形が難しく逝きました(汗

サイドアーマーは伸ばして、バックアーマーは開きます。


 
腿は単純に引き伸ばし。
膝は取替え。
アンクルガードはストッパーを外し伸ばした後再度固定。
スラスターは開いて若干引き下げます。
足は取替え。



バックパックはビームサーベルを色々動かして展開。
横のスラスターも開きます。

これで変形完了。




 
 
 

プロポーションをグルリと。
これでようやくガンダムになりました(笑
腕も足も伸ばす形になる為、凄まじくモデル体系に。



バストアップ。
相変わらず目が見えにくいです。

可動範囲はユニコーンモードからほとんど変わっていないので省きます。


 
 
 
ビームサーベル&ビームトンファー。
デストロイモードでようやく可能な武装(多分)。
腕の予備のサーベルはマウントしたまま展開するとビームトンファーという呼び名に。
サーベル刃は2本しかないので阿修羅的なことは不可能。


 

シールド。
デストロイモード用のサイズに合わせて展開。
中心にIフィールド発生装置があるので、ビーム防御可能。
4枚のサイコフレームのバインダーによりファンネルのように遠隔操作も可能らしいです。



デストロイモードでフル装備。


 
 
 
 
 
 
 
 

ポージング色々。

デストロイモードはビームサーベルで遊ぶのが楽しいですね。
しかしどうもトランザムなイメージが(笑



以上、SHCMProのユニコーンガンダムのレビューでした。
価格が高い分、変形も可動もかなり満足できるクオリティになっていますね。
特に変形が差し替えになったことでMGと違い気軽に変形が可能に。

ただ差し替え変形によりMGよりかは大分マシになってますが
やはり腕や腰周りなどまだロックが微妙で動かしているとすぐ閉じてしまいます。
こればかりは変形を取り入れると仕方が無いんですかね。

今後展開されるROBOT魂やHGUCだと2パターンを別個として商品化されるので
そういったイライラは無しで遊べるかと思います。




Category: 他ロボフィギュアレビュー

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks