2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

ROBOT魂 「紅蓮聖天八極式」 レビュー

 【12//2009】


ROBOT魂の紅蓮聖天八極式です。

紅蓮可翔式をロイドとセシルが好き勝手に改造した(笑)第九世代ナイトメア。
単純にカタログスペックでは劇中で登場した中では最強のナイトメアフレーム。
ディヴァイサー自体もズバ抜けたエースパイロットのカレンだった為に
ギアスを発動したスザクのアルビオンを相打ちとは言え倒したことも合わせて
名実共に最強だったと言えますかね。

名前はコンソールに表示された英語の頭文字"SEITEN"と
"EIGHT ELEMENTS"を咲世子が日本的に訳して名づけたことに由来。

ちょっと調子に乗って写真撮りすぎてかなり長くなってます(笑


付属品一覧

・展開時エナジーウイング(左右各1)
・メーザーバイブレーションソード
・幅射波動照射用腕
・円盤状幅射波動砲弾
・スラッシュハーケン×2
・握り手
・武器手


 
 
 

プロポーションをグルリと。
なんともボリュームのある体系です。
今までの紅蓮よりもあっちこっちトゲトゲしてます。



バストアップ。
俺のは顔の白い塗装が若干剥げてました。
これが通販の難しい所ですね。
まぁこの程度なら普段塗装しない人間でも簡単に修正はできます。

それ以外は相変わらず良好。



いつものようにコクピットは開き
いつものように中にカレンはいません。

あと後ろの飛翔滑走翼にあるミサイルは展開しません。



ROBOT魂の中でナイトメア物だけにあるスタンド接続穴。
ボディに穴を開けるのは反発もあるんですかね?
できればガンダム系とか全てに配備して欲しいんですけど。


  
 
  
  
首の可動。
今回首の軸がかなり引き伸ばせるので、上下は結構自由が利きます。
ただ首の傾けるのは苦手。これが出来ると表情付けがもう少し出来るんですけどね・・・。


  

胴の可動。
可動ポイントは腹部と腰の二箇所。
腹部に若干の上下可動があり。
腰は横回転のみです。


  
  
 

右腕、つまり幅射波動腕の可動。

肩はスラッシュハーケンの干渉が若干あります。下に下げると少し範囲増。
可翔式の時に問題だった肩アーマーと腕は可動が独立しており
それにより大分肩を上げられるようになっています。

肘から手首は今までの幅射波動腕の通り色々と可動ポイントがあり。


  
  

左腕の可動。

こちらの肩は右腕よりもデザイン的にもう少し自由が利きます。

肘は90度ほど。
上腕と前腕がそれぞれ軸回転可能。

手首は異様に角度がついてます。


  
  
  
 
下半身の可動。

股関節は大きめのボールジョイント。
ただし今までの紅蓮と違いベルトがないので、一番自由が利きます。

膝は腿側に引き出し機構があり大分曲がるように。

足首は上下の可動と、つま先はいつものようにボールジョイント可動。

ランドスピナーは今までと変わらずふくらはぎから降りてくる形。



若干無理がありますが、膝の可動のおかげで立て膝も可能です。



紅蓮お馴染みの十手型の呂号乙型特斬刀。
ロイドによりメーザーバイブレーションソードへと改良されてます。

ピンクパール塗装で非常に鮮やかでキレイ。
ただし非展開時状態のものは付属してません。



肩に移動したスラッシュハーケン。
かなり大きく斬れそうなデザインになってます。

肩を外してから交換する形。
リード線ですが、相変わらずあまり長くないです(笑



幅射波動砲弾の発射形態。
丸ごと取り替えます。
周りの棒(砲門?)は軟質素材。

幅射波動と言えば聖天のは有線で飛ばせますが
本フィギュアにはそれ様のリード線などは付属してません。
現在魂ウェブ商店で受注中のエナジーウイングセットの方に付属してます。


 

幅射波動砲弾を円盤状に収束させたカッター。
全く劇中とは違う色に(笑
なんていうか玉ねぎの輪切りですねこれ。

本来の赤い透明なものは上記のエナジーウイングセットの方に。


 
 
 
 
 

エナジーウイング色々。
アルビオンの失敗とは違い、きちんとクリアーパープルのキレイな成型に。
3箇所に可動ポイントがあるのであっちこっち動かせます。



エナジーウイングを展開して、いざ出撃。



機体デザインや羽のデザインなど含めて
なんとも悪魔チックな雰囲気になりましたね。


 
 
 
 
 
 
 
 
 

ポージング色々。
エナジーウイングの形状もあって滅茶苦茶カッコいいです。
ただかなり大きいのでうちの撮影スペースでは結構ギリ。



ちなみに飛翔滑走翼自体は共通なので
こんな具合に他の黒の騎士団のナイトメアに装備させることが出来ます。




VSランスロットフロンティア

「カレン、お前の勝ちだ。」

「どうでもいいよそんなこと。じゃあね。」


 
 
 

VSランスロットアルビオン

「そんな、届かなかったの・・・。」

「いや、届いているよカレン・・・。」

最後の紅蓮VSランスロットの一騎打ちは
早々にお互いエナジーウイングを落とされて
ナイトメアの基本であるランドスピナーを駆使した地上(ダモクレス上)の格闘戦で
非常に熱かったですよね。

まぁ俺の撮影環境的には2機ともエナジーウイングを展開すると
とても収まりきらないので地上戦のみにしたんですけど(笑



以上、ROBOT魂の紅蓮聖天八極式のレビューでした。

紅蓮本体は今まで立体化された紅蓮の中で一番出来がいいのではないかと。
間接がユルユルと言うこともないですし、

付属品はちょいと微妙ですかね。
幅射波動のカッターの色と、有線ワイヤーが付属されていない。
そしてそれがネット受注のオプションに入っていること。
これを見ると「あぁそういうことね」と思わずにはいられない仕様なわけで。

エナジーウイング自体は人それぞれの好みがあるので
別売の色味が違うことには文句はありません。
アルビオンのようなふざけた色ではありませんし。
個人的にはこれで十分満足してます。




Category: ROBOT魂レビュー

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks