2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

コトブキヤ SRWOG 1/144 「サイバスター」 レビュー

 【21//2009】


コトブキヤのスパロボOGシリーズのサイバスターです。

スパロボファンにはお馴染み、そして不動の人気を誇る風の魔装機神。
以前ノンスケールの変形がオミットされたものは発売されましたが
今回は変形もする1/144サイズでの立体化と相成りました。


付属品一覧

・ディスカッター
・ハイファミリア×2
・武器手(左右各1)
・平手(左右各1)


このようにスタンドも付属されてますが詳細は後に。


 
 
 

プロポーションをグルリと。
人によって好みが分かれるようですが、個人的には何も問題ないです。
超高機動の風の魔装機神ですが
デザイン的には結構マッシブな機体なんで、このぐらいのボリュームがいい感じ。

全身トゲトゲしてて動かしたりするのは大変です。
特に手首が凶器じみてます(苦笑

ボリュームのある羽がかなり高い位置にあり
足の爪も後ろ方向は接地していないので
後ろに倒れやすく接地状態のバランスは若干悪い。


 
 
バストアップ。
襟の黄色と黒の部分は黄色成型に黒で塗装済み。
目も写真が判別難しいですけど、黒い部分が塗装済み。

機体各所の緑は全てクリアーパーツです。



同じ1/144の人達。
スパロボだとガンダムとサイバスターが同じMサイズなんですよね。
まぁ更に大きいマジンカイザーもMサイズだったりするんで範囲が広いんでしょうが。

ただフェアリオンがSサイズってのには違和感が。
スパロボオリジナル基準で見るとSサイズなんですけどね。


  
 
首の可動。
襟に囲まれているデザインなのであまり動かない感じです。
軸には変形用の可動がありますが、あまり役には立ちません。


  
 
胴の可動。
単純に大きいボールジョイント可動です。
腰の捻りは真横だと4枚の写真が限度。
角度を付けるともう少し捻れます。


 
 
  
 
肩・腕の可動。

肩は胴との接続が大きいボールジョイントと上下可動で、90度ほど。
肩アーマーは前後が別になっていて、小さいボールジョイント可動。

肘は90度ほど。
上腕アーマー内部に軸回転があります。
前腕部はボールジョイント可動があり、若干の表情付けが可能。
手首は単純にボールジョイント。


 
  
 
下半身の可動。

股関節はブロック式ですが、フロント・サイドアーマーが干渉気味。
膝の可動の画像の通り、腿を上げるのはかなり苦手。

膝は普通に曲げると90度もいきません。
変形用の逆間接可動を利用すると、90度ほどまで。

足首は二重ボールジョイント。
中継ぎが球状で干渉もないので、前後左右に画像のぐらい動きます。

足の爪は全て可動。
前後の爪は根元も上下可動、左右の爪は根元がボールジョイント。


 
 

羽は根元がボールジョイント接続+上下可動。
羽自体は上2枚がそれぞれ開きます。



ディスカッター。
作品によって形状が違ったり鞘があったりする武器。

長剣ではないのでそこまで長くは無いですが、サイズ的に思ったよりは長め。
各所に散りばめられた宝玉もちゃんとパーツ分けされてます。
刀身は若干ラメ入り。

問題は持ち手。
相変わらずコトブキヤ伝統で異常なまでに簡単に手が分解します。ホントにイライラ。
ただサイバスターの場合はポーズ的に手から剣を離すこともあるので
安易に接着をするわけにもと(苦笑
アカシックバスターのポーズとかどうでもいいという方は接着しちゃって下さい。


 

ハイファミリア。
魔装機神に用意されている、搭乗者の使い魔を登場させて使う遠隔武器。
マサキの場合はクロとシロ、黒猫と白猫ですね(笑

専用のスタンドを使って飾れます。
ハイファミリアとの接続と根元がそれぞれボールジョイント。

成型的には真っ白。
ここまでは残念ながらクリアーパーツは使ってもらえませんでした。



そしてメインスタンド。
魔法陣が描かれてます。

軸は一番上の画像であるとおり分割されていて
微妙に角度をつけることは可能。



ただ問題としてちょっと角度が前傾過ぎてます(汗
てっきりサイバード形態を意識した角度なのかと思ったら
後でサイバードを取り付けたら結局前傾してました(苦笑


 

ディスカッターでポージング。

あまりレビューするに当たって俺としては好きではないんですが
カメラのアングルを最大利用しないと
スタンドの性能的に突っ込む感じとか出せません。



俺的にやりたかった鳥足キック(笑



いけっ、ハイファミリアッ。

ハイファミリアってどうやって飛ばしてましたっけ。
別にサイバスター側で操作するわけじゃないんで
ポーズとかはどうでもいいと言えばそれまでですが(笑


 

サイバスターの最強武器コスモノヴァ。
上半身の辺りから4つの光球を作り出し、敵にぶつけ内部爆発させる攻撃。

ただゲーム内のようにグワッと腕を交差することは出来ません・・・(苦笑



変形に向けてちょうどいいので、アカシックバスター用意。

剣で魔法陣を描き、そこから呼び出した火の鳥をサイバード状態に纏い
自ら青い炎の鳥になって敵に突撃するというのが最近では一般的。
別名「エーテルちゃぶ台返し」とも呼ぶ(嘘w)

剣の下にスタンドを置こうかとも思ったんですが
サイズ的に難しかったので止めました。
剣はただ平手にひっかけてあるだけです。
これはサイバスターの象徴的なポーズなんだし、専用の手首をつけて欲しかった。



以下変形です。解説は適当に(笑


頭はこんな形に引っ込めます。


 

ストッパー代わりになっているバックパックを外し胴体を縮めた後に
開いたバックパックを再度はめます。



腕は手首を外し、上腕を上に押し込んで、各部をこんな形に。


 

象徴的な鳥足。
膝可動を引き伸ばし、逆間接方向に曲げて、爪を全部曲げます。



鳥の頭は後ろから持ってきて、股とフロントアーマーの2点で固定。
そして首を伸ばして、トサカを上げます。画像ではトサカ閉じてますが(笑

その後羽を開いたり各所のバランスを整えたりして変形終了。



アァカシック、バスタッーーー!!!

巡航形態サイバードですね。
スパロボでは凄まじい移動力と運動性をほこります。

デザインはそもそもサイバードの設定画を見たことが無いので判断が。
ゲーム内のデフォルメしか見たこと無いんですよね。
ただ全体のバランスを考えると、どうしても足がデカすぎる。

あと一つ疑問に思ったのが、何故かトサカが白い。
ブキヤキットなら金型的に無理だったら塗装済みパーツとかにするんで
ここまで大きい部分でこれはなんだか違和感です。



以上、コトブキヤのサイバスターでした。

良くも悪くもブキヤキット。
変に弄らなければただ組むだけで十分すぎるぐらいの出来でいいんですが
遊ぼうと思うとあっちこっち外れまくると。

あと個人的にスタンドの性能はもう少し何とかして欲しかった。
大きいんで適当なスタンドを使うには不安定で怖いですし。

ただプロポーション、可動、変形、価格とそれらを総合的に考えれば
サイバスターの立体物の決定版と言ってもいいかと個人的には思います。




Category: スパロボキットレビュー

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Comments

これはすごい!
色分けもいいし、台座もファミリアもあるんですね!すばらしい。
値段もすばらしい様ですがwww
写真多くて良いですね~。毎度お疲れ様です。

Posted at 02:58:31 2009/11/23 by 名無し

Comments

やっぱサイズがサイズなんで
色分け等は十分できてますよね。
付属品も手首以外は満足できるレベルですし。
ただお値段だけはね(笑

Posted at 00:40:16 2009/11/24 by aki

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks