2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

ROBOT魂 「蜃気楼」 レビュー

 【26//2009】


ROBOT魂の蜃気楼です。

今年4月の発売以来かなりの人気で入手困難となっていた本フィギュア。
この度他の品薄物と一緒にめでたく再販の運びとなりました。

コードギアスの主人公ルルーシュの専用機ですね。
スペック的には第8世代相当のナイトメアフレーム。
ルルーシュの役割を考えた完全なる指揮官機として作られており
高度な情報解析能力に加え、強力な防御機構に広範囲砲撃と
まさしくナイトメアサイズの戦艦・要塞のような機体。


付属品一覧

・絶対守護領域(+本体接続パーツ)
・ゼロビーム用クリスタル
・フレイヤエリミネーター携帯・展開2種
・武器手(左右各1)

後から気づいたんですが、ゼロビームのクリスタルは装備させたままでいいですよね(苦笑


 
 
 

プロポーションをグルリと。
蜃気楼ってこんな細いコンパクトなデザインだったんですね。
持ち上げると軽いです(笑

肩・胸・足はロボ魂の主役KMF仕様でポリカーボネイト。


 

バストアップ+フェイスアップ。
ファクトスフィアなどに当たる頭部の紫部分はクリアーしてます。
4つ目はプリント塗装。
全体的に相変わらず塗装精度は高し。



コクピットもちゃんと開きます。
そしていつものようにルルーシュはおらず。

蜃気楼って飛翔滑走翼とコクピットが完全に一体化してるんですね。
翼も短めで非常にコンパクト。



SIDE KMFとしては確か一番初めにスタンド接続穴が配備されたフィギュア。



ROBOT魂で主役ナイトメア勢揃いな図。
こうやって見ると蜃気楼って黒の騎士団よりブリタニアな雰囲気です。
もっと言うとラクシャータよりもロイドという感じ。


  
 
首の可動。
上は全く向けません。
それ以外はそれなりには動く感じ。



胴の可動。
と言っても見てわかるとおりデザイン的にほとんど動きません。
無理に回そうとするとボールジョイントが抜けます。
上下左右にほんの少し気持ち動いてるかなぁという程度です。


 
  

肩・腕の可動。
肩は変形機構との兼ね合いでかなり上がります。
ただし前後はデザイン的に軸回転しかできません。

腕は上腕・前腕それぞれに軸回転。
肘は90度。


  
  
  

下半身の可動。
股関節はデザイン的にほとんど開きません。

膝は変形機構を利用すると180度ペッタリくっつきます。

足首はデザイン上横可動はありません。
前後の爪はそれぞれ前後可動。

黒の騎士団よろしくランドスピナーはふくらはぎから降りてきます。
もちろんタイヤは回転式。


総じて可動はかなりダメダメですけど
そもそも機体コンセプトと劇中活躍から考えて動く必要はないですからね。
これだけ動けば十分と言った感じです。



やはりガウェインからのこの偉そうな浮遊ポーズが似合います(笑



蹴り上げるっ!
ホントに格闘ポーズは似合わないですねぇ(笑


 
 

ハドロンショット。

腕からそのまんま引き出します。
ただこれがかなり固い。


 

ゼロビームこと拡散構造相転移砲の発射状態。

胸は普通にカパッと開けます。
クリスタルはちゃんと装着した閉めることが可能。
初めにはめる時はかなり苦戦しました・・・(汗



拡散砲撃の場合はまず液体金属で出来たクリスタルを発射して
そこにビームを当て乱反射させるんですよね。

絶対守護領域の接続パーツを両面テープで無理やり固定して(笑


 

蜃気楼の代名詞と言える能力、絶対守護領域。
ラクシャータ曰く「世界最高峰の防御力」。
完全に機能させるにはルルーシュ並の超演算能力が必要不可欠。

コクピットから脇の下を通して接続パーツで接続します。
ですが・・・

 

やはり本体から照射されるような形ではないので
こうやってスタンドで別に飾る方が良いですよね。

接続は一般的な3mm軸のスタンドに対応してます。



黒の騎士団の粛清からルルーシュを逃がした際のロロには泣かされました。
シャーリーを殺した嫌な奴だったのにっ。



以下変形です。


頭を引っ込める。
ただ完全には引っ込まず上の目は丸々見えちゃいます。



肩を前に倒して、腕を後ろへ。
今までの画像でありますが、飛翔滑走翼の様にピンがあり固定できます。



胴を縮める。


 

膝を引き伸ばし、正座のように後ろに曲げ、爪を閉じる。
ここはランドスピナーのタイヤを飛翔滑走翼に固定できます。


 
 

フォートレスモードに変形完了。
蜃気楼のは潜水形態って扱いらしいです。
まぁ飛翔滑走翼がそのままなんで飛べますけどね。

非常にコンパクトで可愛らしい形になります。
各所固定されているのでダレたりもしません。



フレイヤエリミネーターを取り付け可能。


 
 

いざ、ダモクレスへGO!

アルビオンの発売から早半年。
遂に「19秒と0.04秒の奇跡」を再現することが可能となりました。

まぁ環境データを打ち込んだルルーシュも
それを爆発までに投げ込んだスザクも共に無茶苦茶なんですけどね(笑



以上、ROBOT魂の蜃気楼でした。

必要なぐらいは動くし、変形もする。
プロポーションも文句なし。
これは完璧ですね。何も文句が無い。

とりあえずこの蜃気楼に学んだことは
「お手頃な価格の主人公機はちゃんと確保しておけ」
ってことです(笑




Category: ROBOT魂レビュー

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Comments

蜃気楼は基本的に砲撃がメインですから可動は最小限でも問題ないみたいですね、欲をいえばもう少し変形のときに頭が隠れるとよかったですけどそうすると今度は取るときに問題があったのではないでしょうか?

Posted at 19:13:10 2009/11/28 by うかつ者

Comments

ナイトメアとしてはスラッシュハーケンすら装備されていないなど
完全に接近戦闘を考えて設計されてないですからね(笑

変形時の首は恐らく胴を縮める可動との兼ね合いであれが限度なのかなと。
まぁこのぐらいなら全然許容範囲って感じです。
そもそもアニメに出てくるロボって昔から色々と無茶ありますから(笑

Posted at 23:09:23 2009/11/28 by aki

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks