2017 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 05

ROBOT魂 「ユニコーンガンダム ユニコーンモード」 レビュー

 【28//2009】


ROBOT魂のユニコーンガンダム ユニコーンモードです。

来年の劇場公開&OVA展開に合わせる形で急激な立体化の進むガンダムUC。
その特徴的な主人公機ユニコーンガンダム。
ROBOT魂ではユニコーンとデストロイの2形態を切り離しての立体化となりました。


付属品一覧

・ビームマグナム
・シールド(+バックパックマウントパーツ)
・ビームサーベル刃×2
・硬質素材アンテナ
・平手(左右各1)
・剣手(左右各1)
・銃手(左右各1)

なんとSIDE MSとしては初(?)の、ライフルとサーベルの手首が分離。
さすがガンダムUC祭り(笑


 
 
 

プロポーションをグルリと。
見事に真っ白です(笑

色々な所でスミ入れがないと寂しいとかいう意見を見るんですけど
俺個人としてはユニコーンってのは純白な方が「らしい」と思うんですけどね。
装甲展開の分割線が際立ってたら、変形の驚きも無くない?と。

ただ後の画像の各部アップでもわかるんですけど
ところどころが水色になってます。
真っ白なんで影のイメージの表現でしょうか。
それとももしかしてアニメ版仕様だったり?


 
バストアップ&フェイスアップ。
アンテナは硬質素材もありますが、軟質の仕様でも十分いい感じなのでそのままにしてます。

目は相変わらず見にくいですが、今回どうもエメラルドグリーンっぽいです。


  
 
首の可動。
二重間接となっており十分な可動範囲。


  
  
  
胴の可動。
1枚目の画像の通り伸びます。
逆に言うと伸ばさないと前後も全然動かないんですねこれ。
ちなみに伸ばしても反らせるのはバックパックが邪魔になってあまりできません。

横に倒すのは伸ばそうが変わりません。

捻るのは無理をすれば90度回転もいけます。
ただ微妙に怖い感じもするので自己責任でお願いします(笑


 
 
肩・腕の可動。
肩アーマーは独立可動で、90度以上上がります。
前後も引き出しと軸可動があり結構得意。

肘はいつも通りに装甲の干渉まで。


 
  
  

下半身の可動。
股関節はSIDE MS標準の簡易ブロック式。
個体差かわかりませんが、腿の軸回転が若干緩い?

フロント・サイド・バックアーマーはそれぞれ独立可動。
サイドは足を開いたり腰を捻ったりするとよく吹っ飛びます(苦笑

膝はユニコーン特有のデザイン的な問題で全然曲がりません。
ただハイコンプロと同じように引き出し構造で問題解消と。

足首は前後はかなりいくんですが
横が単純なボールジョイントで、他のMSに比べるとちょっと残念。


可動範囲のまとめとしては
首の可動を除けば、変形も可能なハイコンプロのが上という悲しい現実(苦笑



立て膝は様々な可動を利用して「それっぽく」見せることは可能(笑
まぁユニコーンは足の長さとかで元々難しいんですよね。立て膝。


 
 

ビームマグナム。
通常のライフルの威力4倍のデタラメ武器。

フォアグリップは可動するんですが
特徴的なエネルギーパックの交換のギミックは一切ありません。

マウントは本来マガジンをマウントするバックアーマーに取り付けることは可能(説明書無し)
ただ胴を伸ばさないとバックパックに完全にぶつかるので
実質マウントする場所は無い感じです。
ハイコンプロでは可能だった腕も穴がないので不可能。


  
  
 
シールド。
腕のマウントはプラモなのでよくある形で横と後ろが可能。
シールド側も穴が2箇所あるので若干の上下は可能。

デストロイモードでの変形もできます。
本来スライドする部分は差し替えで。
4枚のサイコフレームのバインダーは非稼働状態でグレーになってます。
これもしかしてアニメではユニコーンモードでも展開するんでしょうか?

バックパックへのマウントは専用の接続パーツを利用して。


 

ビームサーベル。
これが今までの立体物と大きく違う点。
最近公開されたアニメイラストにより、アニメ版ではサーベル刃が青白いことが判明しました。
それを反映してROBOT魂ではクリアー+ラメという仕様になっています。

変形をしないのでバックパックの可動はありません。
サーベル柄はなんとはめ込み式。
もちろん腕のビームトンファーの可動もありません。



以下適当にポージング画像。

 
 
 
 
 
 




以上、ROBOT魂のユニコーンでした。

変形をオミットして可動に特化したモデルということで期待をしていたんですが
正直な話ハイコンプロの方が動きますねこれ・・・(汗
動かしている間に装甲が開いたりとかしないのはいいのですが。

武装面もビームマグナムが色々と省かれすぎて微妙ですし。
せめてエネルギーパックの予備ぐらいつけて欲しかったものです。

まぁお値段も手頃な価格ですし
同じく変形をオミットしたHGUCよりかは遥かに動くので
気軽に遊びたいという方にはオススメといったところ。

デストロイモードの方は来年の2月の発売。
そちらには本フィギュアに付属されていないハイパーバズーカや
本体同梱としては初となるビームガトリングガンが付属されてます。

 


Category: ROBOT魂レビュー

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks