2017 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 05

プレイアーツ改 「アルフォンス・エルリック」 レビュー

 【09//2009】


プレイアーツ改のアルフォンス・エルリックです。

プレイアーツ改はスクウェアエニックス関連作品のアクションフィギュアのカテゴリー。
と思っていたんですが、バイオハザード5も入っててなんだかよくわかりません(笑
通販サイトによってはたまにコトブキヤに入ってることがあるんですが
パッケージには見受けられないので、スクエニの商品みたいです。

アニメ・漫画好きならずとも名前ぐらいはかなり有名な
鋼の錬金術師の主人公エルリック兄弟の弟ですね。
母親の人体練成の失敗によって肉体を代償に持っていかれたアルを
エドが右腕を代償として近くにあった鎧に魂だけかろうじて定着させた姿。
それを元の姿に戻す方法を探すための旅が作品としての根幹。


付属品一覧

・交換用頭部
・猫
・握り手(左右各1)
・スタンド


 
 
 

プロポーションをグルリと。
上半身が大きめの若干ずんぐりむっくりした感じが良く出ているなと(笑
ただ腕の間接がちょっと長すぎるかなぁ。

全身の塗装は鎧らしいメタリックなグラデ塗装で非常に良い質感になってます。
実在したらこんな雰囲気なのかなと。


 

バスト&フェイスアップ。
良く見ると左側の目が若干ずれ気味。
まぁ寄らないとさほど気にはなりません。

首ガードみたいな部分がかなりずれてるなと思ったのですが
パケ写などを見てもそうなってるので個体差ではなくデフォなんでしょう。



かなりの頻度で使われるギャグフェイスも付属(笑



頭部の飾りはかなり柔らかい軟質素材。



近い所でSICディケイドと並べて。
劇中でも一般男性よりも大きい鎧でしたので
もしかしたらスケールはSICと同じくらいかもしれません。


  
  

首の可動。
いわゆる鉄アレイ型の二連ボールジョイントが使われています。
前後左右に比較的可動範囲は大きめ。
唯一デザイン的に襟の中に頭部を入れた状態では横を向くのが苦手です。


  
 
胴の可動。
首と同じ二連ボールジョイント。
ただデザイン的なこともありそこまでは動きません。
捻りはグルグル回ります。


 

肩・腕の可動。
肩はボールジョント+上下可動。
スパイク部分も若干の上下可動はあります。

肘は二重関節で180度曲がります。
まぁそのために伸ばした時に違和感があるぐらい間接が長いですが(苦笑

手首は平・握り共に前後スイングがあり。


  
  
 
下半身の可動。

股関節は簡易ブロック式。
ROBOT魂などで一般的に使われているのと同じ形です。
ただ腿の上部が大きく飛び出しているので真横にはあまり開きません。
足を開く際にはここを逃がしてやる必要があります。
腿上げは90度ほどまで可能。
ふんどしは軟質素材で可動に干渉しません。

膝は二重関節ですが、肘ほどは曲がりません。
間接は曲げた時の見た目を考慮して長めに作られています。

足首は前後左右にかなり範囲広め。
デザイン的に干渉しないSICみたいな。
爪先は動きそうに見えて動きません。


総じて思ったよりもあっちこっち大きく動いて良い感じです。
ただ肘と膝が異常に固い。
動かし始めはあまりの固さに壊れるんじゃないかというぐらいにヒヤヒヤします(汗
反面足首周りが若干緩め。
安定してポーズ取らせるには補強必須かも。



立て膝がかなりキレイに決まる感じ。



このゴテゴテしたデザインで胡坐をかけるのが素晴らしい。



頭ぁ~(笑


 
猫。
アラ何この子可愛い。
ただどことなく不気味な雰囲気も。


  

胸はカパッと外れますが、非常に固い。
マイナスドライバーなどでクイッとやらないとしんどいです。

内部の鎖帷子は可動式で開きます。

中に猫を入れることが可能。
紳士なアルのここに入る資格があるのは動物と可愛い女の子のみ(笑



魂の定着式はキレイにプリント。
アルにとって脳であり心臓であり神経であり。
カリッと消されたら死んでしまいます。

ってかこんな形だったっけ?



カオス(笑


 
掌をパンッとする独特の練成ポーズはちょいと難しい。
まず掌がちゃんと合わないですから。

斜めから見ると比較的それっぽくはなります。



バリバリバリッと錬金術発動。
これ土下座にしか見えないな(汗


 

かなり見えにくいのですがスタンド。
各関節にクリック可動が使われていますが、保持が非常に残念。
台座も重みが無いので支えにもなりません。
せめてネジ締めだったらSICなどにも使える優秀なスタンドだったのになと。



以下適当にポージング。

 
 
 
 
 




以上、プレイアーツ改のアルでした。

質感はよく、可動も十分。
可動優先の為の若干のデザイン的な問題を除けば非常に良い出来ではないかと。
サイズを考えれば比較的値段も適正。

プレイアーツ改のハガレンシリーズは他にエドとマスタング。
エドは腕と足が異様に長くてイメージと違いすぎて非常に微妙(苦笑
マスタングはプレイバリューの問題でね。




Category: 他フィギュアレビュー

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks