2017 02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 03

プレイアーツ改 「ライトニング」 レビュー

 【30//2009】


プレイアーツ改のライトニングです。

発売されたばかりで現在プレイ中の「ファイナルファンタジー13」の主人公。
ライトニングは自らつけた偽名で本名は別に。
まぁまだ俺自身がゲーム内でわかっていないので書きようがありませんが(笑
パーティーメンバーは他にスノウとヴァニラが同時発売されています。


付属品一覧

・ブレイズエッジ 剣モード
・ブレイズエッジ 銃モード
・武器手(右1)
・平手(左1)
・スタンド

相変わらず本当にどうしようもないスタンドが付属されています。
こんなしょーもない物つけるぐらいなら省いて安くしてくれよと。


 
 
 

プロポーションをグルリと。
クラウドの時も思ったのですが
FF物のプレイアーツって素立ちをさせるとヒョロっとしてて微妙ですね(笑



バストアップ。
ん~あまり似てない気がする(苦笑
髪の毛はどうもノッペリしてて微妙ですね。

正直ゲーム自体がPS3で描写能力が高いので、どうしてもそれと比べてしまってダメですね。



スカーフと言うのかマントと言うのか。
軸回転とほんのわずかな上下可動が可能です。



服をめくるとヘソまでちゃんと作られてました(笑

マント含め服は全てかなり柔らかい軟質素材で作られてます。


  
 
首の可動。
アレイ型の二重ボールジョイント。
髪の毛が結構干渉しちゃってる感じ。


  
 
胴の可動。
アレイ型の大型二重ボールジョイント。
大分大きく動きますね。


 
肩・腕の可動。
肩は軸回転+上下スイング。
思いっきり上げることは可能ですが、胴との接続が軸のため前後調節は利きません。
左肩はアーマーがありますが、軟質で全く干渉しないので同じぐらい上がります。

腕の回転は上腕部分。
右だと下側のアクセ、左はロンググローブの淵。

肘は単純に90度可動。
手首は軸回転のみで表情付けはほぼ不可能。


 
 
  
  

下半身の可動。
股関節はボールジョイントですが、軸を逃がすスリットがあるので180度近い開脚が可能。

腿上げは90度よりももう少し上がる感じ。
ショートパンツの裾に軸回転があります。

膝は二重関節で180度ほど曲がります。

ブーツの淵にて軸回転。
足首は従来のプレイアーツのように可動。


総じて可動範囲はさすがにプレイアーツから大幅に成長してます。
ただ肩から腕が相変わらず微妙。
肘は他のアクションフィギュアが単純可動でも90度以上曲がっているので
いい加減どうにかならないものですかねぇ。
あと手首も武器を構えるに当たって軸回転ではさすがに厳しい。



立て膝はやっぱり余裕。



膝が180度曲がるので正座も楽に。


 
 
 
 
 
ブレイズエッジ。
ライトニングの初期装備にして、ムービーで使う基本武器。
本来はライトニングの武器は銃・剣の変形式です。

銃モードはホルダーにしまう為にグリップ、トリガー、砲身下部が可動。
ただグリップとトリガーがかなりユルユル(汗

剣モードは特にギミックはありません。

手首にピン、武器に穴があり保持は問題ありません。
ただし持てるのは右のみ。
左の平手でも持てないことはないですが、保持は絶望的です。



以下、適当にポージング。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 



以上、プレイアーツ改のライトニングでした。

プレイアーツの頃に比べればかなり可動面がマシになりましたね。
下半身に至ってはもう十分すぎるでしょう。
これで腕がもう少し動いてくれれば何も文句なくなるのに。

あと付属品に関して手首のバリエーションを増やしてもらえませんかね。
武器の持ち手は右に固定、平手の造形はやる気無しとこれは正直萎えます。
あんなクソの役にも立たないスタンドなんかいらないから。

今の所FF13のプレイアーツ改は3月にスノウの召喚獣シヴァが決まってます。
他の3人のメンバーもいつかリリースされるんでしょうかね。
個人的にはサッズとファングが欲しい所。




Category: 他フィギュアレビュー

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks