2017 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 08

コトブキヤ SRWOG 「グランゾン」 レビュー

 【27//2010】


コトブキヤのスパロボOGシリーズのグランゾンです。

シリーズ全体を通して基本的に謎の暗躍をするシュウ・シラカワの搭乗機。
サイバスターのライバル機にあたる機体にして、双璧をなすほどの人気機体。
まぁどっちかと言えばネオグランゾンの方が人気があるかもしれませんが。
グランゾンの方は味方としての出番も微妙に多いんですよね。

今回全身が青という成型色のため写真の質に統一性が無くなってます(汗
本当にプラモの青い成型色は難しい。

1/27(20:00)一部文章修正。


付属品一覧

・グランワームソード刃2種
・グランワームソード柄(右手首のみ)
・平手(左右各1)


 
 
 

プロポーションをグルリと。
いかにもボス機体っぽくマッシブでゴツイです。
足と背中のスラスターの黄色い部分は塗装済み。


 

バスト&フェイスアップ。
顔はパーツ分割ではなく塗装済み。
機体各所のオレンジ部分は全てクリアーパーツ。



サイズはこのぐらい。
本来は27.3mということで今回はノンスケールです。
計算すると大体1/170ぐらいかな。

いちおうサイバスターと並べられるほどのサイズで作られているらしいですが
うちのはジャンクに埋もれてしまっているので(苦笑 


  
 
首の可動。
単純にボールジョイント接続。
そこそこ動きますが、首を傾けるのだけはデザイン的にほぼ無理。



胴の可動。
軸接続で回転のみ。


 
 
 
肩・腕の可動。
肩は若干の引き出しがあり前後に多少ですが可動。
ただし肩アーマーが固定の為、肩を上げることはほとんど出来ない感じです。
肩アーマー下部は二箇所の軸可動ですが、干渉の為それほどはといったところ。

肘は90度ほど。
手首はボールジョイント。


 
  
 
  
 
下半身の可動。
股関節はブロック式。
ただ腿の外側への回転はリアアーマーが結構干渉気味。
腿上げは90度ちょい。
腰アーマーは後ろの方でボールジョイント接続されていて若干動きます。

膝はいちおう二重間接ですが90度いくかいかないかレベル。

足首は前後はそこそこ。
横は軸回転で本来は結構いくんですが、足のデザイン的に干渉してしまっています。
オリジナルのスーパー系統の機体ってこういうデザイン多いんですよね。


総じて可動はちょっと微妙。
と言ってもイメージとしてそんなガシガシ動く機体ではないですしね。
ドッシリ構えてトンデモ火力をひたすらぶっ放す感じ。


 

背部スラスターは根元の横可動とボールジョイント。
フィンは全て一枚ずつ開きます。



スタンド接続穴があります。
一般的な3mm軸の魂ステージやfigmaスタンドなど汎用性はありますが
若干重いのでスタンド1本で支えるのは厳しいです。



肩アーマーに配置された歪曲フィールド発生装置。
OGシリーズでは色々なボス機体が装備していますが、オリジナルはこれ。

問答無用でダメージを半減させる邪魔くさいバリア。
これと異常に高いHPのせいで合体攻撃ゲームになるんですよね。
まぁENにダメージを与えて発動不可にする方法はあるんですが。



ブラックホールクラスター。
差し替え無しで展開します。

グランゾンの最強兵器。
いつも思うんですけどこういう兵器ってゲームならではですよね。
こんなもん回避や防御したところで余裕でお陀仏じゃないかと(笑


 

グランワームソード。
持ち手は右のみ。
今回手が一体化しており、柄を穴に通す形でイラッとしません
手の甲は握り手と共通。

刀身はシンプルな物と非対称の装飾の物の2種。
シンプル・・・αシリーズOGシリーズ
装飾・・・OGシリーズαシリーズ
といった使われ方でしたかね。
あれだけ戦闘シーンが派手になっているのに、最新作の方が剣の装飾はシンプルとは。



以下、適当にポージング。
と言ってもアクション機体ではないから全然思いつきませんでした(苦笑

 
 
 
 




以上、コトブキヤのグランゾンでした。

グランゾンらしいドッシリとした雰囲気は出ていて
かつそこそこ動くので十分な出来ではないでしょうか。

なんだか今回結構組みやすかった印象があります。
まぁ相変わらず後からバラせるようにピンが短めで、素組みでも接着しないと厳しいですが。

グランゾンが出たとなれば、次はやはりネオグランゾンでしょう。
グランゾンよりも大型化し、色々と装飾が加わったまさにラスボスという威厳の機体。
未発表の今から楽しみで仕方がありません。




Category: スパロボキットレビュー

Comments (4) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Comments

たしかグランワームソードは刀身が派手なのが旧でシンプルなのがOG仕様のはずです。
たしかにゲームならではの武器ですよね、縮退砲なんて銀河を破壊しまくってましたし実際の武器にはなりそうにありませんね。

Posted at 19:03:11 2010/01/27 by うかつ者

Comments

グランワームソードのとこ思いっきりミスってましたね(汗
ご指摘ありがとうございます。

スパロボのオリジナル関係の武器って無茶苦茶なの多いんですよね。
ブラックホールとかそういうの平気で持ってますし(笑

Posted at 19:59:34 2010/01/27 by aki

Comments

グランワームソードはαシリーズのは
「復活後」のグランゾンの武装なので、
OG仕様とかそういうくくりではない気
がしまする。

Posted at 07:37:08 2010/02/07 by ポチョムキン

Comments

なるほど、単に製作陣の気まぐれとか好みでデザインが違っていたわけではなく
ちゃんと設定ありきのデザイン違いだったわけですか。
魔装機神自体はそこまで触れてないので知りませんでした。

Posted at 23:54:44 2010/02/07 by aki

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks