2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

MG 「ジンクス」 レビュー 前半

 【04//2010】


ガンプラMGのジンクスです。

00ファーストシーズン終盤に登場した国連軍の量産機。
イオリアの計画を我が物にせんとしたアレハンドロにより
国連軍に擬似太陽炉と共に与えられた30機のMS。
単機性能ではCBのガンダムには劣るものの
汎用性の高い性能で物量戦でCBを壊滅寸前まで追い込むという十分な活躍をしましたね。

バランスの取れた非常に優秀な機体であるためファースト以後も数々の改良が加えられ
00最新作となる劇場版にもジンクスIVという形で登場する予定。

MGの宇宙世紀作品以外のシリーズとしては初の量産機の商品化。
何気にスゴイ事です。
それだけ00シリーズの商品力は期待ができるということでしょうか。
今後流用でジンクスIII、ジンクスIVは堅い?(笑


付属品一覧

・GNビームライフル
・ライフル用ロングバレル
・ロングバレル時用センサー
・GNシールド
・GNビームサーベル刃×2
・GNドライブ台座


 
 
 

プロポーションをグルリと。
ジンクスらしいこの下半身にボリュームのある感じが上手く出ています。
基本色が白と灰色というのが妙に締まって見えますね。


 

バスト&フェイスアップ。
GNバルカンがちゃんと作られてます。
胸のGNドライブ部分もクリアーパーツ。見えにくいですけどね(苦笑

4つ目と額のクリアーパーツ内部にホイルシール。
この額の白い部分が外れやすくてですね。
何度も内側のクリアーパーツを失くしかけました(汗
俺は素組みな人なので接着済み。



マーキングシールとデカール。

デカールの方は機体番号1~30までローマ数字で書かれたものがあります。
1段目がAEU、2段目が人革連、3段目がユニオン。
01・・・コーラサワー
11・・・セルゲイ
20・・・ピーリス
21・・・グラハム
22・・・ダリル
25・・・ヘンリー
エース級の番号はこんな感じ。
まぁグラハムさんはGNドライブだけパクってGNフラッグに取り付けちゃったんで
機体が誰にどう使われたのかは知りませんが(笑


 
 
  

擬似太陽炉:GNドライブ[T(タウ)]

コーナー家が木星で入手した太陽炉のデータを基に独自に作り上げたGNドライブ。
オリジナルと違い電力をGN粒子に変換するシステムで、エネルギー有限の充電式。
この頃のはGN粒子が有毒で、再生治療が不可能。

後ろ側を引っ張ると4本のストッパーが開き、それによりガッチリ固定する形。
こういうギミックはいかにもメカっぽくて好きですね。

劇中をイメージした縦型の台座が付属。
六角形で接続用のピンと穴があるので、30個買うと劇中再現が出来ます(笑



エクシアの純正のGNドライブと比べるとこんなに違うんですね。
大きさやピンがいかにもパチモンくさい(笑

こうなると西暦2312年仕様の色々と改良されたドライブも見てみたくなります。

ちなみにエクシアのドライブと違い発光させる為のLEDが入っていませんが

こんな紙が2枚入っていて欲しい人は別個に買えるようになっています。
この分だけキット自体が安くなるので良いですね。
発光ギミックなんかいらないって人も多いと思うので。


 

胸と腰に機体名と同じ「X」状に配置されたGN粒子発生器。

胸は軸そのものに若干のスイングと、接続のボールジョイント。
ただボールジョイントが小さいこともあり、かなりズレやすい。

腰は基部が大きくスイング、接続は胸よりは大きいボールジョイント。
こちらは少しの干渉で簡単にボールジョイントが外れて、足を動かす際に若干イライラ。
ただ他のジャンルでの立体化の際は股関節の可動に干渉する邪魔な部分でしたので
これだけ大きく動くと言うこと自体がありがたいことです。


 
 
フロントアーマー部に配置されたコクピット。

丸ごと下に下ろしてからカバーを開く形。

パイロットは人革連からセルゲイ・スミルノフとソーマ・ピーリスの選択式。
形状的にピンセットなどで後からでも比較的簡単に交換できます。
微妙に造形が細かい。
他にもジンクスに登場したエース級パイロットはいましたが付属はこの2人だけ。
生存がちゃんと描写された2人だからでしょうか。

炭酸君・・・。
是非ジンクスIIIを商品化する際には彼をお願いします(笑


 

バックアーマーに配置されたブースター。

基部が上下スイング、ブースター下部も上下スイング。
ウイング部は接続がボールジョイントで、羽が横スイング。


  
  
 
首の可動。

根元の軸回転&横スイングと、接続のボールジョイント&前後スイングという構造。
頭の後ろは上を向く際の干渉を和らげる為に若干開きます。

しかしジンクスってこんなエイリアンみたいな首してたんですね(笑


  
 
胴の可動。

前後スイングとボールジョイントという構造。
そう無茶苦茶動くという訳ではないですが、必要なほどには動きます。


 
 
肩・腕の可動。

肩は根元に前後と上下のスイングあり。
接続はボールジョイントですが、真横は45度あたりが限度でしょうか。

回転は前腕付け根。
肘は二重関節で180度ほど。

手首はいつも通りスイング。
指は中~小指が各自で切り離せる一体式。


 
 
 
 
  
 
下半身の可動。
ここはフレームがエクシアとほぼ共通に。

股関節は従来のブロック式で
腰アーマーの可動により構造の限界まで足を開くことが可能。
腿上げはさすがに干渉してあまり上がりません。
いちおう膝アーマーの可動を利用して無理やり上げることは可能。

膝はCB機体の流れを汲んだ円状の軸回転タイプ。
ふくらはぎのアーマーが可動し、干渉の限界まで曲げられます。

足首は二重ボールジョイント。
ただ上側がほとんど固定で、実質下側のボールジョイントのみで動かしてます。
つま先と踵もそれぞれ可動。

このつま先が本キットの最も悪い点。
軸可動ですがどうも保持が緩く、重心を前側にするとバッタンします(汗
軸を太らせるなり、何かしらストッパーかますなり手を加えないと危険。


総じてMGの技術を生かしてジンクスをとにかく動かそうというのが見えますね。
ここまで動けばもう十分すぎるでしょう。ご苦労様です。
まぁそれ故に保持が微妙になっている部分も一部ありますが。



立て膝はちょいとキツイかな。



膝アーマーを動かして無理やりになら(笑



好き勝手に説明なども色々と書いていたらなんだか長くなってしまったので
武装紹介と適当なポージング画像は次に回します。
次は下の画像をクリックで飛べます。




Category: MGレビュー

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks