2017 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 12

S.I.C. 「仮面ライダーカブト」 レビュー 前半

 【05//2010】


S.I.C.の仮面ライダーカブトです。

仮面ライダーカブトの主人公、天道総司が変身する仮面ライダー。
モチーフはその名の通りカブトムシ。
ちなみに大人なフィギュアに使われる「キャストオフ」という言葉を広めたことでも有名(笑

ライダー状態としてはライダーフォーム、ハイパーフォーム。
ディケイド版としてゼクターカブトの3形態での立体化。
本来はライダーフォームの前にマスクドフォームがありますが、そこは割愛仕様。
ちなみに次のダークカブトにはマスクドフォームがあります。

SICシリーズとしてはこのカブトで現在放映中のWを除き
主人公(+最終フォーム)が全て商品化されました。
まぁ一部限定商品もありましたが。

ボリュームがあるので今回もレビューを分けていきます。
こちらではライダーフォームを。


マスクドフォーム関係の付属品。

・カブトゼクター
・カブトクナイガン(ガンモード)
・カブトクナイガン(アックスモード)
・カブトクナイガン(クナイモード)
・ディケイドライバー
・ライドブッカー(+ソード刃)
・平手(左右各1)
・指し指手(右1)
・剣手(右1)
・銃手(右1)



ハイパーフォーム関係の付属品。

・頭部
・胸部
・上腕(左右各1)
・前腕アーマー(左右各1)
・腿アーマー(左右各1)
・脚部アーマー(左右各1)
・右足
・ハイパーゼクター
・パーフェクトゼクター
・握り手(左右各1)
・平手(左右各1)
・指し指手(右1)
・剣手(右1)
・銃手(右1)



ハイパーフォーム(HCUモード)関係の付属品。

・前腕アーマー(左右各1)
・脚部アーマー(左右各1)
・羽(左右各1)



ゼクターカブト関係の付属品。

・本体
・前足(左右各1)
・後ろ足(左右各1)
・ジョイントパーツ

このボリュームで5775円なんだぜ・・・?(笑


  
 
プロポーションをグルリと。
なんとなくスマートなイメージのあるカブトですが
SICアレンジでもそこまでマッシブにはなっていない感じ。
デザインはそう無茶苦茶なアレンジがされているわけではないですね。
それが良いのか悪いのかは個々の判断で。
個人的にはこれで十分に満足してます。


 

バスト&フェイスアップ。

頭部や胸部アーマーは他の立体物などと同じでキレイなメタリックレッド。
胸の左右非対称のメカっぽいモールドが好きです。

目はクリアーブルーで複眼になってます。

うむ、カッコいい。



マスクドフォームからのキャストオフ時のカブトホーンの展開もちゃんと再現。

これダークカブトのマスクドフォームって取り付けられたりするんですかね?



腿と膝と脚部のアーマーがダイキャスト製。




首の可動。

根元と頭部との接続の二重ボールジョイント。
デザイン的に干渉もないので、非常に大きく動きます。


  
 
胴の可動。

胸と腰の辺りでの二重ボールジョイント。
首同様に大きく動きます。

ってか腰を傾けたらお腹に銀の塗装がついてるっ。


 

肩・腕の可動。

肩アーマーは胸部とは離れているタイプ。
肩は90度ほど上がります。

肘は二重関節で180度ほど。
手首も従来通りのスイング式。


 
 
 
  

下半身の可動。

股関節は従来のボールジョイント+腿スイング。
腰側のカバーもキバやディケイドなんかと同じ軟質素材。
腿上げも90度ほどまで可能です。

膝は二重間接でふくらはぎが干渉するまで。
150~160度ほど?

足首は上下は従来どおりですが、横が非常に素晴らしいです。
ただ相変わらず保持が若干微妙でして、やっぱり補強はした方がいいかな。


総じてカブト素体スゲェと。メチャメチャ動きますねこれ。
こうなるとダークカブトやガタックも楽しみになるわけで。



立て膝も余裕。



天を指す右手があり、あの傲岸不遜な天道ポーズもちゃんと再現可能(笑

「天の道を往き、総てを司る男だ」


  
 
カブトの変身ツールであるカブトゼクター。

キャストオフや必殺技時のゼクターホーンの可動ギミックがあります。

ベルトに接続されているものとは別に、カブトゼクター単体も付属。


 
 
 

カブトの携帯武器カブトクナイガン。

ガンモード、アックスモード、クナイモードとそれぞれ付属。
ただガンモードとアックスモードって持ち方変えただけじゃなかったでしたっけ?
と言うわけでアックスモードをそのままガンモードとして持たせてみました。

持ち手は剣と銃で別。ただし右のみ。
固体差かわかりませんが、どちらも保持がかなり残念なことに。
銃の方は人差し指をトリガーにかけたりしてもプラプラ。
剣の方ははめる際は異常に堅いくせに、柄が丸いこともあり思いっきり回転しやがります。


 
「1,2,3」「Rider Kick」

 
 
カブトの必殺技ライダーキック。

カブトゼクターの足についたスイッチを3つ押して
ゼクターホーンを一度戻した後に再び倒してチャージ。
そのまま回し蹴りを叩き込むと。

ベースが回し蹴りっていうライダーキックも珍しいですよね。
まぁちゃんと飛び蹴りもしてましたが。



以下、適当にポージング。

 
 
 
 
 
 
 
 




 
 
「カメンライド カブト」

ってなわけでディケイドライバーが付属されており
ディケイドのカメンライド版のカブトにすることが可能。


 

ディケイドライバーのバックルにはギミックは何もありません。

ベルトの交換は前後で分割する形。


 
 

ライドブッカー色々。

ディケイドの物よりも白部分が若干水色がかっており、スミ入れの部分も茶色に。

開くことはできませんが、ディケイドの物と違いグリップがキチンと畳めます。

説明書だとソードモード時は剣手とか書いてあるんですけど
明らかにサイズがあっていないのでハッキリ言って無理です。
これを無理にはめたら、カブトクナイガンの保持が完全に死ぬ。


 
 

ディケイドカブトで適当にポージング。



以上、SICのカブトのレビューでした。
カブトだけなのに無茶苦茶長くなってしまいましたね(苦笑

ハイパーフォームとゼクターカブトのレビューは後編へ。
と言ってもまだ作ってませんが。



Category: SICレビュー

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks