2017 02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 03

ROBOT魂 「V2アサルトバスターガンダム」 レビュー 前半

 【24//2010】

 
ROBOT魂からV2アサルトバスターガンダムのレビューです。

内容は続きからどうぞ。

機動戦士Vガンダムの主人公ウッソ・エヴィンの搭乗するMS。
物語後半で登場するウッソの2機目のガンダム。
莫大な推進力を発生させるミノフスキードライブを搭載し、驚異的な機動性を発揮。

更にミノスフキードライブの出力は推力以外にもかなりの余剰エネルギーをもたらし
それを活用する為のバスターパーツとアサルトパーツも存在。

∀を除けば現時点での宇宙世紀最後のガンダムですね。
時代的なこともあり、単純な機体スペックでは宇宙世紀最強のガンダム。
・・・Gセイバー?何それ?(笑

ROBOT魂ではいきなりフル装備のアサルトバスターとして立体化。
一気にレビューをするには長くなるので、今回もレビューを分ける事にしました。
まずはV2自体から。

ではレビューは下からどうぞ。



 
V2関係の付属品。

・光の翼エフェクトパーツ×2
・硬質素材アンテナ
・ビームライフル
・ライフル用大型マルチプルランチャー
・ビームサーベル
・ビームシールド(+腕部マウントパーツ)
・武器手(左右各1)
・平手(左右各1)


 
 
 
 
プロポーションをグルリと。
うん、なかなか良いのではないでしょうか。
腿がちょっと長いかなとは思いますが。


 
 
バスト&フェイスアップ。

顔は微妙にヘルメット感があるものの、まぁ別に嫌いではないです。

今回は所々スミ入れがされているのですが
その入り方が非常に中途半端。
頭部だけ見ても何故か後頭部だけされていないというね。

塗装はどうも所々汚い。
ハミ出しが多いし、塗装しきれていない部分もチラホラ。


 
いつものようにアンテナはこの軟質と硬質素材の2種付属。



以下、可動範囲の紹介。

  
  
首の可動。

二重ボールジョイント。
そこそこ十分に動きます。


  
  
胴の可動。

腹部の前後スイング+腰のボールジョイント。
スイングの効果もあり前後は非常に良く動きます。
捻りは早い段階でフロントアーマーと干渉し写真程度。
傾けるのはボールジョイントのみなのでそこそこ。


 
 
 
 
 
肩・腕の可動。

肩は引き出しがあり、これがかなり優秀。

肩の接続はボールジョイント。
肩アーマーの干渉があり肩上げは90度いきません。

腕との接続は上腕部。
肘は単純な円状可動。

手首には前後スイングがありかなり優秀な可動域。


 
 
腰部アーマーの可動。

フロント・サイド共に腿の邪魔にならないように開きます。
バックアーマーは若干の横スイング。


 
 
 
  
 
下半身の可動。

股関節は先のエヴァのような形のブロック式間接。
開脚は180度以上という脅威の可動。
腿上げもハイキックが可能なほどに上がります。

膝は二重関節。

足首は横スイング+ボールジョイント。
前後はそこそこですが
横は内側のアーマーに可動があり、かなり曲がります。
ただボールジョイント部が妙に固くギチギチ(汗


総じて下半身が異常に動きますね。
上半身も及第点を余裕でクリアするほどの可動。
全体通して素晴らしい可動範囲です。

 
立て膝も余裕。



以下、仕様や武装関係。

 
ミノフスキードライブの開きはこのぐらいが限度。
軸接続なのでほんの少しだけ左右へ動きます。


 
光の翼。

加速時のミノフスキードライブの出力上昇に伴い余剰エネルギーが排出された物。
巨大なビームサーベルのように扱え、V2の特徴的な部分。

エフェクトパーツは分厚いPVC成型でして、まぁ重い。
二つつけると自立はほぼ不可能な感じ。
ROBOT魂にしては珍しい。何でこんな所にPVC使っちゃったんでしょう?


 
 
ビームライフル。

マルチプルランチャーを装備したV2の頃に新造された物。

マルチプルランチャー部が左右に軸可動し、そこでフォアグリップを持てます。

今回は持ち手が指を開く形ではなく
穴にグリップを差し込むHGシリーズのプラモのような形になってます。
ピッタリなので保持は完璧。

 
バスターパーツ装備時の大型のマルチプルランチャーも付属。


 
ビームサーベル。

両腕部に格納されている設定ですが、そのギミックはなし。

2本装備しているんですが何故か付属は1本のみ。
ビーム刃も単純なサーベルのみ。
扇状のサーベル刃はありません。


 
ビームシールド。

F91の頃に確立され、以後実体型シールドに変わり標準化したシールド。
ガンダムUC以降の時代の作品においてMSの小型化と並んで特長的ですよね。

肘のビーム発生器を起こして、先端部を交換する形で取り付け。

 
 
 
マウントパーツを変えることでシールドを前方に展開させられます。
これを使うと横に展開させることも可能。



以下、適当にポージング。

 
 
 
 
 
 
 



以上、V2ガンダムの紹介でした。
長くなるのでアサルトとバスターの紹介は後半へ回します。
画像クリックで飛べます。




Category: ROBOT魂レビュー

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks