2017 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 06

S.I.C. 「仮面ライダーダークカブト&ガタック」 レビュー 前半

 【06//2010】

 
S.I.C.から仮面ライダーダークカブト&仮面ライダーガタックのレビューです。

こちらはダークカブトの紹介。

内容は続きからどうぞ。

4/7(1:20)追記

仮面ライダーカブトにおいて擬態 天道総司が変身するライダー。
主人公の天道総司に擬態したネイティブであり
ダークカブトはカブトの試作型のライダーシステム。

ではレビューは下からどうぞ。



 
ダークカブト関係の付属品。

・ゼクトクナイガン(アックスモード)
・ゼクトクナイガン(ガンモード)
・ゼクトクナイガン(クナイモード)
・ダークカブトゼクター
・剣手(右1)
・銃手(右1)
・平手(左右各1)

-マスクドフォーム関係-
・頭部
・胸部
・上腕部(左右各1)
・前腕部(左右各1)
・大腿部(左右各1)
・脚部(左右各1)
・ダークカブトゼクター
・カブト用ベルト全部
・カブトゼクター


  
  
プロポーションをグルリと。
カブトに比べるとシックでダークな雰囲気です。


 
 
バスト&フェイスアップ。

アーマーは黒基調で赤い機械的なライン。
胸部はクリアーパーツで内部が透ける仕様に。
左右非対称のデザインになっています。

スーツ部分に入っているラインはカブトは紫でしたが
ダークカブトは水色に。


 
カブトホーンは展開。

カブト発売時点では単なるギミックでしたが、今はちゃんと意味を成します。


 
胸部アーマーはクリア化に伴い、カブトとは違った仕様になっています。


可動範囲は当然カブトと共通なのでそちらを参考に。



 
 
 
 
ダークカブトゼクター。

ベルトに取り付けられている物はゼクターホーンが可動。
マスクドフォームに換装するためにゼクターは外れます。

非可動のゼクターも付属。


 
 
 
ゼクトクナイガン。

劇場版の3人のライダーが使用する物と同機種。

商品の仕様自体はカブトの色替えです。
保持が異常に緩くまともに持てないのも一緒(苦笑



以下、適当にポージング。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カブトよりも微妙に荒っぽくポージングしてみたつもり。
大して変わってないか(笑



 
「1,2,3」「Rider Kick」

 
 
必殺技ライダーキックの仕様もカブトと一緒。



 
「Put On」

と言うわけでここからはマスクドフォームの紹介。

TV版登場ライダーが変身してすぐの状態がマスクドフォーム。
全身がアーマーで覆われ防御力に優れるものの
クロックアップや必殺技も使えないため、大抵はすぐにキャストオフ。
ちなみにライダーフォームから戻る際の名称はプットオン。


 
 
 
 
プロポーションをグルリと。
まぁ上半身が物凄くボリュームアップします。
そのせいで腕が閉じやしない。
そして重い。


 
バストアップ。

胸部中央のセンサー部がちゃんと塗られていたり
左肩にはマークが印刷されていたりとありますが
塗装自体はちょこちょこハミだしが目立つかな。


 
カブトホーンを倒し、頭部と胸部はライダーフォームからそのまま取り付けます。


 
上腕部はそのまま取り付け。

前腕部は交換。カブト系では初めて前腕部がダイキャスト製。


 
大腿部も脚部も交換。
変わらずダイキャスト。

ただ大腿部の接続ピンが短く、ダイキャストということもありかなりポロリしてイライラ。


 
 
ダークカブトゼクターはこちらのマスクドフォーム用に交換。



 
可動範囲は下半身は当然ライダーフォームと同じ。

首はカブトホーンをアーマー内に格納するために全くと言っていいほど動きません。
前後左右全ての方向に超微可動。

腰はアーマーの干渉により左右回転のみ。

肩は写真のようにアーマーが動くのでさほど干渉はありません。

肘は若干曲がりにくくなりますね。


 
 
首が回らないといまいちアクションポーズが決まらない(苦笑



 
仕様が同じなので当然カブトの方にも取り付けられます。

ダークカブトよりも首が更に動かないのは単に個体差でしょうか。
なんか左に首が傾いた状態で固定されちゃいます(苦笑

 
カブトのベルトはカブトゼクターが取り外せなかったので
マスクドフォーム用のベルト前部とカブトゼクターが付属しています。



 
「Cast Off」
「Change Beetle」


 
 
 
 
 
カブトVSダークカブト。

思えばライダー物のレビューでバトルするの初めてだ。


 
ディケイドではネガの世界に登場。
初変身だったコンプリートフォームのファイナルアタックライドで撃破。



以上、ダークカブトのレビューでした。

カブト自体が既にかなり満足するクオリティでしたので
当然ダークカブトにも満足です。
武器がまともに持てないという唯一の不満点も一緒(苦笑

マスクドフォームに関してはギミックについて言えば見事。
カブトホーンや胸部アーマーはそのままで着脱ができますし。
逆に言えばギミック重視で可動が死んだのは若干残念。
マスクドフォームで飾るならまぁ素立ちが基本ですね。

本製品のセットであるガタックのレビューは画像クリックで飛べます。

 


Category: SICレビュー

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Comments

カブトのベルトのカブトゼクターですが、マイナスドライバーなどの平べったい物で隙間から少しずつ剥がしていけば最終的にはとれます。ただし自分もかなり時間がかかった上に折れないという保障もないのでおすすめはできません、原因は接着剤で固定してるみたいなのでゼクター取った部分は色が全然違うのでいっそのこと銀色で塗装も考えましたよ。一応ゼクター交換はストレスなくできるようになりましたしね。
自分はダークカブトとガタックにディケイドライバーを装備させる遊びがわりとたのしかったです。

Posted at 19:10:27 2010/04/06 by うかつ者

Comments

カブトゼクターって取れたんですか。
てっきり固定で作られた物だと。
まぁそりゃ使いまわしできるように設計されてますよね。

ディケイドの存在は遊びに幅を持たせられていいですね。
こうなるとやっぱり他のライダーもディケイドライバーの装備ができたりすると面白いのに。

Posted at 22:55:19 2010/04/06 by aki

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks