2017 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 05

HGAW 「ガンダムX」 レビュー

 【21//2010】

 
HGAWからガンダムXのレビューです。

内容は続きからどうぞ。

機動新世紀ガンダムXの主人公ガロード・ランの搭乗するMS。
コロニーを破壊できるほどのサテライトキャノンを搭載した決戦兵器。
作品内において15年前に3機製造され
唯一未使用無傷だった1号機がティファに導かれ発見したガロードの搭乗機に。

諸所の事情から作品の視聴率が悪く
歴代最短話数と打ち切りという悪いイメージばかりが先行してしまった結果
商品化に全く恵まれなかったXシリーズ。
遂に最新技術を用いての立体化となりました。

HGUCはその名の通り宇宙世紀作品のみを取り扱っていましたが
このXから宇宙世紀以外のアナザータイトルも商品化。
Xは作品中の年号アフターウォーを用いてHGAWというシリーズ名に。

ではレビューは下からどうぞ。



 
付属品一覧。

・シールドバスターライフル(ライフル状態)
・シールドバスターライフル(シールド状態)
・サーベル刃
・ショルダーバルカン


 
 
 
 
プロポーションをグルリと。
良いプロポーションをしてますねぇ。
若干線が細い気がしないでもないですが、まぁ立体化するとこんなものでしょう。


 
 
バスト&フェイスアップ。

顔はXらしい感じで良い出来です。

胸のマイクロウェーブ受信部はクリアーパーツ。
内部にホログラムシールを貼っています。

最近のHGUC系統らしく色分けがかなり良く出来ていて
本体に使うシールは目とセンサーと胸のダクトの黒い部分と膝のみ。
それ以外は全て色分けされています。
頭もヘルメット一体成型の後ハメ型。
パッと見で色的に気になるのは胸のブレストバルカンぐらいですね。



以下、可動範囲の紹介。

  
  
首の可動。

二重ボールジョイント。
上下はそれほどは動かないですね。


  
  
胴の可動。

腹と腰でのボールジョイント接続。
あまり動かすとジョイントが抜けますが
その制限内で十分に動かせます。


 
 
 
肩・腕の可動。

肩は前への引き出しあり。
接続はボールジョイントで、写真ほど上がります。

上腕で軸回転。
肘は単純可動で写真ほど。

手首はボールジョイント。


 
腰アーマーの可動。

フロントアーマーはいつも通り連結の中央で分断できるタイプ。

サイドアーマーは普通に上げると胴に干渉して写真ほど。

リアアーマーの可動はなし。


 
 
 
  
 
下半身の可動。

股関節は最近のHGと同じく根元が可動するタイプ。
腿との接続はボールジョイント。
ただジョイントが腿の上の方で浅いので、酷い干渉はしません。

膝は二重関節ですが写真程度の曲がりが限界。

足首は前後可動+ボールジョイント。
カバーはジョイント部の外側でボールジョイント接続されています。


総じてなかなかよく動きます。
唯一の不安点だった股関節も十分な可動域が確保されていたので
個人的にはかなり満足できています。

 
立て膝のバランスがとても良い。



以下、武装関係。

 
 
 
シールドバスターライフル。

Xの専用ビームライフル。
展開することでシールドになるカバーを備えていて通常の3倍の強度。
バックパック下部に接続することでサテライトシステムからのエネルギー供給が可能。

キットではライフル時とシールド時がそれぞれ付属。
ライフル時は砲身とセンサーを収納でき、バックパック下部にもマウントできます。


 
 
大型ビームサーベル。

サテライトキャノン後部に1基装備されたビームサーベル。
サテライトシステムからのエネルギーを利用することで
従来のビームサーベルよりも高出力の刃を形成可能。

劇中イメージから考えてビーム刃が弱すぎる・・・。
もっとグワッと太く長いはずなんですが。
ちなみにちゃんとマウント時のグリップに腕は届きます。


 
 
ショルダーバルカン。

他のMSから流用した陸戦用のオプション。
ただ劇中ではあっさり破壊されて存在感があまりにも薄い武装。
確かスパロボやGジェネですら武装に入っていなかったような。

バックパック左上のジョイントに接続します。
展開はそのまま砲身を前に。
個人的にギミック自体は好きです。


 
 

サテライトキャノン。

Xの最も特徴的な武装。
月から照射されるスーパーマイクロウェーブを直接ビームに変換して発射する兵器。
対コロニー落とし用の武装であることから威力はコロニーを破壊できるほど。
単純な火力だけ見れば00までの全てを含めてガンダム系最強の武装(正確には後のDX)

欠点は月が目視できるような状態でないといけないことと
高すぎる威力ゆえに発射環境が限られること。
まぁ宇宙でのコロニー用の武装ですからね。
これが主な理由で後にディバイダーが誕生。


銃身とプレート基部を回りしたり上げたりして展開。
プレート自体は前後差し替えです。
砲身先端も延びます。

 
4枚のリフレクタープレートはホログラムシールが付属。
プレート自体はこのように気持ち悪いぐらいビッシリ作りこまれてます(笑

 
銃身とプレートを後ろ側に向ければホバーリングモードへ。



以下、適当にポージング。

 
 
 
 
 
 
 
 
できれば左だけでいいから平手が欲しかったなぁ・・・。


 
「あなたに力を・・・」

「よし!月が見えた!」
「マイクロウェーブ来る!」
「サテライトキャノン!いっけぇぇぇ!!!」

スパロボだと演出上ティファのカットイン入りますけど
実際はティファの力が必要なのは初回認証時だけなんですよね。
でもその演出があったほうが良いことに間違いはない(笑



以上、HGAWのガンダムXのレビューでした。

Xが今ここにしかも最新技術で立体化されて存在している。
もう既にその時点で感動ですよ。
あの不遇のXが遂に・・・。
そして不安材料だった可動面も問題なし。
最高も最高じゃないですか!

あえて文句をつけるとすればビーム刃と平手が無いことですか。
ま、そのぐらい全然目を瞑れます。

今後の商品展開はどうなるんでしょうね。
とりあえず本体流用可能なディバイダーは間違いないとは思いますが。
あとさすがにDXは出してくれますよね?ね?
贅沢を言えばエアマスター、レオパルドと後継機。
更にこれら合体可能なGファルコン。
そしてゲテモノガンダムやベルティゴなどなど・・・。

とにかくXの次がゴッドガンダム。
これでアナザーシリーズの商品化の期待が止まらないわけで。
UCはもうZZで打ち止めでいいから
今後数年はアナザー主体で頑張ってもらいたいぐらいの気分です。
もっと欲を言えばMGやROBOT魂でもですね・・・(笑




Category: 他HGシリーズレビュー

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Comments

HGAW GX

元々好きではない機体は買わないものですが。
「キットを買ってその機体が更に好きになった」ことにかけては、このGXが№1です。

(当時の)最新技術でリメイクされ、「GXってここまでカッコ良かったんだ」と驚きました。
そしてそれまでは「GXはサテライトキャノンを構えてナンボ、ライフルなんて様式美として装備しているだけ」みたいに考えていましたが。
地に立って右斜め前に「肩を入れて」ライフルを構える姿を取らせてみると、それが素晴らしく決まって驚きました。
薄くシャープな造形となったシールドライフル、フチを塗装したり緑のクリアーパーツの平たい部分をセンサーに嵌め込む(厚さピッタリ!)など手を加えましたが。
サテライトシステムやオプションバルカンで左右非対称なフォルムで、盾を持たずに(武器運用思想の破綻は措いといて)ライフルを構える姿にズキューン!です。
勿論ド本命サテライトキャノンのポーズや、ホログラムシールの美しさも言わずもがなです。
そして公式HPにある設定画に基づく、緑がかった青(マンガンブレードってこんな色なんだろうな)も秀逸でした。少し朱色っぽい赤も、GXでは意外と悪くない。
MGでアニメイメージの強い青(コバルトブレードはこっちか)になったのが少し残念です。

当初は旧1/144のGXとダブルXを、「サテライトキャノン3門(劇中にない組み合わせですが)」で飾っていました。それがHGAWになれば十分かと思っていました。
しかしこのキットが素晴らしかったためにGXという機体も作品も「好き度」が跳ね上がりました。
今ではMGでGX、ダブルXがサテライトキャノンな脇で、HGのGXはライフルを、ダブルXはビームソードを構えています。長く待たされましたが。
HGAWでレオパルド、ベルティゴ、エアマスターB、ゲテモノガンダム(後半機ならなお良い)と続いて欲しいものですが。
バンダイ・サンライズ内でXって「作品力激低」とか実情以上に思われているのではと危惧します。

Posted at 10:21:50 2016/06/19 by YSG

Comments

Xの扱いの悪さは、放送当時の環境の悪さを引きずっているという話はよく聞きますね。
ただHGAWのエアマスターの売上が悪かったとも聞きますし、売り上げ至上主義のバンダイですから、数としての結果が出ないのでは仕方ないかなぁとも思ってます。
X、Xディバイダー、DXと、Xタイプが揃っただけでも十分過ぎるほど凄いことなのかもしれません。

Posted at 23:50:43 2016/06/20 by aki

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks