2017 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 08

ROBOT魂 「エヴァンゲリオン初号機」 レビュー

 【28//2010】

 
ROBOT魂からエヴァンゲリオン初号機のレビューです。

内容は続きからどうぞ。

エヴァンゲリオン新劇場版に登場する人造人間。
主人公である碇シンジが搭乗。
新劇場版として公開にあたってデザインが旧世紀版とは異なった仕様。

ROBOT魂のSIDE EVAとしては2号機に続く第2弾で主人公機。
主人公機から発売されないというのはかなり珍しいパターンですね。

ではレビューは下からどうぞ。
未だにまだ新劇場版を見ていないので情報がかなり曖昧です(汗



 
付属品一覧。

・パレットライフル×2
・プログレッシブナイフ×2
・アンビリカルケーブル
・暴走時頭部
・硬質素材アンテナ×2
・武器手1(左右各1)
・武器手2(右1)
・握り手(左右各1)
・平手1(左右各1)
・平手2(左右各1)
・平手3(左右各1)


 
ATフィールドと専用のスタンド一色も付属。


  
  
プロポーションをグルリと。
2号機と同じく腿が長めのデザインです。
公式の紹介写真などだと色が薄めで心配していたのですが
製品ではちゃんと紫で安心しました。


 
 
 
バスト&フェイスアップ。

顔がいまいち迫力が無いような・・・。
新劇場版だとこんな感じなんですかね?

相変わらずSIDE EVAは塗装のクオリティが高いです。


 
初号機ならではの暴走時用の頭部も付属。

こちらの顔を見て思ったのは、目が小さめな造形なんだなと。
口の中など本当に塗装のクオリティが良いです。

ちなみに通常、暴走共にアンテナを硬質素材に交換できます。


 
可動範囲はデザイン上2号機とほぼ共通なのでそちらを参考に。



以下、仕様や武装関係の紹介。

 
2号機と同じアンビリカルケーブルが付属。


 
パレットライフル。

エヴァの基本的な射撃武装。

何故か2つ付属しているんですが、劇中では2丁持ちだったりするんでしょうか?
それとも2号機用?


 
プログレッシブナイフ。

新劇場版における初号機仕様の中折れタイプのプログナイフ。

折り畳みのギミックはありません。


 
 

ATフィールド。

劇中で初号機が見せたらしい中央部をこじ開けたような状態。
薄いPET素材で作られています。

専用のスタンドが付属していて
軸との接続はそのままか、可動式のジョイントに接続。


 
こじ開け用の平手を使うとこんな感じに。



以下、適当にポージング。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


 
新劇場版ではさすがに尺的にイスラフェル戦は無いんでしょうかね?



以上、ROBOT魂のエヴァ初号機のレビューでした。

素体そのものは2号機の時点で感動すら覚えるレベルでしたので
当然の如く良いです。

付属品はちょっと物足りないかなぁ。
リボではあったマゴロクやカウンターソードが無いし
同社のプラモであったガトリング砲も無いので。
ATフィールドという付属品はありますが。

今後のエヴァシリーズの展開はどうなるんでしょうね。
零号機は先日の魂フィーチャーズで既に展示があったので比較的近いかなとは思いますが。
個人的には5号機が欲しいなと。
SIDE EVA自体が少し大きめのモデルなのでかなりのサイズになりそう。




Category: ROBOT魂レビュー

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Comments

わぁ~い初号機ですね~
新劇場版見ましたよ~
やばかったです・・・

話は変わりますが相互リンクしませんか?
検討よろしくお願いします。

Posted at 22:08:31 2011/04/12 by 博麗・霊夢

Comments

新劇場版は全部公開されてからまとめて見ようかなと思ってるのでまだ見てないですね。
見たいなとは思ってますが。

相互リンクは全然構いませんよ(^^
むしろこちらこそよろしくお願いします。

Posted at 23:24:52 2011/04/12 by aki

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks