2017 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 06

ROBOT魂 「ランスロット・クラブ」 レビュー

 【27//2010】

 
ROBOT魂からランスロット・クラブのレビューです。

内容は続きからどうぞ。

PS2及びPSPで発売されたコードギアスLOST COLORSに登場するナイトメアフレーム。
主人公(デフォルト名:ライ)がストーリー分岐でブリタニア軍に所属した際に搭乗。
記憶喪失絡みの検査の中で
スザクに匹敵するほどの主人公の操縦技術にロイドが興味を持ち特派に勧誘。
その後主人公専用としてサザーランドをベースに
ランスロットの予備パーツを組み込んで完成させた機体。
ストーリー展開によってスザクの相棒やコーネリアの親衛隊、純血派の一員として活躍。

ちなみに黒の騎士団に所属した際に与えられる機体は月下(先行試作機)
そちらは以前限定販売だった月下(藤堂機)に付属したボーナスパーツと
一般販売の暁との組み合わせで再現。

ではレビューは下からどうぞ。



 
付属品一覧。

・ヴァリス(通常・バースト2種)
・MVS×2(+連結用グリップ)
・スラッシュハーケン(展開・射出2種)
・シールド
・剣手(左右各1)
・重手(左右各1)
・平手(左右各1)


 
 
 
 
プロポーションをグルリと。
オフシュートからの流用ではなく、クラブ用にROBOT魂として新規造形。
その為スタイルはアルビオンに近いスマートなものになってます。
青はメタリックブルーでキレイな塗装。


 
 
バスト&フェイスアップ。

全体的に塗装精度が物凄く高いです。
新規造形に塗装精度とスタッフの力の入れ具合がスゴイ。



以下、可動範囲の紹介。

  
  
首の可動。

首は引き出すことが可能。
根元で軸回転+スイング+頭部のボールジョイント接続。

長めの引き出しと軸の角度を変えられることにより
前後だけでなく大きく首を傾けることもできます。
SIDE KMFの中ではダントツで良い可動。


  
  
胴の可動。

胸下部と腰の二重ボールジョイント。

特に邪魔になる物もないので大きく動きます。


 
 
 
肩・腕の可動。

肩はボールジョイント接続。
アーマーは別に可動します。
ただそれでも真横は写真程度の上がり具合。

肘は単純可動。
固体差か右肘が緩めで、物によっては保持強化が必要でしょうか。

手首はスイングありのボールジョイント。


 
 
 
  
 
下半身の可動。

股関節はブロック式。
開脚は腿のアーマーの干渉を避ければ更に開きます。

膝は二重関節。

足首はボールジョイント+前後スイング。
装甲の干渉で前と内側へはあまり動かせません。

ランドスピナーは足の外側へボールジョイント接続。


総じてオフシュートとROBOT魂のランスロットの良いとこ取りみたいな形でよく動きます。
個人的に首の可動が高ポイント。
今までのSIDE KMFはスイングが前後固定で細かい表情付けに不便だったので。

 
立て膝はバッチリ。



以下、仕様や武装紹介。

 
コクピットハッチはいつもどおり展開でいつもどおり誰もいません。


 
ランスロット系で初めてスタンド接続穴がつきました。
ここ非常に重要なポイントです。


 
 
ヴァリス。

・・・ヴァリス???
作中で使ってたのは狙撃用に変形する可変式のアサルトライフルなんですが。
もしかしてヴァリスの形状をしたアサルトライフルってことでしょうか。

オフシュートからの流用ではなく
どうも新規で作られているようです。


 
 
 
メーザーバイブレーションソード。

後にヴィンセントに標準装備されることになる大型のランスタイプ。

展開状態は三種のメタリック塗装で本当にキレイな出来。
グリップを交換することで連結状態にできます。

鞘は背部コクピット下部に。
ボールジョイント接続でかなり自由が利きます。
非展開時のMVSが収納されていて取り外し可能。


 
 
スラッシュハーケン。

先端部を展開した直接打撃用のものと
リード線を使用した射出状態の2種が付属。
共に一つずつで、非展開時と交換。

リード線はROBOT魂にしては長く良いです。


 
ブレイズルミナス。

サクラダイトから発生するエネルギーを使用したシールド。

腕部スラッシュハーケンごと交換。
エフェクトはプラ製でグラデ塗装がされた良い出来。

エフェクトがランスロットの物のイメージからすると大分小さいですが
ランスロットよりサクラダイトの使用量が少ないという設定を考慮したんですかね。



以下、適当にポージング。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 



以上、ROBOT魂のランスロット・クラブのレビューでした。

デザイン、質感、可動と非常に良い出来です。
もう素直に「良い」と言えるクオリティ。

しかしROBOT魂スタッフのギアスへの愛情は突出してますね。
個々のクオリティはもちろんのこと、特筆すべきはそのラインナップ。
まさかのゲームオリジナル機体のクラブを新規造形で一般発売するとは。

せっかくですからクラブを使ってROBOT魂版のランスロット出ませんかね。
プレミアムバンダイの限定でもいいから。

 


Category: ROBOT魂レビュー

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks