2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

ROBOT魂 「リボーンズガンダム/リボーンズキャノン」 レビュー 前半

 【21//2010】

 
ROBOT魂からリボーンズガンダム/リボーンズキャノンのレビューです。

内容は続きからどうぞ。

6/21(22:45)一部文章修正

機動戦士ガンダム00 2ndシーズンに登場するMS。
イノベイターのリボンズ・アルマーク専用機。
あらゆる局面に対応する為に機体を前後反転させ
近距離戦用のガンダム形態と遠距離専用のキャノン形態を使い分ける
自身の力しか信用しない傲岸不遜な性格をそのまま反映した機体。

ではレビューは下からどうぞ。



 
付属品一覧。

・GNバスターライフル
・GNシールド
・大型GNビームサーベル刃×2
・キャノン用マニピュレーター×2
・エグナーウィップ×2
・武器手(左右各1)
・握り手(左右各1)
・スタンド接続パーツ


 
 
 
 
プロポーションをグルリと。

HGと比べると全体的に太めでガッシリした雰囲気ですね。
好みはあるでしょうがこのぐらいの方がラスボスらしい威厳はあるかなと思います。
ただ頭でかくない?


 
 
 
 
 
 
各所アップ。

顔はHGよりも多少柔らかいです。
あれはむしろキツすぎましたね。

額や胸はHGではクリアーパーツが使われていましたが
こちらではそれぞれ単なる塗装。
胸の方は濃紺のような色に。

基本的に塗装は良好かと思います。
うちのは顔に若干塗料が飛んでましたが(苦笑
あと左ひざの内側が剥げててショック。



以下、可動範囲の紹介。

  
  
首の可動。

単純なボールジョイント接続です。

良好とまではいきませんがまずまずの可動。


 
胴の可動。

腰のボールジョイント接続のみ。
ただボールジョイントと言っても実質横回転しか動きません。


 
 
 
肩・腕の可動。

根元でボールジョイント接続。
肩アーマーは上腕と独立。
真横で120~130度程度まで上がります。

上腕部軸回転。
肘は二重関節。
変形機構から前腕部にも軸回転と前後スイング。

手首はボールジョイント。


 
 
腰部アーマーの可動。

フロントとリアはそれぞれボールジョイント可動。
フロントは腿の上部に前面での接続です。

サイドはジョイントが上下可動+ボールジョイント可動。


 
 
 
  
 
下半身の可動。

股関節はボールジョイント接続のブロック式。
軸を逃がすスリットがあるので開脚は問題ありません。
腿上げはフロントアーマーの接続部が邪魔でギリギリ90度いきません。

膝は変形機構もあり四重可動になってます。
引き出すような形で最大で写真程度の曲がり具合。

足首はボールジョイント接続+左右スイング。
足首周りの装甲のみ軟質素材となっていて若干ですが融通が利きます。
つま先、足の甲、踵は変形機構の兼ね合いでそれぞれが前後可動。


総じてHGを先に見たので感動するぐらいよく動きます(笑
ROBOT魂全体から見ても比較的動く方ですね。
胴回りが若干動きにくい程度です。

 
腿が短いこともあり立て膝はかなり厳しいです。



以下、仕様や武装紹介。

 
股に挟み込むタイプのスタンド接続パーツが付属。
その形状から足を閉じ気味の際には腿の軸回転など干渉します。
少し足を開けば特に邪魔にはなりません。


 

バックパックは左右それぞれ90度の範囲で可動。
と言っても肩にぶつかるので実際にはそこまで開きませんが。

ファング基部は上下それぞれに写真程度の可動範囲。

スラスターのカバー部は開きます。
カバー含め基部が上下スイング。


 
大型GNフィンファングは全部外れます。
後部にはスラスター穴がありますが
小さく浅いので残念ながらスタンド軸には合いません。


 
HGではオミットされたリアアーマーの小型GNフィンファングは全て外れます。
ただこちらもマウントパーツなどはなし。


 
GNバスターライフル。

設定どおり袖部に接続するのでホールド感は問題なし。
その分自由は利きませんが。

写真だとわかりにくいですがコンデンサ(?)は額よりも若干暗めの紫の塗装。


 
 
GNシールド。

ライフル同様に袖にマウント。

リアアーマー同様にこちらの小型GNフィンファングも全て外れます。

しかし小型は簡単な展開用のオプションパーツでもつけて欲しかった・・・。
全部で8基はとても飛ばしきれませんよ。
ストフリのエフェクトのように展開用のスタンドとか受注で販売しませんかね?


 
大型GNビームサーベル。

サーベル刃はかなり太く長く迫力のある仕上がりです。
これは強そうだ。

持ち手はフィギュアでは珍しく指を開いて持たせるのではなく
開いている穴に通す形で持たせます。
グリップが太いゆえの配慮でしょうね。



ここまで長くなったのでキャノンの紹介は別に分けます。
下の画像クリックで後半へ。

 



Category: ROBOT魂レビュー

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks