2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

ROBOT魂 「ケルディムガンダムサーガ」 レビュー

 【12//2010】

 
ROBOT魂からケルディムガンダムサーガのレビューです。

内容は続きからどうぞ。

機動戦士ガンダム00Vに登場するモビルスーツ。
ケルディムの基地施設内への突入ミッションを想定した特殊装備。
そのため携帯射撃武装は全て近~中距離用の射程の武装。
開発を担当したイアンがセブンソードを意識していたために
7つの銃を持ち、コードネームは「セブンガン」

ではレビューは下からどうぞ。



 
付属品一覧

・GNアサルトカービン
・GNサブマシンガン×2
・GNビームピストル×2
・GNビームピストルII(左右各1)
・GNスモールシールド
・硬質素材アンテナ
・展開時頭部センサー
・ゴーグル
・武器手(左右各1)
・スタンド接続パーツ


  
  
プロポーションをグルリと。


 
 
 
 
 
 
 
各所アップ。

ベースはROBOT魂第4弾のケルディムですが
発売初期ということもあり最近の物と比べるとかなりの部分が劣るということで
特に可動面に大きく手が加わっています。
まぁ比べようにもケルディムを買ってないので詳しくは書けないのですが(苦笑

頭部のクリスタルセンサーはクリアーグリーン。
顔はケルディムらしいデザインがちゃんと作られていますね。

写真では黒く見えちゃってますが大部分は濃紺の成型色。
デザイン的な配色なこともあり塗装は特に問題なくキレイです。



以下、可動範囲の紹介。

  
  
首の可動。

根元と頭部接続の二重ボールジョイント。
特に干渉も無いので十分に動きます。


  
  
胴の可動。

胸下部と腰の二重ボールジョイント。
胸の方は主に前後の可動のみ。
ここも十分に動きます。


 
 
 
 
肩・腕の可動。

肩はボールジョイント接続+上下スイング。
肩アーマーは独立して上下スイング。
本体側の受けには軸を逃がすスリットが開いているので
写真のように頭にアーマーが干渉するほどの上がり方をします。

上腕部左右軸回転。
肘は単純可動。
前腕部との接続がボールジョイントでここがよく回ってしまいます。

手首は前後スイング+ボールジョイント。


 
腰部アーマーの可動。

フロント・サイド共にボールジョイント接続。
フロントは問題なく上がります。

サイドは真上にはあまり上がらないですが
前後にずらせば腿の干渉を避けられます。


 
 
 
  
 
下半身の可動。

股関節はボールジョイント+腿軸回転。
腿側の受けには上側に軸を逃がすスリットがあるので開脚は180度できます。
腿上げは90度程度。

膝は二重関節。

足首はケルディムは特殊な構造ですね。
前後スイング+甲の接続ボールジョイント+下の接続ボールジョイント。
踵のアンカー(?)も展開します。
非常に良好な可動域ですがボールジョイントが少し緩め。


総じて大きく改善されたからか最新の物と比べても全く遜色のない
素晴らしい可動域をほこってます。

 
立て膝は問題なく。



以下、仕様や武装関係の紹介。

 
スタンド接続パーツは股に挟むタイプ。
取り付けても股関節の可動には影響は無いです。

最近スタンド対応が急激に改善されてきて非常に嬉しいです。


 
アンテナは硬質素材の物が付属。


 
ガンカメラの展開は差し替えで行います。


 
トランザム時に発動するフォロスコープも付属。
バックパックから基部を起こして取り付けます。


 
バックパックはこの程度まで開きます。


 
尾てい部のGNミサイルコンテナも開閉可能。


 
 
GNビームピストルII。

グリップが可動し銃と手斧の両方で使えます。
マウントは当たり前ですがケルディム同様にバックパック外側へ。

以下武装の持ち手は全て握らせるのではなく穴にグリップを通す形で持たせます。


 
 
GNビームピストル。
先行機のデュナメスが装備していた物。

造形は一色でモールドはあるもののなんともチープな作りです(苦笑
サイドアーマーのホルダーを展開しマウント可能。


 
 
GNサブマシンガン。

フォアグリップが同じ側についていて全く同じ物です。
フォアグリップは展開可能。

マウントは両膝にそのまま取り付けます。


 
 
GNアサルトカービン。
本来のGNスナイパーライフルIIの代わりに携帯する武装。

こちらもサブマシンガン同様にフォアグリップが展開。

マウントは右肩ですがジョイント部があまりにも小さく保持力はかなり厳しいです。


 
GNスモールシールド。
戦場の都合で外されたGNシールドビットの代わり。

左肩にマウントですがカービン同様にやっぱり保持力が厳しい。
カービンと違いマウントしたままなので木工あたりで接着してやってもいいかもですね。


 
両肩の武装マウント部は若干引き出して前後に可動可能。


 
フル装備。
00のガンダムは本当に色んな所に武装乗っけますね(笑



以下、適当にポージング。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


 
「七つ」な男達。



以上、ROBOT魂のケルディムサーガのレビューでした。

改修されたことにより可動面が非常に良く造形に武装も充実。
まぁ武装の出来自体は少し安っぽいですが(苦笑)
総合的にはかなり良い出来ではないかと。
個人的には十分に満足です。

00Vの2ndガンダムの強化版は次は9月のアスカロン。
こうなるとセラヴィー3Gも出るんでしょうか。
あのセラフィム3体積んだようなボリュームを(笑

 



Category: ROBOT魂レビュー

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks