2017 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 06

リボルテック 「ブレードライガー」 レビュー

 【20//2010】

 
リボルテックからブレードライガーのレビューです。

内容は続きからどうぞ。

ゾイドシリーズに登場するゾイド。
シールドライガーにオーガノイドシステムを搭載し強化した共和国初のOS搭載ゾイド
というのが一般的な設定。
アニメ第一作目では主人公バンの搭乗機だったシールドライガーが
ジークとフィーネの力で蘇生進化というような形で誕生。

リボルテックヤマグチの5周年記念として
従来のリボルテックとは一線を画すような大型モデルと銘打って商品化されました。
ただ実際はそれほど大きくは無いんですけども。
スペースの無駄遣いではなかろうかというほどパッケージだけ異様に大きい。

ではレビューは下からどうぞ。



 
付属品一覧

・10mmジョイント
・8mmダブルジョイント
・スタンド
・リボコンテナ
・リボチップ2P×10
・リボプライヤー

ゾイドなんで付属品は「リボルテック」の物ばかりです。
5周年記念ということでリボチップは2倍の20ポイント。
ただ何故10Pが2枚じゃないのか。
はっきり言って保管には邪魔だし、多少とは言え資源も無駄では?
普段は限定特典(?)なリボプライヤーが付属しているのは良いです。


 
 
 
 
四方からグルリと。

リボは球体ジョイントが大きく目立つことが常なんですが
今回は隠し方も上手く違和感なくかなり良くまとまってます。


 
 
 
 
 
 
各所アップ。

さすがに造形に塗装精度と力の入り様が全く違いますね。
メカっぽいパイプやモールドなどビッシリ作られてます。



以下、可動部分の紹介。

 
 
耳の位置のドレイドエアロバランサーと
上と両サイドのEフィールドジェネレーターはそれぞれリストジョイント。

下顎と顎の下の飾りもそれぞれリストジョイント。
口の牙も1本1本キレイに作られてます。


 
 
 
 
 
首は10mmジョイントが二つ使用。

色々と干渉する場所もありますが十分には動きます。


 
 
 
 
胴も首同様に10mmジョイントを二つ使用。

構造が似通っているので首と同等の可動範囲。


 
 
胸部のAZ2連装ショックカノンは10mmジョイント接続。


 
背部のロケットブースターはカバーがリストジョイント。
基部は6mmダブルジョイント接続。


 
レーザーブレードはジョイント部根元が軸回転+上下スイング。
ジョイントとの接続は軸接続。


 
 
 
 
 

前足の胴体との接続は8mmダブルジョイント。
後足の胴体との接続は10mmジョイント。

膝(肘?)と足の接続は8mmダブルジョイント。
白いカバーは可動します。

コンプリッションリフリジエイターは全てリストジョイント。


 
尻尾は根元から先端の3Dデュアルセンサーまで4つのリストジョイント。


総じてあっちこっちにジョイントが仕込まれて非常に良く動きます。
まぁ動きすぎて素立ちなんかは逆に辛いんですけども。



以下、仕様関係について。

 
ちょうど胴体のジョイント手前あたりにスタンド接続穴。


 
 
 
今更ですが絶対尻尾長すぎると思うんですよね(苦笑
1本抜いたぐらいがちょうど良いぐらいじゃないかと。
もう1本抜いてもいいですがそうすると可動部が少なすぎるので。



以下、適当にポージング。

 
 
発表当時からありましたがリボジョイント可動のおかげで
猫っぽいポージングが取れると説明にもあります。
猫に馴染みが無いので自分にはパターンが思いつきませんが。

 
バターンと豪快に睡眠(笑


 
 
 
 
 
 
 
 



以上、リボのブレードライガーのレビューでした。

さすがに5周年記念と銘打つだけあって非常に良いクオリティです。
クオリティだけならヤマグチシリーズトップクラスでしょうね。
ただもう一つ大型と銘打ったのは間違いだったような。
確かに通常のロボット物などと比べれば大きいですが
大型というほど大きくはない感じ。
「大型」はのはデッドスペースの多いパッケージ(苦笑

ゾイドシリーズは次はブレードライガーのライバル機でもあるジェノブレイカー。
こちらは確かにブレードライガーと並んでいる画像から判断すると結構大きそうです。
ただお値段も定価6500円とリボでは破格(汗

 


Category: リボルテックレビュー

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks