2017 02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 03

スパロボ超合金 「マジンガーZ&武器セット」 レビュー

 【12//2010】

  
スーパーロボット超合金からマジンガーZと武器セットのレビューです。

内容は続きからどうぞ。

マジンガーZに登場するロボット。
主人公である兜甲児の搭乗機。
光子力エネルギーで動き超合金Zの装甲を備えた鉄の城。
言わずと知れた元祖スーパーロボットにして
人が搭乗して操縦するロボットの元祖。

スーパーロボット超合金は約140mmのボディにプロポーションと可動を突き詰めた
コンパクトなのにインパクトがあるをコンセプトに作られた超合金の新シリーズ。
マジンガーZはその第一弾。

ではレビューは下からどうぞ。



 

マジンガーのパケ裏と内パケ。

 

武器セットのパケ裏と内パケ。


 
マジンガーの付属品一覧。

・マジンガーブレード
・強化型ロケットパンチ
・強化型用握り手
・強化型用平手
・武器手(左右各1)
・平手(左右各1)
・スタンド接続パーツ

・ジオラマベース(初回特典)


 
武器セットのセット内容。

・ジェットスクランダー
・ジェットスクランダー用ベルト
・強化型ロケットパンチ(左)
・強化型用握り手
・強化型用平手
・ロケットパンチ用エフェクトパーツ


  
  
プロポーションをグルリと。

目の隈取が無かったり手と足が濃紺だったりと
初代に近いカラーリングでしょうか。

マジンガーを買うのは3つ目ですが
個人的にはこのプロポーションが一番好きです。


 
 
 
 
 
 
 
 
各所アップ。

超合金シリーズなので胸部や脚部にはダイキャストが使用されズッシリしてます。

塗装は通常の超合金同様にメタリックな仕上がり。
デザイン上細かな塗りわけは頭部ぐらいですが精度はなかなか。
うちのは若干剥げている所がありましたが


 
サイズは1/144のガンプラと並べるとこんなぐらい。

元祖スーパーと元祖リアルが並ぶこれぞまさにスパロボ(笑



以下、可動範囲の紹介。

  
  
首の可動。

根元と頭部接続の二重ボールジョイント。

デザイン的に可動域が大きく非常に良く動きます。
特に飛行ポーズを意識したのか真上が見える。


  
  
  
胴の可動。

胸下部と腰の二重ボールジョイント。
更にボールジョイントには引き出し機構あり。

説明書には引き出しは二箇所あると書いてあるのですが
うちのは腰の方しか引き出せませんでした。
まぁそれでも十分すぎるほど動くので何の問題もありませんが。


 
 
 
肩・腕の可動。

肩はフィギュアーツに使われているような球体可動が採用。
上腕接続部が前後上下可動。

肘はクリック式のジョイント+前腕側可動。
ジョイントは上腕側も前腕側も軸回転するので
若干ですが肘に左右にも角度を付けられます。

手首はボールジョイント。


 
 
 
  
 
下半身の可動。

股関節はボールジョイント+腿軸回転。
腿の受けに軸を逃がすスリットがあるのでパンツの制約ギリギリまで足を開けます。
このジョイント部もダイキャストのようですが
うちのは右側だけ若干緩めでした。
脚部にダイキャストが使われているので補助しないとすぐ足が閉じる。

腿上げはパンツの干渉で45度程度。

膝はクリック式の可動。
裏側は装甲が引っ込むようになっていて90度以上に曲がります。

足首はボールジョイント。


総じて超合金にフィギュアーツやロボット魂の要素を取り入れた感じですね。
動くマジンガーといえば本家のGX-45が有名ですが
あれよりもデザイン上違和感の無い形で動かしている雰囲気。

 
立て膝はデザイン上どうしてもこんな形になりますね。



以下、仕様や武装関係の紹介。

 
お尻に突き刺すスタンド接続パーツが付属。

重たいのでスタンドはネジ閉めタイプ推奨。


  
  
ホバーパイルダーは外れるようになってます。
さすがに翼は固定ですが。

頭部接続部はピンが2本でずれません。


 
胸の放熱板はこんな形で外れます。
まぁ外れたからどうなるわけでもないのですが(笑


 
マジンガーブレード。

グレートマジンガーに搭載されている武装で
マジンガーは戦闘時に借りるだけですがこちらに付属。

プラ製で刀身は写りこむほどのメッキ塗装。

ただ明らかに持ち手が合ってません。
スッカスカで全然握ってないという。
いちおう親指と人差し指の輪に軽く固定できるポイントはありますが。
マジンガーには他に手持ち武装はないのに
何故こんな適当に作ってしまったのか非常に勿体無い。


 
 
強化型ロケットパンチ。

劇中では1度しか使わなかったという武装。
本製品で初立体化だそうです。

手首を外して前腕に被せる形で取り付け。
ただ接続が弱く本当に被せているだけな状態。

手首は2種類付属してます。

 
更に武器セットには劇中に無いオリジナルの左手も付属。
なんか惚れるんですけどこの巨大腕状態(笑


 
武器セットに入っているロケットパンチのエフェクトパーツ。
グレートのアトミックパンチと共にフル発射できるよう4本付属してます。

炎エフェクト部分がPVCで
前腕を取り付けると長さ分若干の重量が。


 
 
 
 
武器セットに付属するジェットスクランダー。

小さなアンテナを除きオールプラ製でそれほど重量はありません。

ベルトは完全に独立しているので接続による胴体の可動制限はさほど受けません。

羽は左右を逆にすることで下がった状態にすることが可能。
基部もちゃんと合わせてスライドさせられます。


 
初回特典の岩山をモチーフとしたジオラマベース。
思いっきり発泡スチロール感全開ですが(笑


 
それでも乗せるとなかなかサマになります。

 
フィギュアーツあたりにも。

ちなみに接地部分がPVCだと色移り注意。
と書いてありました。



以下、適当にポージング。

 
「パイルダーオン!」

 
 

 
「光子力ビーム!」

 
 
 
「ロケットパーンチ!」

 
「ブレストファイヤー!」

 
 
「このロケットパンチは一味違うぜ!」

 
 

 
 
「スクランダークロス!」

 
 
 

 
「スクランダーカッター!」

 
 
「大車輪ロケットパーンチ!」

スパロボZだと邪魔にならないように羽が90度曲がる演出がありましたが
あれは劇中設定なのかオリジナルなのかどっちなんですかね?



以上、スパロボ超合金のマジンガーZのレビューでした。

最近のバンダイの新シリーズ第一弾にはケチがつくことも多いのですが
今回は初っ端から非常に良いスタートを切ったんじゃないでしょうか。
超合金らしいクオリティにコンセプト通りの可動がよく両立できてます。
武器セットのエフェクトパーツも良い味出てますし。

ただ武器セットの内容にはちょっと残念な感じが。
せめてアイアンカッターは欲しかった。
どうせなら武器セット2として
ドリルミサイルとかグレートのグレートブースターとか含めて出たらいいのに。

  


Category: 超合金レビュー

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks