2017 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 10

HG 「ガンダムサバーニャ」 レビュー

 【31//2010】

 
00HGからガンダムサバーニャのレビューです。

内容は続きからどうぞ。

劇場版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-に登場するMS。
ロックオン・ストラトスの搭乗機。
デュナメス、ケルディムに続く狙撃用のガンダムとして開発され
多数のビット型武装を備え1機で大部隊との戦闘が可能に。
反面コクピット周りが複雑化したために従来からハロが更に1機追加。

ではレビューは下からどうぞ。



 
付属品一覧。

・GNピストルビット×2
・ライフルパーツ×2
・GNホルスタービット(左右各1)
・ホルスタービット用接続パーツ


 
 
 
 
プロポーションをグルリと。

一言で言うと「ゴツイ」ですね(笑
細身の多い最近のガンダムでは何気に稀少。


 
 
 
 
 
 
 
 
 
各所アップ。

頭部のセンサーのカバーはクリアーパーツにシールを貼ってます。
センサー自体は設定では紫っぽいですが付属シールはシルバー。

そんなに細かな色使いをされたデザインではないので
シールでも十分補完可能なレベルになってますね。



以下、可動範囲の紹介。

  
  
首の可動。

根元と頭部接続の二重ボールジョイント。

頬の辺りと襟が結構干渉しますね。


  
  
胴の可動。

腹部と腰の二箇所ボールジョイント。

従来の00シリーズ同様に若干引き出しめにして可動させますが
反らせるのだけはかなり苦手。


 
 
 
肩・腕の可動。

肩はボールジョイント+前方スイング+上腕上下スイング。
大き目のアーマーが干渉するので真横はあまり上がりません。

上腕部軸回転。
肘は円状可動+前腕部可動。

手首は前後スイング+ボールジョイント。


 
腰部アーマーの可動。

フロント・サイド共にボールジョイント。
フロントは従来の連結タイプです。
サイドは珍しくほどよい固さ。

リアの可動はなし。


 
 
 
  
 
下半身の可動。

股関節は軸接続+上下スイング+腿軸回転。
軸は従来通りの上下と横に可動するタイプ。
腿上げは膝アーマーとフロントの干渉を避ければ90度ほど。

膝は二重関節。

足首は前後スイング+左右軸回転+ボールジョイント。
大きめの足にこれだけ動くので接地性は良いです。


総じて装甲の干渉範囲内で十分よく動かしています。
前のケルディムも可動はかなり良かったですしね。

 
立て膝は完璧とまでは行かないまでもそこそこ。



以下、仕様や武装関係の紹介。

 
頭部のセンサーはカバーが若干上がり
アンテナごとバイザーのように下がります。
アンテナの方は固さもほどよく扱いやすい。


 
 
胸と膝のGNミサイルポッドは展開可能。
胸の方はそのまま開けますが、膝は差し替え。

解説には「各所」とあるのでデザイン的にフロントアーマーや肩にもあるんでしょうね。
説明書の組み立て順だとそれらの部分は本体完成後に取り付けになってますし。


 
ところで肩内部にはわざわざこんなモールドがあったのですが
何か意味があるんでしょうか。


 
GNピストルビット。
ピストルというサイズではない気がしますが(笑
名前どおり遠隔操作可能だそうで。

銃身下部の刃部分はクリアーパーツにシールを貼ってます。

センサーは引き出し式ですがすぐ抜ける。


 
GNライフルビットII。
ピストルの先端にライフルパーツが取り付いた状態で
ホルスターから引き抜く際にどちらか選択する形だそうで。

そのままピストルの先端にライフルパーツを差し込みます。

しかし設定だと10丁持っているみたいですし
両手に持って更に1つ飛ばせるように3つあったら良かったのになぁとも。
まぁ贅沢な注文です。


 
 
 
 

GNホルスタービット。
ピストル(ライフル)のホルスターで
これ自体も遠隔操作でシールドとしても運用可能。

片側3パーツで構成されていて
後方4つは2個が連結された状態。

接続アームは軸接続で3段階(一番上に乗せる形なら4段階)でストッパーをかけられ
スタンドで飛ばした際にも問題なく保持可能になってます。

ホルスター接続部はボールジョイント+前後スイングで角度付け可能。
ホルスター自体はスライドロック式。

左右とも一番前のホルスターにはピストルを収納可能。
ライフルの状態では収まりません。

  
シールド状態には2つ1組で運用するそうな。

接続パーツが付属していますが
スタンドはなんとケルディム付属の物を流用しないといけません。
しかもホルスターはかつてのシールドビットよりも大分重たく前方へ取り付けるため
スタンド単体では倒れてしまい補助必須。

何故ここで適当に手を抜いた。
その分のコスト分ぐらいは払うって。


 
フル装備。

新鮮すぎるこんな状態の機体(笑



以下、適当にポージング。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
劇中ではどんな感じに狙い撃つのか楽しみです。

そういやビットにした方のセンサー畳むの忘れてる。



以上、HGのサバーニャのレビューでした。

デザイン良く、可動も特に問題はなし。
武装はさすがにピストル数やホルスター周りは大分省略されているものの
「そんなに数いらんから安くして」という人も大勢いるでしょうし
ほどよい仕様かなと。
シールドのスタンドやライフルを支える為の平手がないのは残念ですが。

 


Category: 他HGシリーズレビュー

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks