2017 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 06

ROBOT魂 「アリオスガンダム アスカロン」 レビュー

 【19//2010】

 
ROBOT魂からアリオスガンダム アスカロンのレビューです。

内容は続きからどうぞ。

機動戦士ガンダム00Vに登場するMS。
イノベイターとの最終決戦用に開発されていたアリオスの強化案の一つで
第3世代ガンダムを参考にした武装を搭載。
しかしこれほどの重武装は機動力低下を生み
GNアーチャーとの連携に支障をきたすと判断され実際の運用は見送られた。

ではレビューは下からどうぞ。



 
 
パケ裏と内パケ。


 
付属品一覧。

・GNキャノン
・GNツインビームライフル
・GNビームサーベル
・持ち手(左右各1)


 
 
 
 
プロポーションをグルリと。

バランスは危ういですが自立はそれなりに可能です。


 
  
 
 
 
 
 
 
各所アップ。

ベースはROBOT魂第二弾のアリオスですが
元が酷すぎたのでほとんど別物と言うレベルに生まれ変わってますね。
造形も顔なんかかなり男前に。

本体色はイラストイメージよりも少し薄め。
個人的にはパケ裏のカラーリングの方が良かったです。

背中の機首は横から見るとかなりのボリュームというか長さ。



以下、可動範囲の紹介。

  
  
首の可動。

根元の前後スイング+頭部接続のボールジョイント。

デザイン上位置によっては顎と襟が干渉しますが
特に問題のないレベル。


  
  
胴の可動。

胸部前後スイング+腹部ボールジョイント+腰部ボールジョイント。

首から胸にかけたラインに少しだけ前後スイングが入ってますね。


 
 
 
肩・腕の可動。

肩はボールジョイント接続+上腕上下スイング+軸回転。
肩アーマーは完全に独立可動。
根元から90度上がるので頭に思いっきりぶつかるほどに肩が上がります。

肘は単純可動。

手首は若干のスイング+ボールジョイント。


 
 
腰部アーマーの可動。

フロントアーマーは中央にボールジョイント接続。
ただしほとんど上下スイング程度の可動。
GNドライブ部に干渉するので90度も上がりません。

リアーアーマーは基部がボールジョイント+上下スイング。


 
 
 
  
 
下半身の可動。

股関節はボールジョイント+腿軸回転。
腿側面のブースター部が干渉してしまいます。
いちおう軸回転可能なのでそれで干渉は無くせますが。
フロントアーマーの干渉があるので腿上げは90度もいきません。

膝は二重関節。

足首はボールジョイント+つま先可動。


総じて初期のアリオスから比べると目覚しいほどの可動域の進化です。
ただデザイン的に制限されてしまっている部分は多いですが。

 
腿の上がり具合などで立て膝は厳しい。
まぁ立て膝するようなデザインではないですが。



以下、仕様や武装関係の紹介。

 
背中の穴はスタンド接続用なのかと思ったら
非常に浅く径も微妙でとても固定など出来ません。
これなんなんでしょうか???


 
GNミサイルコンテナは開けます。
もう少しキッチリ開いてもいい気もしますが。
機首への接続はボールジョイント。


 
腕のGNサブマシンガンも開きます。


 
GNバズーカ。

側面にあるグリップで持たせますが
片手で保持するには手首の保持力が微妙に足りてません。


 
 
GNツインビームライフル。

これは初期のアリオス付属の物と同様ですね。
変形時用の砲身の可動もあります。


 
GNビームサーベル。

付属は一本のみ。
マウントなどのギミックはありません。



以下、飛行形態の紹介。

 
下半身は腿を外側へ90度回転。
羽の位置をずらし、脛から押し込み足を畳む。


 
リアアーマーを胴側へ畳み溝にピンを合わせる。
ただここが曲者でリアアーマーがすぐに外れて困ります。


 
上へ畳んだ肩アーマーは機首の溝にピンを合わせ先端部で固定。
機首にあったGNミサイルコンテナは取り外して腕の外側へ。


 
 
 
 
アリオスから変わったのは機種ぐらいなのでフォルムはそう変わりませんね。
下から見ると丸見えなのも同じ(笑


 
わき腹あたりで固定するスタンド接続パーツが付属してます。


 
先端部を開いてGNビームキャノン発射状態に。

ここが開くのに物凄く固く
更に固く開いた状態には固定する部分がないので非常に扱いにくい。


 
この形態で使用する機首のGNソードを展開すると凄まじい長さに(笑


 
手首を交換すればこの状態で武器所持可能。

GNキャノンの方は飛行形態用のグリップを起こしてもたせますが
上で書いたように片手でまともに保持できる手首の保持力と重さではないので
キレイな位置に持ってくるのは神経を使う作業になります(苦笑



以下、適当にポージング。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


 
00V版第4世代ガンダムの残すは3Gのみ。
先日の魂ネイションに参考展示があったので期待してます。



以上、ROBOT魂のアスカロンのレビューでした。

元のアリオスがROBOT魂史上屈指の「動かない」「厳しい造形」の出来だったので
成長度合いはダブルオーやケルディムと比べ郡を抜いています。
ただデザインの干渉や間接の保持力なんかは完全新規だったら
もう少しマシだったのかなとは思いますが。
付属品はビームサーベルをもう1本と平手が最低限欲しかったかなと。

 


Category: ROBOT魂レビュー

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks