2017 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 08

スパロボ超合金 「アルトアイゼン」 レビュー

 【26//2010】

 
スーパーロボット超合金からアルトアイゼンのレビューです。

内容は続きからどうぞ。

スーパーロボット大戦シリーズに登場するパーソナルトルーパー。
COMPACT2及びIMPACTの主人公、OGシリーズに登場するキョウスケ・ナンブの搭乗機。
絶対的な火力をもって正面突破を可能とする機体という開発コンセプトの下
ゲシュペンスト試作3号機にマリオン・ラドム博士が極端な改造を施した機体。

ではレビューは下からどうぞ。



 
 
パケ裏と内パケ。

パッケージはマジンガーから続き中身の確認しづらいタイプです。


 
付属品一覧。

・ヒートホーンエフェクトパーツ
・ステークエフェクトパーツ
・平手(左右各1)
・スタンド接続パーツ。


 
 
 
 
プロポーションをグルリと。

イラストイメージよりもブキヤキット寄りのスマートさの感じるプロポーションですね。


 
  
 
 
 
 
 
各所アップ。

ダイキャスト使用部位は
肩関節、股関節、足内部、脛からふくらはぎにかけた部分、ステーク。
脚部の使用量が大きい分だけかなりズッシリしてます。

マジンガー2機では特に問題のなかった塗装精度ですが
今回は所々ハミ出しなど目立ちますね。
細かい顔周りが特に。

機体色の赤は他の立体物に比べると少し暗め。
ただ脚部のダイキャスト部分のみ明るめの赤でテカりも強いので
全体的にそこだけかなり浮いてしまってます。


 
マジンガーと頭長高は同じぐらいですがボリューム分かなり大きく見えますね。


 
ブキヤのVer.Proと比較。
あれより少しスリム目。
まぁプロポーションの好みは人それぞれです。
個人的には今回のバランスも嫌いではない。



以下、可動範囲の紹介。

  
  
  
首の可動。

頭部接続のボールジョイント。

根元に引き出し機構があるのですが可動範囲にはさほど恩恵はないです。


  
  
  
胴の可動。

腰部接続のボールジョイント。

腹部内部に斜め後ろ方向への引き出し機構があり
それを利用することで前後に大きく可動可能。


 
 
 
肩・腕の可動。

肩は根元が前後スイング+ボールジョイント接続+上腕上下スイング+軸回転。
肩アーマーは上腕から独立して上下スイング。
最終的にアルトの立体物の中で最も腕が上がります。

肘は二重関節。

手首はボールジョイント接続。


 
腰部アーマーの可動。

フロントアーマーは中央にボールジョイント接続。

サイドアーマーはボールジョイント接続。

残念ながらリアには可動なし。


 
 
 
  
  
下半身の可動。

股関節は軸接続+上下スイング+腿軸回転。
腿上げは90度ほどまで可能。

膝は二重関節。
脚部側は引き出すような形で。

足首は胴同様に引き出し機構が。
足の接続はボールジョイントのみ。
つま先部分も可動。


総じてブキヤのVer.Proまでとは言わなくても
各部に引き出し機構を設けるなどして順ずるほどの可動範囲があります。
肩なんかはProすら上回っていますし。
腕や足はこのボリュームのあるボディを支える為か
全体的に間接が固めに設定されていてポーズをつけてもかなりの安定感。

 
アルトの立体物では一番キレイに立て膝が決まりますね。
リアアーマーの可動があればもう少し後足の置き位置が自由になるのですが・・・。



以下、仕様や武装関係の紹介。

 
股に取り付けるスタンド接続パーツ付属。

前のマジンガー以上に重たいのでスタンドで浮かせる場合は要注意。


 
肩のスラスターは赤と白それぞれ可動。


 
バックパックのバーニアは全てボールジョイント。


 
ヒートホーンの発熱状態のエフェクトパーツ。
上からそのまま被せます。

まぁあくまで発熱であって発火はしないんですけど(笑
敵装甲を引き裂いているイメージとして見れば面白いエフェクトです。


 

リボルビングステーク。

ステーク打ち込み時をイメージしたエフェクト。
そのまま被せます。

シリンダーの開閉ギミックもあり。


 
スクエアクレイモアの展開もちゃんと可能。
内部の作りはブキヤキットなどと同様ですね。



以下、適当にポージング。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


 
スーパーロボット大戦IMPACT。

このシリーズはこうやって共闘感出せるラインナップとサイズがいいですよね。



以上、スパ金のアルトアイゼンのレビューでした。

間違いなくアルトの可動物という点における決定版ですね。
アクションフィギュアにするには難易度の高いこの機体をここまで動かし
なおかつ間接強度やポロリなども問題なし。
クオリティもまぁ眼を瞑れるレベルでしょう。
コトブキヤキットのVer.Proと同価格ですし
単純にアルトが欲しいと思って選択するのなら確実にコレをオススメします。

今の所ハズレなしのシリーズだなぁ。

 


Category: 超合金レビュー

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks