2017 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 06

ROBOT魂 「エヴァンゲリオン2号機 獣化第2形態[ザ・ビースト] 」 レビュー

 【04//2010】

 
ROBOT魂からエヴァンゲリオン2号機 獣化第2形態[ザ・ビースト]のレビューです。

内容は続きからどうぞ。

エヴァンゲリヲン新劇場版:破に登場する人造人間。
強力なA.T.フィールドを有する第10の使徒に対抗する為に
マリが極秘コード[ザ・ビースト]を発動したエヴァの隠された形態。
リミッターが外れ全身の骨格が大きく変貌し
「ヒトを捨て闘争に特化した獣」のごとき戦闘を繰り広げる。

ではレビューは下からどうぞ。



 
 
パケ裏と内パケ。

本体の梱包の仕方に遊び心満載。
こんなフィギュア見たこと無い(笑


 
付属品一覧。

・交換用舌
・平手(左右各1)
・ビルA×2
・ビルB×2


  
  
プロポーションをグルリと。

もう化け物みたいですね(笑


 
  
 
 
 
 
 
各所アップ。

設定上見た目が全く変わるので2号機とは別物で
間接まで含めて完全新規造形ですね。

背中の計14本のリミッターはランナー付きでセットになってます。
ちゃんと上から順に短くなるようになっているので
一つずつ切り取っていかないとぐちゃぐちゃに。
接続部はボールジョイント。

塗装は相変わらずエヴァは良好ですね。
頭部もキッチリ塗られてます。


 
同じ人・・・?(笑



以下、可動範囲の紹介。

  
  
首の可動。

根元のボールジョイント。
頭部と首をスイング式のジョイントがボール接続。

上から下まで180度もの可動域が。


  
  
胴の可動。

胸部ボールジョイント。
胸下部にスイング式のジョイントがボール接続。
腹部ボールジョイント。
腰部ボールジョイント。

限界まで反らせても多少猫背気味ですが
可動部分が多すぎるので前屈は180度という脅威の可動。


 
 
 
肩・腕の可動。

胸上部にて左右軸回転+横軸回転。
腕との接続は二重ボールジョイント。
特殊な形状のため真横には90度ほどしか上がりません。

肘は単純可動。

手首はスイング式のジョイントにボール接続。


 
 
 
  
 
下半身の可動。

股関節はボールジョイント接続+腿にボールジョイント接続。
当然ですが腿上げに制限は無いに等しいです。

膝は単純可動。

足首はスイング式のジョイントに軸接続。
つま先も可動。


総じて可動範囲を細かく紹介するのが馬鹿らしくなるほど気持ち悪く動きます(笑
かつてこれほどまでの可動範囲を持つアクションフィギュアがあったでしょうか。
なんてことまで言いたくなるほどに。

 
立て膝がどうのなど最早意味を成しません(笑


 
雑技団もビックリな軟体さん。



以下、仕様の紹介。

 
 
口はアゴ間接はどこへやらと言うほど開きます。

狂気的に出した舌は交換で。


 
 
 
ジオラマ的な簡単なビルが2種類×2付属。

ブロック玩具のように組み替えができるようになってます。
ただクオリティは非常にちゃっちいですね。



以下、適当にポージング。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
劇中知らないので勝手に遊んでみました(笑



以上、ROBOT魂の2号機ビーストのレビューでした。

兎にも角にも「動く」ことですね。
本当にもう気持ち悪いぐらいに動きます。
本体のクオリティはいつも通りいいですし。
ただ付属品が微妙。
他社のリボだとエフェクトパーツが素晴らしく充実しているので
あのちゃっちいビルだけというのは・・・。
ビルはビルでもクオリティが高かったり豊富にあったりすればいいのですが。

 


Category: ROBOT魂レビュー

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks