2017 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 07

ROBOT魂 「∀ガンダムVSターンX 月光蝶対決セット」 レビュー 前半

 【08//2010】

 
ROBOT魂から
ターンエーガンダムVSターンX 月光蝶対決セットのレビューです。

内容は続きからどうぞ。

月光蝶は∀ガンダムとターンXに搭載されたシステム。
無数のナノマシンを発生させ人工物を全て分解し砂に変える。
かつて∀が発動し黒歴史と呼ばれた地球上の文明を葬ったとされている。

プレミアムバンダイの魂ウェブ商店の4月発送限定商品。
幾つか同時受注された月光蝶関係の中で最もセット内容が多い物で
8,120円+送料525円=8645円なり。



 
 
 
パケ裏と内パケ。

単純にROBOT魂2つ分のサイズですね。

うちでは今までターンXをレビューとして扱っていないので
先にそちらからレビューをしていきます。


 
ターンX用の付属品一覧。

・展開時マニピュレーター
・ビームライフル
・ビームバズーカ
・ハンドビームガン
・3連装ミサイルランチャー
・持ち手(左1)
・平手(左1)


 
 
 
 
プロポーションをグルリと。

なかなかマッシブな体系で非常に良いです。


 
  
 
 
 
 
 
各所アップ。

月光蝶バージョンということで本体の成型はクリアーに。
そこに月光蝶の色合いを再現した幻想的というような独特なカラーリングに。
非常にキレイなボディです。
ただ成型的な都合で肩や手の甲はクリアーではなくただの塗装になってますが。



以下、可動範囲の紹介。

  
  
首の可動。

単純なボールジョイント接続。

まぁさすがに広いとは言えませんね。


  
  
胴の可動。

胸下部と腰の二箇所ボールジョイント。

そこそこに動きます。


 
 
 
肩・腕の可動。

肩はボールジョイント接続+上腕上下スイング+軸回転。
肩アーマーの基部も上腕とは別に上下スイング。
諸々干渉で肩アーマーが外れやすい。

前腕は上腕にボールジョイント接続。
肘は単純可動。

手首はボールジョイント接続。
まぁ右側は基本状態だと固定ですが。


 
 
 
  
  
下半身の可動。

股関節はボールジョイント接続。
干渉するフロントアーマーもないので腿上げは問題ありませんが
デザイン上腿に軸回転もなく可動域はかなり狭いです。

膝は二重関節。

足首は根元がボールジョイント接続。
つま先と言うか足の両側(?)部分がアレイ型の二重ボールジョイント。
踵は左右スイング。


総じてデザイン的な都合もあり可動域は少し厳しいですね。
上半身はまぁ比較的動きますが下半身が物足りない。

 
腿は上がりますが足の形状的に立て膝はこの程度に。



以下、仕様や武装関係の紹介。

 
溶断破砕マニピュレーターは展開時の物が別に付属。
こちらは若干ですがボールジョイントの恩恵が受けられます。


 
ハンドビームガン。

なんかもう笑えるほど小さいですこれ(笑
確か劇中未使用でしたっけ。


 
ビームライフル。

続いて小さいです。


 
ビームバズーカ。

やっぱり小さいわけで。


 
3連装ミサイルランチャー。

結局(ry

恐らく持つ部分だと思われる部位があるのですが
サイズ的にかなり小さく持ち手に持たせようとすると破損の危険大。
頑張ってみましたがマズイ形に白化したので諦めました。


 
 
武装は全て背中のウォポンプラットホーム「キャラパス」へマウント可能。

収まり具合を見るにこれを考慮したから全体的に武装が小さくなってしまったんでしょうね。


 
間接にはボールジョイントが多用されているので
このようにオールレンジ攻撃時の分離が可能になってます。



以下、適当にポージング。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
月光蝶で武装ってのも変な感じですが
まぁ通常版が無いので。



以上、ターンXのレビューでした。

少し可動範囲が物足りなかったり武装が小さかったりとしましたが
本体はなかなか迫力のある仕上がりですし
オールレンジ攻撃も非公式扱いながら再現可能な構造になっていたりして
十分満足できました。

ターンエーと月光蝶については後半へ回します。
下の画像クリックで飛べます。

 


Category: ROBOT魂レビュー

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks